Syukoの星読みブログ


占星術の世界から様々なメッセージをお届け♪満月&新月の星読み、サビアン、ホロスコープのお話しなど色々綴っていきます。
by Syuko
カテゴリ
ライフログ
最新のコメント
はじめまして! 私も1..
by さくら at 21:56
私の母親が冥王星と月が1..
by 通りすがり at 15:02
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 18:54
Syukoさん メ..
by miyu-ka_dreamy at 17:43
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 16:01
検索
外部リンク

火星は蟹座に…。


6月5日、日付が変わってすぐの01:17、
火星が双子座から蟹座へと移行しました。

火星は意欲や積極性、行動力、攻撃力、時々熱くなって燃える天体。

蟹座は心理的馴染める場所を表します。気持ちの繋がっている身内や仲間的な関係性の中で伸び伸びと感情豊かに発展していく性質を持つサインです。

双子座は風のサインでしたので、感情的に引っ付くという働きではなく、むしろ単独であれこれやることを楽しんだり、または誰かと競うことによって自分の能力を発揮し、興奮していく作用がありました。

今度の蟹座は水のサインで、しかも活動宮ですから、自分が良いな~とか出来ると思った事に積極的に近づいていき距離を一気に縮めていくことになります。つまり内側から共感して理解しようとするし、感情的にも混じっていくところがあるのです。

しかし、蟹座は女性サインですので、なんでもかんでも良いという訳にはいきません。心同じになれるもの、場所、人、という辺りがポイントになります、これはだいたいが過去に形成されているもの(関係性や既知)が前提です。

蟹座が人見知りと言われるのは、心理的なエリアが決まっており、初めてのものや知らないものは、自分を不安定にする対象・危険なものとみなし、受け入れに消極的な面があるからです。自分のことをよく理解してくれていて、また自分も相手のことを良く知っているという慣れたシチュエーションが心地よいのです。

そんな蟹座に入った火星の積極性や興奮作用がどんな感じになるのかと言うと、仲間内や家族の関係することがらに熱中するとか、一緒にスポーツするようなイメージもありますね。運動会シーズンはもう終わったか…。

家族の為に奮闘する、それはスポーツだけでなく仕事などもそうでしょうし、時には家族を守る為に戦うことも考えられるかもしれません。

また、蟹座は安全な環境、守られた空間という意味から、家屋や室内を表すので、ジムやスタジオなどの室内スポーツで熱く燃えること、体を動かすことなどと連想してみてもいいと思います。家で仕事するとか、家の敷地内を動き回るとかも蟹座の火星という感じです。地元や故郷で活動するというのも蟹座の火星らしいですね。

f0377740_10341167.jpg
※いや、もう暑い時期ですから室内運動がよかですよ♪


私の場合は明後日に近くのヨガスタジオに行ってみる事になりました。(まだ道場探しが続いていた・笑)岡山にも沢山ヨガを教えてくれる所はあって、色々周ってきたのです。しかしこれまで周ったところは大体が自宅から遠くてですね~、なんか億劫になって続かなかった。市内中心部のスタジオだとだらしない恰好で気軽にはいけないし…。

近くにヨガスタジオがあるのは知っていたのですが、「近所ってどうもな~」という私の意味の分からない基準によってこれまで何故か排除されていたのです。(太陽3ハウスなのに近所を選ぼうとしない)

それが最近「いや、近くにあるんだからそこでいいじゃない」と思い初めまして(やっぱり太陽3ハウス、探し疲れたか・笑)、パンフレットを貰いに行ってみたら、思っていたよりも雰囲気の良さそうな所でした。なのでまずは体験レッスンに参加してみることにしたんです。

近くにあることのメリットとしては、汗ダラダラのままでチャリ帰宅ができることですよね。遠くのスタジオなどに行くとなると着替え持って行かなきゃならないし、シャワー浴びるならタオルも準備していって…とやたら荷物が多くなりがちです。


荷物はなければない方が善い♪という牡羊座イズムからするとこれはなかなかメンドクサイ。ということで火星が蟹座に入ったきっかけを利用して近くのスタジオ室内で汗をかき、エキサイティングしてみることにします。



皆様も蟹座火星時期をお楽しみください。


Syuko☆(星のブログ講座個人鑑定お問合せ




[PR]
by syuko-astrology | 2017-06-05 12:12 | ├星の動き | Comments(0)
<< 2017年6月9日☆射手座19... 受動的な占星術と能動的な占星術と。 >>


最新の記事
以前の記事
タグ
記事ランキング