Syukoの星読みブログ


占星術の世界から様々なメッセージをお届け♪満月&新月の星読み、サビアン、ホロスコープのお話しなど色々発信しています。
by Syuko
カテゴリ
外部リンク
ライフログ
以前の記事
検索

冥王星とアスペクトした天体は…。


今日は冥王星の話しの続きというか、ちょっと付け足しで、
月だけじゃなく他の天体と冥王星が絡むとどうなるの?
ということについても書いていきたいと思います。

173.png参考記事はこちら
・月-冥王星その①
・月-冥王星その②
・月-冥王星その③
・月-冥王星その④


~まず、月-冥王星の特徴のまとめ~

冥王星は限界突破のエネルギーなので、月とアスペクトした場合はその人の感情の器を強制的に広げ、深めていく働きを持ちます。月を身体とみた場合は、自分の気力体力を酷使しやすい傾向で自分を極限的な次元まで持って行こうとします。何事もやり過ぎになる事が多く、ほどほどにしておくという事がなかなか出来ないということ。

いかに月という個人的な日常や平凡から離れて、その拘りや欲求を大きく深いテーマへと没入させることが出来るか。月-冥王星の高い集中力と独特の存在感、深い洞察力などを存分に最大限に発揮できる環境を見つける事がポイントです。緊急時に開眼する意識は使わないでいると、時に運勢的に自分が緊急事態に陥ることもあります。なのでできれば自分側からテーマを見つけ、問題提議していく方が好ましいのではないかと思う今日この頃。

膿を敢えてほじくるような、あまり触りたくないような裏の裏の世界を覗いていくような事かな…。もちろん簡単ではないし労力もかかる、場合によってはそれ相応の覚悟も必要になります。何より面倒臭くはなりますけれどね。だけどそこを解明した時のすっきり感、達成感は極上の喜びとなります。そして自分のみならず誰かの生命力に火を付ける事も出来る、蘇らせることも出来ると言うことなのです。


私はこれをやる時には別人になりますから!
シャキーン☆変身ッ♪

みたいなマニアックな世界をドーンと発掘して下さいね。


…ということで次に冥王星が他の天体と関わるとどうなるか?ですが、関わった天体に集中力と力を与え、倒れても死なない程度(笑)に限界値を上げていこうとする作用を持つことは共通です。


例えば水星に冥王星がアスペクトすると、水星の表す知性の働きや関心の方向性を冥王星が深くするので、何かをとことん調べたり、徹底的に研究したりという感じになります。ちょっと知ってるじゃダメなんですね。自分の興味のある者に関しては1から100まで調査しないと気が済まない感じに。同時に説得力が出てくるので言葉で人を変えるような働きも出てきます。関わった情報をどんどん深めていくので使い方としては専門的な知性ということになります。その代わり自分の興味ない事柄に対しては無関心で、まったく知らなかったり分からなかったりします。知性の偏りが水星と冥王星の特徴です。

次に、金星に冥王星が関わった場合は金星の意味する趣味性や愛情表現、金銭感覚などが極端にディープでマニアックなものになっていきます。本来、金星ってほのぼのとした適度な楽しみを表しています。あくまでも主体ではなく、人生にそっと彩りを加えるような飾り要素なんですね。そこに冥王星がドーンってなると、その通常の楽しみとか趣味の一線を超えてのめり込んでいく形となります。例えば趣味がガーデニングだったとしたら「庭師かよっ!」って言うような領域に行ってしまうんですね。

また、恋愛面では狭く深く関わる事を求める感性となるので、どうしても泥沼化したりお互いを変容させてしまうような深刻なドラマが多くなる傾向です。冥王星なので誰でもいいって訳じゃないので、通常はわりと恋愛とは縁遠かったりするんですが、トランシットなどできっかけを掴むと一気にそこに情熱を傾ける感じに。数は少なくてもなかなか濃い恋愛体験ができることになります。

太陽と冥王星との関わりでは、太陽はその人の生き方ですから、人生目標が通常の観念を超えていくことになりやすいです。独特の人生観、無理難題を乗り越えていく生き方、人生の途中で味わう破壊と再生など。それらのインパクトある体験を味わいながら、自分にしか表現できない独自の路線を歩んでいきます。太陽は人生づくりの天体ですから、そこに冥王星が関わる事で、いつも過剰な欲求に駆り立てられることになり、普通じゃ物足りずもっとハードでコアな生き方を目指すことに。これはスイッチが入れば人の100倍、いや数千倍頑張れる事を表すんですね。で、目覚めたときの飛躍にはすごいものがあるんですが、そのポイントを見つけるまではうだつが上がらない感じに見える人もいます。冥王星がアスペクトしている場合人生上のテーマや選択が何でもよい訳ではなくて、運命的に限られた分野な場合が多いので、そこに辿りつくまでには色々と思考錯誤する場合も多いという訳です。

そして火星と冥王星の組み合わせは、火星という行動力や意欲が冥王星によって極限まで強まります。戦車みたいな馬力で取り組むんですね。当然反動で疲れることになりますが、このアスペクトではまたすぐに復活してしまう。底なしのパワーを発揮する組み合わせとなります。火事場のクソ力ってこのこと、急に凄い力を発揮してありえないことをやってのける。また、火星は社会的な場面では野心として表れますから、基本的に仕事やり過ぎの人が多い傾向です。ちょっとだけ頑張るが出来ない、やるなら徹底的にやるし、やらなきゃ全くやらない感じ。やる時は戦車の勢い、やらない時は出発すらしていないと言う極端性。




冥王星が関与した天体の興味の方向性はどうしても限られてきます。深く裏側まで立ち入ること、一線を越えてそこで自分改造していくことを目指していく訳ですから、あれこれは出来ないのです。

また、冥王星は緊急時に作動するその人の中の最終兵器のようなものでもあるなので、普段からちょろちょろ小出しにする感じでもないです。もちろん雰囲気として独特な感じや、物言わぬ圧力みたいなものを醸し出している場合もあるのですが、スイッチが芯で作動していなければ、その天体は普通です。逆に並以下にみえたり、大した才能とは思えない事も多く…。

しかし、内側で力が溜まっていき満タンラインをオーバーした時、ガチャンと変貌しその影響力は一気に広がっていきます。視えない貯金箱があるようなものですね、いつか沸点が来る、そしてその時はもう冥王星パワーが全開に(;''∀'')




誰のホロスコープにも冥王星は必ずありますが、
そこは自分だけにしか出来ないというプライドと
誰にも譲れない拘りを持つべき場所と考えてみて下さい。

また、冥王星とアスペクトしている天体がある場合には、
その天体を通して自分が深い体験をしようとしているんだなと捉えて。

冥王星のアスペクトが沢山ある場合には、
もう人生は偏って当然、普通の快挙など目指さずに
徹底的に裏側からマニアック路線で行きましょう。



…ということで、
次回は冥王星が入るハウスについて
書いてみようかなと思います。


それでは今日はこの辺で、
ありがとうございました。

f0377740_19531488.jpg
(今日の雨で桜散ってしまいました~。写真は一週間前の岡山百間川河川敷の風景です)

Syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

173.pngホロスコープ、それは世界にたった一つだけの星の地図173.png
【占星術の基礎目次】⇒ホロスコープのしくみ
【個人鑑定のご案内&メニュー】⇒詳細はこちらから
【お問合せ】⇒astroeyes46@gmail.com

by syuko-astrology | 2017-04-15 23:40 | ├冥王星 | Comments(4)
Commented by シャタビシャ at 2017-04-16 20:18 x
初めまして。冥王星について調べていたらこのブログに辿り着きました。とても参考になる記事をありがとうございます。

私の出生図では3室火星と12室冥王星がスクエアです。どこのハウスのスクエアかによっても意味が違ってくるのかもしれませんが、確かに記事に書いてあるように極端です。ONとOFFの差が激しいです。

私はアセンダントが蠍座なので、冥王星は統治星です。その冥王星が12室にあり、12室冥王星の解釈がとても気になっています。次回は冥王星のあるハウスの記事ということで、更新楽しみにしています。
Commented by syuko-astrology at 2017-04-16 21:47
> シャタビシャさん

ご訪問有難うございます。
アセンダントの支配星なら特に重要なポイントとなりますよね。

冥王星とハウスの関係は近い内に更新する予定ですが、
何を隠そうスイッチが入ったら(笑)書くタイプなので
長い目で覗いてて下さい( *´艸`)
Commented by リサ at 2017-04-17 09:17 x
shukoさん、こんにちは(^ ^)
次回はハウスなのですね。ワクワクします。
私はアセンダントと3度違いの12ハウスに月(冥王星と60度)があります。
shukoさんの過去記事にも医療と12ハウスを絡めた記事がありましたね。
私も病院に行くとホッとして快方に向かうほうなので、すごく頷けました。特に、丁寧に診ていただけるとパワーまでもらえるような気がします。
脱線してしまいましたが、私の月は海王星(出生時は逆行)とコンジャクションしており、さらにはこの月・海王星コンビはどうやら水星・火星とヨッドを形成しているようです(自分で観てるので、違うかもしれませんが(汗))。
ここに、冥王星も絡むので「どんだけ“月”やりたいんだーーー!」とひとりツッコミを入れています。
ちなみに太陽は8ハウス、ドラゴンヘッドは蠍座なので、どうも冥王星に鍛えられたいんだな(月射手座なので基本怠惰なところが多々あるのです)と今のところ解釈してます。
重要なポイントで冥王星絡みの濃い出世図なので、冥王星に関する話題は反応せずにはいられません(^ ^)
楽しみにしております☆
長々とした問わず語りを失礼しました。
Commented by syuko-astrology at 2017-04-17 10:51
> リサさん

天体とハウスの関係は面白いですよね。人によって冥王星が持つアスペクトが色々で、これに関してはバラエティーが沢山あり、まとめて記事にするのが難しいのですが、まずはハウス、そしてアスペクトの種類とそれに関わる他の天体…、とだんだん細かくみていくと自分だけの図のようなものが把握できてきますよね。

月海王星を中心としたヨッドであれば、その水星火星の知性活動が月海王星の世界の物でないといけないという事ですね。そこに冥王星も関与しているので出来るだけ非現実的な新しいものがよいということかな。占星術は宇宙の法則や理論をあれこれ言う世界だからとても良いですね。
<< 冥王星とハウスの関係 5ハウスの月 >>


最新の記事
タグ
最新のコメント
> リサさん 確か..
by syuko-astrology at 12:01
shukoさん、こんにち..
by リサ at 09:10
> リサさん 天体..
by syuko-astrology at 10:51
shukoさん、こんにち..
by リサ at 09:17
> シャタビシャさん ..
by syuko-astrology at 21:47
記事ランキング