Syukoの星読みブログ


占星術の世界から様々なメッセージをお届け♪満月&新月の星読み、サビアン、ホロスコープのお話しなど色々綴っていきます。
by Syuko
カテゴリ
ライフログ
最新のコメント
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 18:54
Syukoさん メ..
by miyu-ka_dreamy at 17:43
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 16:01
Syukoさん こ..
by miyu-ka_dreamy at 12:38
> nagase935さ..
by syuko-astrology at 00:24
検索
外部リンク

月とハウスの関係


前回、各ハウスに入った太陽の意味を考えてみましたが、
これから数回に分けて月とハウスについて書いてみたいと思います。

解釈や意味付けにはとにかく沢山の方法があるので、
考えて行けばまだまだ出てくるはずです、が、
何か参考になるものがあれば良いなと思います。


さて、月が入るハウスはその人にとって心の安定を図ろうとする場所です。
日中は太陽で奮闘し、夜は月に帰ってゆっくりまったり。
そんなイメージで捉えていくと分かりやすいかも。

月は疲れたときや弱気になった時、
また現実から逃避して籠りたいような心境の時に出てくるもの。

いつも太陽ばかり頑張っていると、
時には疲れてしまうこともあるでしょう。
感情を吐き出したり緩ませたり、
休息することも大事ですよね。

月で充足をして、また太陽で頑張る。
両方のバランスがまずは大事だと思います。

また、月は生まれつきの資質でもあるので、
意識しなくても出来てしまう能力でもあります。

本人にとってはそのハウスにいる事が
当たり前になっているものなのです。

ホロスコープを知らなくてもほとんどの人が
本能的に月をやっているはずですが、
敢えて、ほじくってみました。



072.gif月とハウスの関係性

一例ですが、各ハウスと月を考える時に、
以下のような作用が多いのではと思いました。

・月は入ったハウスで周囲の影響や人の影響を受ける(受容性)
・そのハウスの事柄に敏感になりやすい(察知能力)
・そこで親しまれやすい、人気を得やすい(親和性)
・そこが不安定、流動的になりやすい(変化気質)
・そこに精神的な安定を求める(充足欲求と依存性)
・そこで女性の影響や援助がある(保護機能)
・そこに懐かしさや安心を感じる(過去回帰機能)
・うっかりするとそこに入り浸る(逃避願望・依存性)
・気を抜くとそこで素が出る、わがままになる(リラックス性)
・そこで流行を察知する(大衆性と読み取り能力)
・そこに興味を抱く(本能的関心)
・そのハウスの事柄や雰囲気に慣れている(自動運転能力)
・そこで女性的な役割を担う(自己の中の母性を再現)
・そこに不平不満を持つ(本音から来る気難しさや繊細さ)


月の持っている性質は、女性性や変化性といった受け身的なものです。
そして月自体が感情を司るものなので、関わるハウスにおいて
感情の安定を求めていくと考えることができます。

また、月は敏感でその場の雰囲気などを察知する本能的な感覚機能でもあるので、
入ったハウスのムードや状況で感情が左右されやすいという事もありますよね。



これらを踏まえて次回、
各ハウスに入った月について
綴ってみようと思っております。



syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

ホロスコープは世界にひとつだけの魂の地図。
f0377740_13270546.gif
072.gif自分のホロスコープを知る。
  ⇒占星術の基礎知識&参考記事一覧

072.gif個別鑑定&占い始めました。
   ⇒詳細&各メニューはこちら

[PR]
by syuko-astrology | 2017-03-06 00:31 | ├天体とハウス | Comments(0)
<< 1ハウスの月 物事の捉え方と現実形成 >>


最新の記事
以前の記事
タグ
記事ランキング