星をつかまえる☆


新月&満月リーデイングやホロスコープを活かす方法など、占星術の世界から私たちの倖せの道を探究していきます。
by syuko
カテゴリ
外部リンク
ライフログ
検索

新月一斉ヒーリングのお知らせ


明日、新月となる26日、新月となる24:00をまたいで、
24:10までの20分間の時間帯で、宇宙と繋がる遠隔healingを開催します。
f0377740_14225110.jpg
前の記事でお伝えしたように、今回の新月は日食で、長期に渡って影響を及ぼす特別な新月であり、普段なら目を向けないような深い部分からの変容を促すことや内面浄化、意識のリセットなどに最適な宇宙配置。


去年2016年9月の日食からの、この日食までの約半年間の間に、知らず知らず溜まっていた不要となった力(力み)を解放し、残すべき力(あなたにとっての真実)、そして今後育てていくべき力(新しい未来創造)を強化するという事をテーマにしたエネルギーを送りたいと思います。


今後、新しい次元へと自分を進めていく上で、
何が大事なのか?自分が信じて邁進すべきものはどこなのか?
というビジョンに早く気づいて繋がることのできるような、
また、気づきを加速するような事な性質のエネルギーとなります。

無料ですので希望されるかたはご自由に参加して下さい。
※詳細は記事の最後に。

わたし自身、この一か月、日食新月にむけて瞑想やエネルギーワークに取り組んできましたが、この二週間は特にその性質が変わってきたような気がしています。といっても言葉ではうまく言えないのですが、今までよりも大きな存在との繋がる確信を得ることができ、また自由に意識を飛ばして探索できるような領域の規模が広がってきたように体感しています。

2016年、自分自身の現実的な出来事と甲斐性のなさににより、余裕が持てずしばらく封印していたエネルギーワークですが、今年は枠に囚われることなく、一から学びなおし、自分自身のオリジナリティーを大切に育てて行こうと思っているところです。その初めのきっかけとしてこのブログ空間を通して皆様と一緒にエネルギーを体感し、増長し合えるようなことが出来ればという思いに至りました。

意識やエネルギーは場所や壁を越えていきます。
私は岡山ですが、皆さんはどこからでも参加できます。

この記事を見て面白そうだな~と思った方、
私が日食新月の瞬間に得ているであろうエネルギーにアクセスしてみて下さい。

今まで占星術のことしか書いてなかったので、急にエネルギーワークって何?遠隔ってどういうこと?と思われる方もいらっしゃるかと思いますので、簡単にここで自己紹介的なものをしておきます。


★私のエネルギーワークへの取り組み★

子供の頃から感受性が高く、という話は良くある事ですが、私の場合その影響がかわいらしいものではなく、いつも生身の自分と意識の自分が別に存在している感覚がありました、そしていつもこの世ではないものの視線を感じていたような幼少期です。子供の頃に、皆に視えていないものや感じられていない物を自分だけが感じているという状態は非常に孤独感を感じるモノであり、打ち出される疎外感は周囲からはただのひねくれものと認知され、現実世界では私は見えない所へ押しやられました。

そうは言っても人並に学び、就職し、色々な分野の仕事に関わってきたのですが、どうしても自分の魂の意図を知りたく、またどういった影響で私が混乱してきたのかを知りたくて、占星術などの占いの世界を模索し始めます。

自分のホロスコープを分析出来始めたとき、なるほどねとある程度納得したのですが、それではこれからはどう活かしていけばいいのかということを考え始めました。ホロスコープに書かれているのは象徴のみであって例えば○○町で占い師をしなさいとか、あの会社で働くといいなんてことは書いてありません。まだ見えていないけれど私だけの舞台がどこかにあるはずだ、ということを感じた私はそれが何なのかを行動して探していく事にするのです。

次に自己探求はエネルギーの世界で繰り広げられることとなりました。東京で何件かの気功教室に通った事を皮切りに、スピリチュアル要素の高い気功の世界を求め始めます。たまたま専門的な能力を持つ先生方と縁ができ、沢山の知識や考え方を吸収することができました。その後呼吸法や周天法を軸にしたエネルギーワークや、チャクラの解放、経絡を改造して大気と繋がるようなトレーニングも行って来ました。当時は家族に病人がいたこともあって、医学では説明のつかないような奇跡に憧れる時期もありましたが、当然人には寿命があり、人間の力では操作できないものもあるという事も学びました。また操作するものではないということも。

しかしながらこの宇宙に無限に広がるエネルギーを癒しとして使うならば自由なはずです。私達は日々の生活の中で色々な箇所を緊張させています。その緊張を解くことが癒しの意図であり、硬直した思考や体が芯からほぐれればあとはその人の生命力しだいで如何様にもまた新しいステップへと向かっていけるのです。その人自身がその人の魂の意図にの取った所へ進もうとするはずです。それを確信していますが私はそれには関与しません。そこは宇宙との約束です。

なので私が行うhealing、一般的に気功と呼ばれるものは、見えないマッサージのようなものと考えて下さい。手でもんだりツボを押したりすることを、見えないエネルギーでやるだけです。マッサージを受けてリラックスして元気になった人は、その後遊びに行く人もいるでしょうし、逆に眠たくなって横になりたいと思う人もいます。ですから深いレベルから解放を促すことによって、その後どうなるかは私にも見当はつきません。しかし、一番自分らしい状態に戻れることは確かなので、その後の歩みはそれぞれのハイアーセルフや魂の意図を知っている存在によって自然に導かれると思っています。私は芯のリラックスを提供するだけです。


ということで長く色々書いてしまいましたが、
まあ、今回は一斉シェアのようなスタイルですからお気軽に。

ただ、波長が合った場合はしばらくだるくなったり、お腹壊したりといういわゆる反転作用みたいな現象もあるにはあるようですので(過去のご報告によれば)その辺りは自己判断にお任せします。まあ、いずれにしても一時的なものではあるのですが。


~では今回の新月healingの参加方法です~

・この記事のコメント欄に参加する旨を書き込んでください。
「参加します~。」というように簡単な文章で結構です。

・その際にハンドルネームと年代、性別、都道府県(国)を明記。
(本名でもよいですがブログ上なのでHNの方がよいかと)

これだけでOKです。

注意点としては
感じる幅には個人差があること。
特定の疾患や症状への改善を目指すものではないこと。
(結果として改善させることはあってもそれがメインではありません)
なので過剰な期待を持たれると逆にご自分のリラックスや解放作業を妨げてしまいます。


あくまでも私の思いつきイベントですので
そのあたりご了承くださいませ。



さて、遠隔でエネルギーを流すのは
26日の23:50~翌24:10までの約20分間です。

ゆったりした格好でできれば横になって感じて下さい。
前後で寝てしまっても構いません。

また参加表明だけして、忘れていたとか、
22時ぐらいから寝る予定という場合でもご参加OKです。

忘れていてもエネルギーは間違いなく届きますが、
意識するしないはやはり重要なポイントですので、
早めに寝る方は「今日、寝ている間にsyukoが行う遠隔エネルギーに参加します」
と心の中で思ったのち、そのままいつものように寝ちゃってください。

そして私と同じように深夜族で(笑)リアルタイムで起きていますよ、
という場合にはできればこの記事をパソコン上に出して、一緒に瞑想しましょう。


繰り返しになりますが、今回私が触れようとしているソースは、この新月と日食に関連する、「自分を変容させ刷新するエネルギー」です。不要なものを手放し、新しい自己を受け入れる。中にはみたくなかった自分のクセや暗い記憶などが蘇ってくることもあります。今回の浄化は心の一番深い部分から起こりますので、綺麗なものだけを感じるということでもありません。その辺りご理解の上、お気軽に参加してみて下さいね。(真剣なのか気軽なのかどっちだよって感じですが、笑。基本的には気軽な感じで大丈夫です)

なお、このhealingが終わって何か感じ得たことが合った方はコメント欄にご感想を書いて頂けるとありがたいです。また、参加者様全員にタロット一枚引きによる”あなただけに起こった今回の新月変容”に関するプチメッセージをお付けしてお返事させて頂きますのでお楽しみに。
f0377740_15330745.jpgそれでは明日の深夜、宇宙空間でお会いしましょうemoticon-0171-star.gif

--------------------------------
※追記
無料遠隔healingの受付は明日26日(日)の23時までとします。
23時以降は一旦コメント欄を閉じさせていただきますので、
よろしくお願い致します☆
--------------------------------

syuko☆



# by syuko-astrology | 2017-02-25 15:36 | ■エネルギーワーク | Comments(7)

真実に向かって駆け抜けろ@魚座9度の新月


2月26日(日)24:00、月は魚座の08,12度で新月を迎えます。

今回の新月は金環日食だそうです、日本では見る事が出来ないようですがアフリカなどの南太平洋地域ではその様子が観察できるとのこと。占星術での日食は特別な新月として扱われます。毎月起こる新月は約一か月事の新しいサイクルのスタートを意味しますが、この新月の親玉である日食は一年に二回あるかないかの長期的なサイクルで起こるもの(定期的ではない)ですから、いつもより非常に影響力の大きい特別な新月、特別なリセット&スタートの時と捉えることが出来ます。
f0377740_01385158.jpg
※図引用:国立天文台情報センター

日食は太陽と地球の間に月が入る事で太陽の光が地上に届かなくなる現象です。太陽は全ての生命の源であり、また国家にあっては皇帝や王・社会的な権力者を象徴しますから、その太陽が隠れてしまう日食は特に昔の時代では凶事と考えられていました。その一方でここ最近では金環日食ツアーなんてのがあるのも事実…。不吉なものと捉えのるかそれともイベントとして扱うのか…、考え方の違いや風習でその扱い方って全然違うものですよね。

さて、占星術において個人的な範囲でこの日食を考える時には「今までの自分が終焉し、新たな始まりを迎える流れ」と読むことも出来ます。未来への推進力である太陽の光が、自分の本能本質である月に遮られるという現象から、これまでの自分が一度滅び、そして新しい自分が始まるようなことを象徴するのです。この時、これまでの自分を滅ぼすのは他でもない自分自身の奥底から出てくるものであるということ。今まで気が付かずにいた情動、または前面に出すことを恐れ裏側にしまい込んでいた自分の本音が、この日食では太陽に変わって前面に現れてくると考えることができるのです。

月が太陽を覆ういう意味と、日食新月での協力な始まりという意味、また食は特別縁や魂のつながりを意味するノード軸の上で起こるものなので、これらを総合して考えてみると、今回の日食新月では、それぞれの環境において今後数年に影響するような大きな変容が起こることが予想されます。またはこの時期に変化したことが重要な意味を持ち今後数年に渡って人生に影響する。特にこの度数(魚座の数え9度)にASCやアングルなどの重要な感受点や天体がある場合はなおさらその意味が強調されるでしょう。今まで自分の中で重要ではあると感じていながら(魂レベルで)、目を背けて後回しにしていたような事に意識が向かい、何らかの変化を促されるはずです。それは多くは少し勇気が足りないと思っていたか、不安や自信のなさから感じないようにしていたこと。しかし深層では実は願っていたのだ、というような心の底にある深い事柄なのではないでしょうか。

f0377740_00283674.png今回の新月チャートを見てみると、新月は海王星のすぐ近くで起こります(太陽-月-海王星の合)。海王星は非物質な事柄を扱う天体で、ビジョンやイメージ能力が時空間を超えて広がっていくをエネルギーをもっています。

また、今回の新月は海王星の集合的領域のエネルギーを受け取りやすいと言えます。4Hの入り口(IC)という自分の心理的な基盤となるポイントで起こるからです。自分という個人的な規模を超えたようなもっと大きな所からの集合的無意識がなだれ込んできます。それは個人的な所では未来からのイメージをキャッチすること、また自分のルーツに立ち返る、原点回帰するような意味もく含まれます。自分の底の底にあるものを想い出すのですね。それは非常に不確かで今は幻想や錯覚としか思えないけれども、それに賭けてみたいという気持ちが強くなる。いつもなら無視する自分の中の霊的な直感を素直に信じることで、本来ありたい自分像を今後広げていく事ができるようになります。。

さて新月が起こる場所、
魚座数え9度のサビアンは「騎手~A Jockey~」です。

魚座は現実的な輪郭のない非物質的なエネルギー。
意識が肉体を超えて境界線なく、どこまでも広がって同調していく性質を持つサインです。

9度は魚座の哲学性や精神性を意味しています。ここでは高められた心によって馬を走らせていく事が描かれています。馬はサビアンシンボルにおいては自分のリビドー(情動や本能的欲求)の象徴で、魚座の9度では自分が同化したい目標に向かって躊躇なく一気にダイブしていくのです。自分自身の中で高まった心が馬を操り馬を走らす。まだ見えていない結果については気にしません、ここでは自分の心に忠実に動くという事がポイントです。
f0377740_01504268.jpg
騎手は馬と心を一つにして、自分が信じる方向に駆け抜けていきます。馬は疾走する競走馬、中途半端な気持ちで乗るならば危険を齎します。乗ってしまったら馬と一体になって、自らを捧げるような意気込みで、丸ごとで飛び込んで行くことが前提となります。また、景色を見渡すような暇もありません、一気に目標に向かって駆け抜けていくのが良いのです。
馬を駆り立てる騎手
心の高ぶりを共に馬を煽って弾丸となります。見えないけれど信じるものに向かって走っていく。個人の目的と神の意図が合致する時、そこに奇跡が起こるでしょう。駆け引きや計算は通用しません、余計な心配は躊躇は失敗を引き寄せます。理屈や打算を抜きにして純粋に心の中から湧き上がってくるものに目を向けて下さい…、今後、あなたはどこに向かっていきたいのでしょうか?何を信じて自分(の馬)を走らせていきますか?


今回の新月は次の日食まで影響が続くと言われる特別な新月です。
これまでの表面的に進めて来た自分を卒業して、新しい自分を創造していくサイクルに入ります。消滅していくものは感謝して静かに見送り、そして受け入れるべきものを遠慮しないできちんと受け入れましょう。大きくリセットし、心身ともに身軽になって新しい未来へと疾走しましょう、風を切って、誰よりも早く。


★まとめとポイント
・自己を創造する太陽の光が遮られ、これまでの生き方が終わりを迎えるとともに、新しい未来の幕開けともなる時期。特に出生図の中の重要な天体(太陽や月)やASCの近くで起こった時には特に、大きな自己変容が促され人生での新しい局面を迎える事を意味します。

・ハウスのどのあたりでこの新月が起こるのかをチェックしてみましょう。どんな分野で変容が起こり、新しい出発が促されるのかを予想することが出来ます。1ハウスなら自分自身においての変容、3ハウスなら勉強テーマや関心事が変わるのかもしれません。8ハウスなら、深い絆の中へと飛び込む決意をするのかもしれませんね。



syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)
・第十二回…支配星について
・第十三回…メジャーアスペクト
・第十四回…マイナーアスペクト

# by syuko-astrology | 2017-02-25 02:59 | ├新月・満月 | Comments(0)

太陽が入るハウス(1H~6Hまで)


太陽は後天的に意識して開発していく天体です。積極的に未来を切り開いていく時、自分らしく活き活きと輝いている時、人は太陽のエネルギーを十二分に発揮しています。なのでもっと自分らしく生きたいとか、人生で充実感を得ていきたいと考える時にはホロスコープの中の太陽に注目してみると良いでしょう。

太陽が表しているのは、
①どんなエネルギー源(サイン)を使い、
②どんな場所(ハウス)を舞台にして、
③どういったアクションで社会を関わっていくか(アスペクト)
というその人の生き方、総合的な人生傾向です。

今日はこの中の②、太陽が輝く場所について取り上げてみようと思います。

なお、①の太陽のサインは人生を発展させていく時に使われるエネルギーの性質を表しています。牡羊座なら新しく始めていく、自己主張していくエネルギー、牡牛座なら価値あるものを所有していく継続力のあるエネルギー、双子座なら色々な情報を多様化させていくマルチなエネルギーを持って人生を進めていくということなのですが、今日はどこで?を意味するハウスに焦点を当てて書いてみますので、サインの性質については下記の記事を参考にしてみて下さい。
火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)

私も今まで色んな本を読んで学ばせて頂きましたが、サインの意味とハウスの意味って割とごっちゃになっている物も多いような気がします。ハウスの場所に「~な性質」って書いてあったりする本も多いんですよね。ハウスは性質じゃないので、例えば牡羊座の太陽ということと、1ハウスに太陽があるということは本来違う意味を持っているはず、だと思うのです。なのであくまでも性質はサイン、場所はハウスとして読んで行った方が解釈の幅が広がるのではないかと考えています。まあ、文章にするとごっちゃみたいにはなるのですが。

…と言うことでなるべく基本に戻りながら、今現在での私の思う太陽が入るハウスの意味を纏めてみることにしましたので、宜しければご自分のホロスコープと照らし合わせて考えてみて下さいね。



1ハウスの太陽
…自主的に飛び出す、唯我独尊の人生。
1ハウスは自分自身を表す部屋です。また自主的に新しく物事を始めていく牡羊座を地上で体現する場所ですから、1ハウスに太陽が入ると、自分自身で切り拓いていく人生が向いている事となります。自分で決断して自分で始めて動いていくことが重要であり、誰かに指示されたり他人に従うことには向いていません。何かを創始しそこで主導権を握っていくような事をやっていくのに向いています。勤め人であれば自分で采配を取れる環境に身を置くことが大事になります。思った事をすぐ実行できる場所が1ハウスです。こういった意味から独立創業や自営、最先端の分野で第一人者となること、個人で勝負できるような仕事をしていくなどの意味が出てきます。携わる業種や内容はサインによりますが、共通して言えることは、自分自身の手によって人生を進めていくことです。

2ハウスの太陽…マイペースに楽しむ、実り多き人生。
2ハウスは物質を所有しその価値を維持していく場所。2ハウスに太陽がある場合は持って生まれた自分自身の才能や資産を活かして人生を歩んでいきます。また物質面、心理面ともに豊かで満たされた生活を目指し、良い物を鑑賞すること、美味しい物を味わうこと五感に働きかける分野に向いています。人の意見や状況に惑わされずコツコツと自分のペースで展開していけるような世界に身を置く事で充実感を得ることが出来ます。身体感覚(音楽、絵画、匂い、芸術など)に訴える分野、技能職、ビジネス全般、売り買い、資産を運用するような分野などにも縁。社会情勢や流行に捉われることなく自分自身の世界観を維持しながら生きる事がテーマとなります。他人に振り回されない分、人生の展開はのんびりになる傾向がありますが、何事も焦らずに時間をかけて確実に展開させていくことで、自身の中の才能を揺るぎなく価値あるものにしていくことが出来ます。

3ハウスの太陽…知的に変化する、機敏な人生。
双子座のエネルギーを具現化する3ハウスに太陽が入ると、人生は知的な世界で展開されることとなります。情報を広めるような活動や習ったり教えたりの教育的な事柄も3ハウスで行われること。多種多様な情報を扱うこと、また自分が知り得た情報や面白いニュースを分かりやすく面白く外に伝えていったりすることも3Hの管轄です。情報を扱うこと全般に生き甲斐を感じ、人生では常に何かを学び、知る事によって自己を拡大成長させていこうとします。状況がその都度変わったり、扱う題材がいつも細かく変わるような世界に身を置く事でその能力を発揮できます。マルチな部屋なので適性は多岐に渡りますが、多くは情報がいつも飛び交うような分野、通信、分析、旅行、マスコミ、文学、教育、著述関係などに縁があるようです。考えること、知識を満たす事、そして伝える事、学び続ける行為が人生を有意義なものにしていきます。

4ハウスの太陽…心の繋がりを重視する、温かい生き方。
蟹座の性質を地上で行う4ハウスに太陽が入ると、自分を取り巻く集団や人間関係を育てていくことが人生のテーマとなります。大事な人達や自分の所属する集団を安全に守ること、またはそれらに守られ愛情を感じる中で次第に自己の役割を見出し家長的な存在に成長していきます。家族や故郷に縁が深くなるので、家族経営などにも関心が向くでしょう。家で仕事をするという意味合いもあります。ともかく自分が気を許せる慣れたフィールドにおいて人生を展開させていくとうまくいく配置です。住まいや暮らしに関わる分野、カフェ、飲食、養育的な事業、心理のケアなど…、人が安心して集まり、憩えるような場所に関係することが多いようです。皆がリラックスしてアットホームに過ごせるような環境を作り、その中で和気あいあいと活動し、いずれ自分が長となるような事を目指すと未来が拓いていきます。

5ハウスの太陽…感動が蘇る、ドラマティックな人生。
自分の熱中できるもの、大好きなことをそのまま広げていくのが5ハウスです。多くはクリエイティブな活動や冒険的な活動に関わることが多くなります。自分の感動を熱い情熱で広げて行く、人生上で起こる全ての出来事をネタにしてエネルギーに変えていくような、そんな生き方が向いています。見たもの感じたものをドラマにしていくことの出来る創造的な部屋です。娯楽、エンタメ、芸能、クリエイター、起業、人気稼業、投機、演出関係などに縁があります。5ハウスは物事を盛り上げて上手に演出していくことが出来る場所です。また人の冒険心や遊び心に火を付けて楽しませ、他者の生命力を強めるような意味もあります、祭典や儀式、イベント、パフォーマンス、コーチングや自己啓発的な事業なども5ハウスの管轄かと思われます。

6ハウスの太陽…鍛えられる自己、役割を意識した人生。
乙女座が地上に降りた6ハウスは外からの要求に応えるために技能を身につけ訓練し、自己を整えていく場所です。同様に職場の環境や実務的な事、雇用関係なども意味します。この6ハウスに太陽が入ると社会や周囲から要求された仕事をきっちりとこなす事で達成感を得ることが出来ます。人の役に立つ事、与えられた職務を全うすること、何事にも慎重な態度で丁寧に関わっていく事が大事になります。6ハウスは健康管理の意味もあるので、医療や保健などの、衛生面、健康面に関わる世界にも縁があります。太陽は6ハウスに入ると自分のわがままや個人的な主張を控えるようになり、模範的な働き者を目指す傾向が多くなります。キチンとした雇用関係の中で着実に実務能力を発揮し、活躍することが出来ます。健康医療、トリマー、防衛、公務、実務作業全般に適性があります。


積極的に自分で行動していく牡羊座の太陽が1ハウスにあれば、まんま、自主的な人生、なのですが、ホロスコープで面白いのはこのサインとハウスがズレていることですね。(中には同じ場合もありますが、多くの人はズレています)

自分の思ったことを勝手にどんどん始めていく自主的な牡羊座が、もしも集団とのつながりを大事にする4ハウスにいたら…?。同じく自己主張が強くて活動的な牡羊座が、社会の依頼によく応える勤勉な6ハウスにいたら?と考えて行くと、バリエーションが広がります。

そうやってサインとハウスを組み合せてホロスコープを眺めてみて下さいね。

12ハウス全部書くのは長文になってしまいそうなので、
後半は次回にします。今日はこの辺で~★



有難うございました。

syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)
・第十二回…支配星について
・第十三回…メジャーアスペクト
・第十四回…マイナーアスペクト

# by syuko-astrology | 2017-02-22 21:39 | ├天体とハウスの関係 | Comments(0)


最新の記事
タグ
記事ランキング
以前の記事