Syukoの星読みブログ


占星術の世界から様々なメッセージをお届け♪満月&新月の星読み、サビアン、ホロスコープのお話しなど色々綴っていきます。
by Syuko
カテゴリ
ライフログ
最新のコメント
はじめまして! 私も1..
by さくら at 21:56
私の母親が冥王星と月が1..
by 通りすがり at 15:02
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 18:54
Syukoさん メ..
by miyu-ka_dreamy at 17:43
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 16:01
検索
外部リンク

このままじゃダメだと感じるなら…。@牡牛座7度の新月


明日、26日(水)21:18に月は牡牛座06,27°で新月を迎えます。

新月図を眺めてみると下側に天体が多いです、木星以外が地下に…。(ASC-DSCという横軸を基準に地下&地上と表現することがありますが何も実際に地下に潜るという訳ではなく(笑)意識や関心が自分側にあるということです。)

ちなみに出生図でこのような偏りを持つ場合は、自分自身の充実感を重視する人生を歩む傾向となります。個人的な領域において何かの作業をしたり、身近な所に没頭している形を表すので、社会的なことより個人的な所での活動が活発になりやすい配置です。よって作家や創作活動などに向く偏り方と言われています。

と言うことで、この二週間もそんな雰囲気を持っているようです。5ハウスの創造の部屋で新月になりますから、何か新しい趣味や関心事に向かっていくのも良いでしょう。牡牛座なのでアロマや料理、音楽、色彩感覚豊かなものなどを日常の中に少し取り入れるのもGOOD♪かもしれませんよ。
f0377740_21255560.png
さて、牡牛座の数え7度のサビアンシンボルは「サマリアの女~The woman of Samaria.~」です。牡牛座は自分自身に予め備わっている生まれ持った資産や才能を発掘しながら生きていくサインですが、1度~5度までの過程で恵まれた資産は全て使い切ってしまいました。そこで6度ではこれまでの方針を変えて、自分以外の価値観や体系に渡りを付けることをしました、もっと大きな資源に繋がる為に…。(牡牛座6度:渓谷に架けられる建設中の橋)。

しかし、広い所に自分を持って出るとそこで明らかになることがあります。今までは割と自分は恵まれた生まれで、才能も十分にあると思っていたけれど、上には上がいる。もっとすごい人は沢山いる。或いは人が持っているのに自分には欠けているものがあったことに気付くとかで、ある種の衝撃というかストレスを感じるんです。7という数字は物事の端と端を行き来する数で落差とか違いを意欲として奮闘するものです。

「サマリアの女」は聖書に出てくるお話しのようです。実は私自身聖書には詳しくないのでよく知りません。調べた所では、サマリア人とは移民との混血の人達のことで、それを嫌うユダヤ人との間に身分や生活の落差が生じていたらしいのですが、ある日ユダヤ人であるイエスがサマリア人の村を通りがかり、水を汲みに来たサマリア人の女性に「水を飲ませて下さい」と話しかけた…というもの。そこで彼女についての色々な事を言い当てたり啓示したりして、その後女性はイエスに心を開き、キリスト教に改宗したとかなんとか、と言うストーリーのようでございます。

この聖書の話しがこのシンボルにどう照らし合うのか、正直よく分からないのですが、自分なりに解釈たことで書くと、牡牛座が表す生まれ持った資産や才能は肉体的な資質や地盤に関わり、それは自分ではどうしようもない現実なんですね。例えば先祖代々地主の家などに生まれた場合、他から見ると恵まれていていいな~と思われるのでしょうが、逆に見ればそこを離れられない訳ですし、使い切ったら使いきったでぼんくら息子と非難される訳だし、また時代や法律が変われば資産を維持するために色々努力も必要になるしで結構大変だと思うんです。

また、こんなこともありますよね。自分にはもともと絵画の資質があり地元では有名な画家と言われていた。けれど世界に出てみたらもっとすごい人沢山いたとか。つまりここでは自分の中にある恵まれている部分と、欠けている部分を目の当たりにするんです、これまで関わった事のない人と接触することで何らかの落差やプレッシャー、ストレスを感じることになる。

しかし聖書「サマリアの女」がキリストという新しい価値観や思想に出会い感激したように、その落差を埋めていく方法は実はいくらでもあるということ。自分の身体や血筋のようなものは変更できませんが、自分の価値観はいくらでも成長させることができる。欠けているのであれば外側から吸収することもできるし、誰かに教えてもらって新しい世界を感じることだって可能な訳ですよね。

なんでこれがストレスや差別になるかというと、牡牛座は基本的に自分を変えようとはしないサインで、外側の何かに関わっていくとか、方針を変えること自体にあまり慣れていないからなのです。自分の手元にあるものだけでコツコツやっていきたいのだけれど、それではいけないことが分かって来た。ということで牡牛座にとってはちょっと冒険が必要というか、踏ん張らないといけない感じになるのです。今までの所に安住するのではなく、もっと広い資源を手に入れる為に外へ出て行かなければならないことが牡牛座にはストレスなのです。

しかしこのストレスや落差を目の当たりにするショックは、原動力にもなります。自分も手に入れたい、欠けを埋めていきたいという生きる原動力。人間は安定しきって恵まれすぎて不安も怒りも感じない状態だと生きている実感を得る事はありません。

お腹すくからランチも楽しめるわけだし、足が太いの気にするからパンツ選びもうまくなるわけだし(笑)、とにかくないと分かったら外へ向かって探しに行きましょう。ってことかな。(すごい平面的な解釈)

この二週間はじっとしているだけじゃダメ。

プライドとかこれまでの実績が…とかいう屁理屈は捨て去って、欲しいものや望む方向がどうしたら手に入るのかを考えてみましょう。きっとそこには今まで渡りをつけたことのない世界や人との関わり合いが必要になってくるはずで、それが私達を底上げしてくれることになるのだと思います。


Syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ


173.pngホロスコープ、それは世界にたった一つだけの星の地図173.png
【占星術の基礎目次】⇒ホロスコープのしくみ
【個人鑑定のご案内&メニュー】⇒詳細はこちらから
【お問合せ】⇒astroeyes46@gmail.com

[PR]
by syuko-astrology | 2017-04-25 12:04 | ├新月・満月 | Comments(2)
Commented by リサ at 2017-04-26 09:56 x
shukoさん、こんにちは(^ ^)
牡牛座に火星があるので、新月の星読みを楽しみにしていました。
今回の新月のサビアンは、“サマリアの女”とのことで、日々、人と関わる中で“サマリアの女”体験ってしてるかもとふと思いました。
人の在り方を見て、こんなふうに出来たらなぁと感じて少しやってみて調整(出来そうなことはテクニックとして真似)したり、ネガティブな方向としては10ハウス的な場でこだわりを持っていた過去の自分を思い出してモヤモヤしたり。
モヤモヤはいったん脇に置いて、サマリアの女のように何かしら発展性のある間柄の人とのお付き合いを大事にして、意識的に動こうかなと思いました。

今回の新月は、太陽はノーアスペクトなのですねぇ。
ダイレクトなのか、サポートがなく動きづらいのか、はたまた別の出方をするのか…。
私はN金星がT太陽と120度で、更にはこのN金星にP太陽がぴったり合なのでちょっとドキドキしています。
明日、ある占星術の方の出版記念講演会に行く予定です。
牡牛座のワークもあるみたいなので、サマリアの女のように何か受け取って帰ってこれるかなと期待してる自分がいます(笑)。
自ら手を動かしたりして動くほうが大事だぞとわかっちゃいるんですけどね(о´∀`о)
Commented by syuko-astrology at 2017-04-26 22:40
> リサさん

牡牛座7度はハンディや落差的なものを意欲にして進む度数ですから、挑戦していく姿勢は大事だと思います。火星ならなおさら、ですね(^。^)

ノーアスはそうですねぇ…、
新陳代謝がない所で動こうとする傾向があるのかも。
すこし内向的に進むというか。

だけど展開が始まったら過剰に動くのもノーアスですよね。
そのあたりの落差も激しそうです。
スイッチが入れば目を見張るような挑戦になるのかも。

たくさん受け取ってきてくださいね。
私も今回の新月ではhealingenergyを取得しました。
<< 続・月-冥王星、それぞれの表現... 冥王星が入るハウスの意味 >>


最新の記事
以前の記事
タグ
記事ランキング