Syukoの星読みブログ


占星術の世界から様々なメッセージをお届け♪満月&新月の星読み、サビアン、ホロスコープのお話しなど色々発信しています。
by Syuko
カテゴリ
外部リンク
ライフログ
以前の記事
検索

カテゴリ:├12サイン( 1 )

太陽がやぎ座へ…、一年のオチをつける。


三日前の事になりますが冬至を迎え、
太陽は射手座から山羊座へと移行しました。

高く上昇する火の性質を持つ射手座から
実際的な場所で高みを目指す実務的な山羊座の世界へ…。

射手座は寛容な性質を持っていて物事を広げ膨らませて
かなり上の視点から全体像を抽象的に理解するのが得意でしたが、

山羊座は現実面での物事を確実にして成果を出していく、
明確にしていく、とドライな性質を持っていて射手座の価値観とは
ずいぶんギャップがあります。

元素的な所では「火」から「地」なので、
高く昇っていた火が地に落ちるイメージ。

これは否定的には文字通り地に落とされること。
しかし肯定的な面としては物事のオチがつくことです。

精神性の高い、漠然とした理論や思想なども
着地点がなければ堂々巡りで現実味がなく、
理想主義だけで終わってしまうこともあります。

夢語るのはいいけど、実際どうなの?という感じで。

しかし射手座の後にはちゃんと山羊座が待っておりまして、
射手座で高く掲げた思想や夢をきちんと現実に落とし込む流れとなるのです。

火の元素が強い人が地に合うと、
どうしても地上に突き落とされる感覚があります。

火はもともと現実的な地上を離れていく性質なので、
目の前の現実や細かい事を処理するのには慣れていません。

それで実際的な事に突き付けられるようなシーンがあると、
自分の希望を否定されるような気がして意気消沈しまいます。

しかし、元素の流れは火地風水と
違う価値観の組み合わせで流れているように、
この違和感のある元素とのギャップを経験するからこそ、
それぞれの元素のオチがつくといいますか、
活用されやすい高度なものになっていくと考えます。

山羊座は地上世界での頂上です。
完成形であって物質的には最高の形を意味します。

コントなどでも必ずと言っていいほど
ボケと突っ込みがあります。

オチのないお笑いって面白くないですよね。
バカなことやって笑ったら、誰かが突っ込む。
そして最後に意味が分かってドカーンと笑える訳で、
こういうものも火と地の関係に似ています。

この時期、射手座で出来た高尚な思想や大きな夢は、
山羊座という現実的なサインにぎゅっと落とし込まれて、
その精神性を活用する場所をしっかり得ていきます。

場所や枠組みを限定されるということは息苦しくもあるのですが、
その分、明確に成果を出していく事に意欲的になれる時でもあるのです。

火と地の元素は性質的には相反するものでありますが、
お互いに肉体と精神のバランスを保つためには必要な組み合わせです。

緩める→絞めるのバランスがこの時期の肝。

年末ということもありますし、この一年を振り返りつつ、
オチを探すのも面白いかもしれません。

今年も色々あったけれど、
こういう事だったのかー!
って確証を得るようなことですね。


f0377740_22040885.jpg














syuko☆



by syuko-astrology | 2016-12-24 22:10 | ├12サイン | Comments(0)


最新の記事
タグ
最新のコメント
> リサさん 確か..
by syuko-astrology at 12:01
shukoさん、こんにち..
by リサ at 09:10
> リサさん 天体..
by syuko-astrology at 10:51
shukoさん、こんにち..
by リサ at 09:17
> シャタビシャさん ..
by syuko-astrology at 21:47
記事ランキング