Syukoの星読みブログ


占星術の世界から様々なメッセージをお届け♪満月&新月の星読み、サビアン、ホロスコープのお話しなど色々発信しています。
by Syuko
カテゴリ
外部リンク
ライフログ
以前の記事
検索

カテゴリ:├新月・満月( 14 )

日常にちょっとした思いやりを@天秤座22度の満月


明日11日(火)15:09に月は天秤座21’33°にて満月を迎えます。

ここ近年続いている冥王星と天王星のスクエア(90度)は、だいぶ度数が開いては来ましたが、それでもまだオーブ圏内で影響は続いています。変革の最後のあがきか…。特に今時期は天秤座に木星が入っているために、この冥王星と天王星とでT字スクエアとなり、その要素を強めていく配置。
f0377740_13100426.png
そしてこの満月の少し前では月は木星に接近し、このT字スクエアにうっかりハマってしまうという様子。世界情勢では何やらきな臭い状態になっています。私達個人の日常としてみるならば、普通にしているつもりが気が付けば外部で起こる変化に巻き込まれていたという感じでしょうか。

活動宮なので勢いはあって行動的でもあるけれど、その矛先をどこに向けるか?で形相は変わって来ます。新しいリニューアルを行う天王星には土星が120度でサポートしているので、改革が必要であることは確かですが、それはやや慎重にあるべき。何事も焦らずに落ち着いて決断していくということが大事になりそうな空模様です。

さて、天秤座の数え22度のサビアンシンボルは「噴水で取りに水をやる子供~A child giving birds a drink at a fountain.~」で、癒しやリラックスを人に提供する意味を持っています。

水は人間の情緒や和合、心の満足を表すもの。噴水はいつも水があふれ出ている場所ですから好きな時に立ち寄ればその優しい水に触れることが出来ます。鳥は風の元素の象徴で、いつも色々な所を飛び、獲物を探し疲れていたりもするのですが、時々町中にある噴水に立ち寄ることでまたリフレッシュできるということです。さらに子供がいるということはそこに楽しさやほのぼのとした雰囲気があるということ。いつも自分が接する事のないような人々と少し交流をしていくようなことも表しているのではと思います。

天秤座の21度、22度、23度は非常にパワーの強い所で、どんな相手とでも絡める、変わった人にも対応できてしまうような意味を持っています。天秤座としての対人関係の受け入れ度量が広いのです。その中でも22度は偶数なので、積極的や過度な働きによって社交をしていくのではなく、やや受け身的に、来た人をさりげなくもてなすような社交性の発揮となります。

人と交流していこうとする時に、目立った宣伝をしていったり、自分が出て行って社交するというやり方もありますが、自分の優しさや癒しの魅力を内側で整えて自然にこっちに人々の足が向かうようにするという方法もあります。今回は後者の方。なんか気になるから行ってみたら楽しかった、いつもは関わりが無い人だけど、喋って見たら癒された、面白かったと感じてもらえる自分の姿をイメージしてみましょう。


※今月のメール鑑定受付枠は一杯になりました。
現時点で新規にご依頼頂いた場合、
5月中旬以降~6月の見通しです。

お急ぎで解決したい事がある場合には
電話鑑定でお申込み下さい。
今月中でも対応できる日にち僅かですがあります。
詳細はメールにて。



Syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ


173.pngホロスコープは世界にたった一つだけの星の地図173.png
【占星術の基礎目次】⇒ホロスコープのしくみ
【個人鑑定のご案内&メニュー】⇒詳細はこちらから
【お問合せ】⇒astroeyes46@gmail.com

by syuko-astrology | 2017-04-10 13:38 | ├新月・満月 | Comments(0)

春風に乗って♪@牡羊座8度の新月


月は28日(火)の11:58頃に牡羊座07.37度で新月を迎えます。
f0377740_21391026.png















牡羊座に5天体があってとても賑やかです。
毎年春にはこうやって牡羊座に金星や火星、水星などが
集まる事が多くなるのですが、やっぱり3月4月と言うと、
引っ越しや就職、進学など新しいスタートが多い時期ですよね。

さて、牡羊座の数え8度のサビアンシンボルは
「リボンのついた大きな帽子が東風になびいている 。
~A large hat with streamers flying,facing east.~」
です。

8度はじっと静かに力を溜め込んでいく度数。

帽子についているリボンはアンテナの象徴。
東風がもたらす生命的な息吹や自然界の仕組み、
法則などをその都度細かくキャッチしていきます。

東は物事が生まれる方向でとてもパワフルな場所。
新しい意欲や喜び、アイデアなどのエネルギーが
この風にのって東からやってくる。

それを帽子についたリボンでキャッチするのですが、牡羊座の初期段階にあってはまだ自分の意志や目的が明確ではなく模索中であって、周囲の状況によってむやみに煽られたり影響されてしまったりしやすい点があります。

なので信頼できる存在の近くで情報を精査しながら学んでいく事が大事となります。帽子は頭を守ってくれる保護の象徴。

月は次回の満月となる天秤座15度に向かって成長していきますが、
新月からすぐに、天王星・冥王星・木星のTスクエアに触れる形に…。

月は生まれたてな上にさらに東から来る生まれるエネルギーに翻弄されやすくもあり、繊細な月が煽られるのは簡単に見えます。

もちろん、乗せられて盛り上がるってこともたまには必要ですが、あまりにも周囲に影響され過ぎると自分の着地点がわからなくなってしまいそうな配置。

新しく何かが始まるドキドキ感や喜びは敢えてグッと内面に押し込め
心でははしゃぎつつも表では冷静に過ごすことが適していく時期になりそうです。


Syuko☆

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
ホロスコープ、それはたった世界にひとつだけの星の地図
f0377740_22243320.jpg
●星読みの基礎目次⇒占星術の基礎知識&参考記事一覧
●ホロスコープリーディング個人鑑定⇒詳細&各メニュー
●各種お問合せはこちらから⇒ astroeyes46@gmail.com


by syuko-astrology | 2017-03-26 22:12 | ├新月・満月 | Comments(0)

自分を磨いてスキルアップ@乙女座23度の満月


3月12日(日)の23:55分、
月は乙女座の22'13度で満月を迎えます。

f0377740_09403055.png先日、日食という大きなリセットがありましたが、そしてそこから新しくスタートした見えないサイクルや流れが、始めて目に見える形となって現れる時。最初の満月なので形と言ってもまだ、小さな出来事や現象であることが多いでしょう。それでも自分の方向性を示唆するようなきっかけであることに違いはないと思います。

新月図で月が10ハウスに入っている事も、形にするという意味を後押ししています。10ハウスの月は社会的な方面へ自分を価値づけていきたい欲求を持ち、ステータスを得ることにおいてはかなり貪欲です。

同じく月は冥王星と120度で深い力を得た後の状態を表しています(離反オーブ約3度)。一方で土星とはこれから90度となる場所にいるので、自分を律するような気真面目さも持ち合わせることになります。

通常であれば苦手だと感じるような土星的な現象(節制、制約、決まり事の遂行、何らかの責任を強いられること)を冥王星で力を得ている為に、忍耐力を持ってそれらに取り組むことがができる数日とも読むことが出来ます。これは特に満月となる数日前から強力に現れます。そして満月でピーク。満月後はまた精神性を重視し始めるサイクルにまた突入するので、拘りは減ってゆき力はいくぶん解かれていくでしょう。


さて、乙女座の数え23度のサビアンシンボルは
「動物のトレーナー ~A animal trainer~」です。
f0377740_10245373.jpg21度で高いレベルの目標に取り組んできた乙女座は、22度で安定した技術を持つことに成功しました。今回の23度ではその優れた技術や安定性を、まだ訓練を受けていない対象に向けていきます。そしてそれらがキチンと目的を果たせるような存在になれるよう、トレーニングしていくのです。これは人に対してのみならず、自分に対して行われることも多くあります。

しつけや訓練、練習、トレーニングは乙女座の才能を表すものですが(ハウスでは6ハウス)、何かを指導することや誰かに技術を教えることというのは実は何よりも自分の内面の訓練に繋がっていますよね。自分がちゃんと理解していなければ教えることは出来ないし、また相手の状態をしっかり把握していないと、どういったトレーニングをしていけばいいのかという方向性や順序も分からなくなってしまいます。

この23度では新しく大胆な試みと内省を繰り返しながら、お互いに(或いは出来る自分と出来ない自分が)進化していくことが描かれています。前に進んでは少し確認する、そしてまた前に進んでいく形で、楽しみながら着実に進んでいくのです。

乙女座の持つ調整能力、細かい実技やスキル向上と、23度の数字が持つ冒険心や楽しさをこの満月で私達は味わいます。それぞれの環境で何かの現象を通してそれを垣間見る。手にする。体験する。感じ取る。そして月-土星90度のアスペクトが表すように、急な出来事があってもしっかりと結果を出すことが出来るような、万能に対処出来る力を発揮します。

つまり相手や状況がどんなであっても、自分が今、どんな状況であっても、何が起こっても、そこに工夫や知性を発揮して形あるもの(価値あるもの)にしていくことが今回の満月のテーマ。現在取り組んでいる事や関わっている材料を使って自分磨きをしましょう。どんな場面の中にも自分の力を鍛えてくれる要素があることを意識して。

この満月ではそんな自分のスキルアップを
後押ししてくれるエネルギーが注がれてきます。


syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

   『ホロスコープ Horoscope』
~それはたった世界にひとつだけの、魂の地図~f0377740_13014734.jpg

●占星術ってなぁに?星の用語解説
 ⇒占星術の基礎知識&参考記事一覧
●個別鑑定&占い始めました
 ⇒詳細&各メニューはこちら


by syuko-astrology | 2017-03-08 16:14 | ├新月・満月 | Comments(0)

真実に向かって駆け抜けろ@魚座9度の新月


2月26日(日)24:00、月は魚座の08,12度で新月を迎えます。

今回の新月は金環日食だそうです、日本では見る事が出来ないようですがアフリカなどの南太平洋地域ではその様子が観察できるとのこと。占星術での日食は特別な新月として扱われます。毎月起こる新月は約一か月事の新しいサイクルのスタートを意味しますが、この新月の親玉である日食は一年に二回あるかないかの長期的なサイクルで起こるもの(定期的ではない)ですから、いつもより非常に影響力の大きい特別な新月、特別なリセット&スタートの時と捉えることが出来ます。
f0377740_01385158.jpg
※図引用:国立天文台情報センター

日食は太陽と地球の間に月が入る事で太陽の光が地上に届かなくなる現象です。太陽は全ての生命の源であり、また国家にあっては皇帝や王・社会的な権力者を象徴しますから、その太陽が隠れてしまう日食は特に昔の時代では凶事と考えられていました。その一方でここ最近では金環日食ツアーなんてのがあるのも事実…。不吉なものと捉えのるかそれともイベントとして扱うのか…、考え方の違いや風習でその扱い方って全然違うものですよね。

さて、占星術において個人的な範囲でこの日食を考える時には「今までの自分が終焉し、新たな始まりを迎える流れ」と読むことも出来ます。未来への推進力である太陽の光が、自分の本能本質である月に遮られるという現象から、これまでの自分が一度滅び、そして新しい自分が始まるようなことを象徴するのです。この時、これまでの自分を滅ぼすのは他でもない自分自身の奥底から出てくるものであるということ。今まで気が付かずにいた情動、または前面に出すことを恐れ裏側にしまい込んでいた自分の本音が、この日食では太陽に変わって前面に現れてくると考えることができるのです。

月が太陽を覆ういう意味と、日食新月での協力な始まりという意味、また食は特別縁や魂のつながりを意味するノード軸の上で起こるものなので、これらを総合して考えてみると、今回の日食新月では、それぞれの環境において今後数年に影響するような大きな変容が起こることが予想されます。またはこの時期に変化したことが重要な意味を持ち今後数年に渡って人生に影響する。特にこの度数(魚座の数え9度)にASCやアングルなどの重要な感受点や天体がある場合はなおさらその意味が強調されるでしょう。今まで自分の中で重要ではあると感じていながら(魂レベルで)、目を背けて後回しにしていたような事に意識が向かい、何らかの変化を促されるはずです。それは多くは少し勇気が足りないと思っていたか、不安や自信のなさから感じないようにしていたこと。しかし深層では実は願っていたのだ、というような心の底にある深い事柄なのではないでしょうか。

f0377740_00283674.png今回の新月チャートを見てみると、新月は海王星のすぐ近くで起こります(太陽-月-海王星の合)。海王星は非物質な事柄を扱う天体で、ビジョンやイメージ能力が時空間を超えて広がっていくをエネルギーをもっています。

また、今回の新月は海王星の集合的領域のエネルギーを受け取りやすいと言えます。4Hの入り口(IC)という自分の心理的な基盤となるポイントで起こるからです。自分という個人的な規模を超えたようなもっと大きな所からの集合的無意識がなだれ込んできます。それは個人的な所では未来からのイメージをキャッチすること、また自分のルーツに立ち返る、原点回帰するような意味もく含まれます。自分の底の底にあるものを想い出すのですね。それは非常に不確かで今は幻想や錯覚としか思えないけれども、それに賭けてみたいという気持ちが強くなる。いつもなら無視する自分の中の霊的な直感を素直に信じることで、本来ありたい自分像を今後広げていく事ができるようになります。。

さて新月が起こる場所、
魚座数え9度のサビアンは「騎手~A Jockey~」です。

魚座は現実的な輪郭のない非物質的なエネルギー。
意識が肉体を超えて境界線なく、どこまでも広がって同調していく性質を持つサインです。

9度は魚座の哲学性や精神性を意味しています。ここでは高められた心によって馬を走らせていく事が描かれています。馬はサビアンシンボルにおいては自分のリビドー(情動や本能的欲求)の象徴で、魚座の9度では自分が同化したい目標に向かって躊躇なく一気にダイブしていくのです。自分自身の中で高まった心が馬を操り馬を走らす。まだ見えていない結果については気にしません、ここでは自分の心に忠実に動くという事がポイントです。
f0377740_01504268.jpg
騎手は馬と心を一つにして、自分が信じる方向に駆け抜けていきます。馬は疾走する競走馬、中途半端な気持ちで乗るならば危険を齎します。乗ってしまったら馬と一体になって、自らを捧げるような意気込みで、丸ごとで飛び込んで行くことが前提となります。また、景色を見渡すような暇もありません、一気に目標に向かって駆け抜けていくのが良いのです。
馬を駆り立てる騎手
心の高ぶりを共に馬を煽って弾丸となります。見えないけれど信じるものに向かって走っていく。個人の目的と神の意図が合致する時、そこに奇跡が起こるでしょう。駆け引きや計算は通用しません、余計な心配は躊躇は失敗を引き寄せます。理屈や打算を抜きにして純粋に心の中から湧き上がってくるものに目を向けて下さい…、今後、あなたはどこに向かっていきたいのでしょうか?何を信じて自分(の馬)を走らせていきますか?


今回の新月は次の日食まで影響が続くと言われる特別な新月です。
これまでの表面的に進めて来た自分を卒業して、新しい自分を創造していくサイクルに入ります。消滅していくものは感謝して静かに見送り、そして受け入れるべきものを遠慮しないできちんと受け入れましょう。大きくリセットし、心身ともに身軽になって新しい未来へと疾走しましょう、風を切って、誰よりも早く。


★まとめとポイント
・自己を創造する太陽の光が遮られ、これまでの生き方が終わりを迎えるとともに、新しい未来の幕開けともなる時期。特に出生図の中の重要な天体(太陽や月)やASCの近くで起こった時には特に、大きな自己変容が促され人生での新しい局面を迎える事を意味します。

・ハウスのどのあたりでこの新月が起こるのかをチェックしてみましょう。どんな分野で変容が起こり、新しい出発が促されるのかを予想することが出来ます。1ハウスなら自分自身においての変容、3ハウスなら勉強テーマや関心事が変わるのかもしれません。8ハウスなら、深い絆の中へと飛び込む決意をするのかもしれませんね。



syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)
・第十二回…支配星について
・第十三回…メジャーアスペクト
・第十四回…マイナーアスペクト

by syuko-astrology | 2017-02-25 02:59 | ├新月・満月 | Comments(0)

非日常を楽しむ為に…。@獅子座23度の満月


2月11日(土)09:35、月は獅子座23度で満月を迎えます。

今回の満月図では、月が参加したカイトが出来ています。
f0377740_23402938.png 

 カイトとはグランドトラインに、180度のアスペクトが加わる事によって出来る、複合的な配置の事です。どちらかというと身内的な、慣れた所で盛り上がろうとするグランドトラインに、緊張感や刺激が介入してくることで、その高揚感を内部で完結してしまうのではなく、外部に対して表現していくことになる、実際的な作用を表す配置です。

どこから刺激が入るのか?と言えば、カイトの軸になっている天秤座の木星からです。木星が天秤座にある期間中は誰にとっても人間関係の広がりが考えられるのですが、今回の満月では特にその意味が強調される配置となっています。

月、土星、天王星の組み合わせなのである程度のルールや決まったスタイルはあるかもしれませんが、それを肯定的に広げて行く感じになります。例えば「こんなこだわりもってお店やってます!」と宣伝する事とか、「こんなルールで行くのはどうでしょう?」と皆に提案するようなことにも良い時期ですし、そういった事柄が外部から齎されるかもしれません。現在、火のサインには金星火星もありますから、人によっては恋愛関係の方面が膨らんで、今まで思い描いていた理想的な恋愛を現実行動に移していったりするような可能性も考えられます。


獅子座23度のサビアンシンボルは「裸馬乗り ~ A bareback rider ~」です。

飛び上がったり跳ねたりする鞍の無い暴れ馬、これを優雅に乗りこなすというとても冒険的で勇気に溢れた度数です。自分にとってはハードルが高いと思っていた課題に取り組んでいくことや、非日常的な冒険を楽しむような意味があります。

f0377740_16575799.jpg裸馬乗り(ロデオ)は人に魅せて沸かせる為のイベントなので日常を逸脱したドキドキ感がある方が面白いものです。しかし冒険心に任せて馬を興奮させすぎてしまうと自分が危険な目に遭ってしまう可能性も出てきます。こういった事象から自分の中から湧き出る高揚感や盛り上がりのをコントロールすることも同時に求められる意味が出てきます。

いま取り組んでいる事柄や最近関わって来た関係性の中でこのような象意が現れてくると考えていくと、例えば盛り上がり過ぎて炎上しそうな場面では、自分は沈静化させる役目に回ったりするとか。またせっかく集まって楽しもうという場面なのに温度が足りないような状況であれば、何か強烈なインパクトや刺激的な要素を自分の側から投げかけて見る。そうやって一定の熱のバランスを保っていくような事がイメージできます。

この満月ではそのような非日常的な出来事や、興奮作用の中で出てくる自分の本心や欲求などにも目を向けてみましょう。いつもなら頭でストップをかけてしまっていた本当はやってみたい事柄にチャレンジしやすい時期でもあるからです。

また自分がこれからも好きな事を続けていく為、その情熱を維持していく為に、敢えて時々上げたり下げたりするような変化を加えてみることもしてみましょう。強弱づけが継続の元になることも多いです。恋愛とかも時々イベントがあった方が盛り上がりますよね(*´ω`)

馬から落ちない範囲のスレスレの所でドキドキワクワクするような冒険を楽しんでみてはいかがでしょうか。


また、満月が起こる獅子座の23度と、外部からの刺激を表す天秤座木星23度を、自分のホロスコープ上のハウスに当てはめてみると具体的にどんな場面や場所でこれらの事象が起こるのかを伺うことが出来ます。

私の場合は満月が起こる獅子座23度は9ハウス、木星が滞在している天秤座23度は9ハウスなので(私の場合はもともと8ハウスが広いこともあって隣同士のハウスになっています)、恋愛というよりはいま深く取り組んでいるテーマや集まりの中で、盛り上げたり盛り上げられたり、また自分の中の冒険的な本性を感じたりするのかなと思います。

これは私の現状に当てはめているだけで、8ハウス-9ハウスの象意はもちろんこの限りではありません。例えば、親密な関係を築いている人(8ハウス)と旅行に行ったことで(9ハウス)、マンネリしつつあった関係性が再び盛り上がる、ということもあると思います。

5ハウスと7ハウスなどですと、新しい出会いや人間関係が入ってくることによって自分の恋愛の感性に勢いがつく、つまりロマンスを楽しもうと言う気になる、と読めたりもしますよね。


生命力が内部から湧き上がるような感覚を持てるもの、
いつもとは違うドキドキ感や冒険を楽しめる要素があれば、
分野やジャンルは何であってもその人にとっては獅子座の象徴です。


新しい要素を取り入れて楽しみましょうね。


syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)
・第十二回…支配星について
・第十三回…メジャーアスペクト
・第十四回…マイナーアスペクト

by syuko-astrology | 2017-02-08 22:23 | ├新月・満月 | Comments(0)

上空からリサーチし射貫く力@水瓶座9度で新月

1月28日09:08、月は水瓶座の9度で新月を迎えます。

大寒を境にギュッと冷え込みましたね…。地中海バリの温暖さを売りにしているここ岡山も「でぇ~れぇ寒ぃがぁ」が挨拶替わりになっております。雪もチラつきました。夜に山間部の峠を通って帰るので毎日ヒヤヒヤしてます。あ、車は無事に復活しました。やっぱりパッキンが古くなってオイルが漏れしてたみたい。

f0377740_23523085.pngさて、地上世界と宇宙との繋ぎ目でもある月がまた新しいサイクルに突入します。占星術で10天体が語られる時、月もその中の1つとして同じように位置づけられることが多いのですが、実は性質や働きが他の天体と違うというポイントがある。他の天体とは立ち位置が違うということです。しばらく経ってから知って、気づき学んだんですが((+_+))。

月は地球の衛星で、他の惑星と違って地球の周りだけを回っているものです。他の天体とは違って独立性がないということ。多方面から他の惑星のエネルギーを受信しつつも、いつも地球の様子をいつも伺って近くでグルグル回っている。月は私達と宇宙との仲介者でもあり、地球のストーカーでもあるんです。月は地球が大好きなんだと思いますね、感情があるかどうかは別として。

さて、占星術の月が象徴するのは周囲(他天体)からの影響を受けを受け止めたり、目に見えない雰囲気や気を感知して変化していく受信的な性質です。そういう意味で月のある自分のハウス分野に私達は強い関心を持つし、同時に依存し、また影響されやすくもあるのです。そこが安定していないと全部が不安になるような…。心理的に依存しやすい場所と考えることもできるんですね。なので私達は日常的に月を満たすことは大事なんです。新月の時には自分を癒しましょう♪そして新しいパワーを受け止めましょう。


水瓶座9度のサビアンシンボルは
「鷹に変化する旗~A flag tuened into an eagle~」です。

鷹は能動的に飛び出していく行動の意志を象徴し、旗は無機質な、それでいて法則的に記された記号を表しています。何かの記号や印でしかなかったものが、意志を持って実際に動き出すことが表現されています。

f0377740_01212475.jpg水瓶座は自らの感情で動くことの少ないサインです。広い範囲を見渡し様々な情報を集めてそれに基づいて行動していきます。自分の好みだからとか、あの人が言ってたから、というその場しのぎの発想や流行、興奮では動かない性質。それはある意味とても機械的で、人工的な色合いがあります。人工知能的な発想ですよね。

そんな水瓶座の9度には、個人的な感情や感覚では物事を決めない、実行しなという水瓶座の哲学が書かれています。数あるデータや統計からまず綿密なシナリオを作りあげ、それに沿って現実を進めて行こうとするのです。

例えばアンドロイドロボット(でしたっけ?)の作成のような事かもしれません。言葉や表情やしぐさなど、考えられる全てのパターンをただの模型である人形に入力していくと、まるで現実での生き物のように活動を始め、組み込まれた予定に沿って動くものが出来上がります。自分の計算によってロボットが筋書きどうりに動いた時の達成感はプログラマーにはたまらないものらしいです。

私は一時期、アメブロカスタマイズやHPデザインで使うHTMLとかCSSなどの法則的な文字列の面白さにハマっていたことがあります(もれなく途中頓挫(-"-))。しかし一定の法則のある羅列を打ち込むことでデザインが意図したものになっていくのはとても楽しくて気持ち良かったです。大人のゲームって感じがしました。

このようにゴールを決めて設定どうりに展開させていく事を目指すのも水瓶座9度の世界だと思います。

鷲へと変身する旗が見える

この新月からの二週間、私達は自分の主観からではなく、上空から見渡すような視点で行動していく術を手に入れます。私達が新しい未来を創造しようとしつつ、それでも時々躊躇してしまうのは先のことは分からないし、それを乗り越える勇気を持ち合わせてないと思うからです。しかし先の事を見越して何通りもある可能性をキャッチし、全体像が把握出来ていれば、ピンポイントにそこで予測したことを実行していくだけ。特に勇気を出したり気合いを入れたりする必要はなく、ただただ法則に従って動いていくだけで良い。それが水瓶座的の哲学です。

例えば営業マンが新しい取引先に出向くとき、その相手先の事を色々調べておくはずです。今までどんな製品を買ってくれているか?または何がタブーか。その過程から推測される有効なプレゼンは?とか。また社長の趣味はどんなこと?どんな話が盛り上がりそう?など、情報を集めて戦略を練っているはず。

もちろん実際に現場に行ってみたら予測と違ったってこともあるでしょうし、思わぬ展開が出て来て即座に対応しなければいけないことも出てくるでしょう。しかし何の下調べもデータもなく行くよりはずっと安定感があるはずです。事前に色々な場面を想定して可能限りにシュミレーションを重ねておくのです。もちろんその数が多い方が万能となります。あとは目標に目がけて鷹を飛ばすだけ。鷹は自分の実行力の象徴です。

この二週間はそういった自分の中のコンピュータ機能を発達させるべく、シュミレーションして実行に移すということを意識してやってみましょう。物を売る場面であれば、自分が良いとおもうから売るのではなく、世の中を見渡して実際に売れているものをリサーチし、それに合わせたものを開発していくようなやり方です。

世の中を見渡せばもう答えは転がっている。そういった視点が水瓶座の飛ばす鷹の視点です。失敗したとしてもそのデータをまた組み込んで新しい統計を出して行けばいい、失敗も成功も自分のデータとしては同じように価値のあるもの。場数を踏む事で私達の中にいる鷹はますます万能に育っていきます。


syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧はこちらから】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)


by syuko-astrology | 2017-01-26 14:00 | ├新月・満月 | Comments(0)

適切な判断力を磨く@蟹座23度の満月



1月12日(木)20:35に月は蟹座の23度で満月を迎えます。

f0377740_17280079.png2017年はじめの満月、チャートを出してすぐに目に飛び込んでくるのは綺麗ぃ~なグランドクロスです(赤い四角の部分)

(太陽-月180度)のアスペクトと(木星-天王星180度)のアスペクトが交差して、この満月期、夜空は一層賑やかな装いを迎えそうです。

活動宮のグランドクロスは派手にガチャガチャと動き回ります。躍動感があり、忙しいことを楽しむかのような、そんなアスペクトなんです。

(木星-天王星180)については「ギャンブラーズトランシット」と呼ばれることがあるそうです。木星の幸運を信じる気持ちと天王星の変化や刺激を求める要素が合わさって、”一発当てに行く”とか”ここに賭ける”ような作用が生じやすいのだとか。この満月にはパチンコに出掛けてみようかな?^^(そーゆー意味じゃないと思ったり)

私が満月にギャンブルかどうかは別にして、(木星-天王星)は新しい発展力や冒険心などを表すアスペクトです。180度では新しい改革への意欲が一層強くなり、積極的に人に働きかけたくなる時期となります。牡羊座にいる天王星が新しいアイデアを持って来て、それを天秤座にいる木星が人に広げて行くイメージ。

そこに満月となった月や太陽も90度で巻き込まれるのですから、とても刺激的な数日となりそうですね。しかし月の感情としては落ち着きそうにもないのです。誰かのせいで脱線したり(月-木星90度)、ハプニングに巻き込まれたりして(月-天王星90度)イラっとくる場面もありそう。新鮮さを感じられる反面、振り回されて疲れやすくなることもあるのかな~と思います。その場その場で切り替えることが大事です!


さて、蟹座23度のサビアンシンボルは
「文学会の集まり~Meeting of a literary society~」です。

f0377740_19023609.jpg















世間から評価を受けているような著名な専門家たちが集まり意見を交わす文学会。培ってきた能力や知識を社会の為に活かそうという志のある人が集まってそこで文学的な作品について、また社会の動向などについて評価したり批判したりと討論している様子が描かれています。

感情的な好き嫌いによる批判精神は狭さや陰鬱さしか生むことができませんが、共感や共存から生まれる健全なそれであれば民族や集団の知的レベルを向上させるものとなります。特にここでに集まっている文学家たちは世の中の仕組みを良く理解しており、常識的な判断が出来る人ばかりです。

どんな所が素晴らしく、そしてどんなところが欠けているのか?などまだ明確に打ち出されていない世間の衝動を上手に言語化し時代を牽引していきます。起こりうる様々な可能性を検討し最善の策を引き出そうとしています。

文学仲間の会合

この時期私達に投げかけられるテーマとして、社会や家庭などの自分の属する共同体の中で、自分の意見を表明していく必要性に迫られるかもしれません。関わっている集団や環境との関係にただ飲み込まれるのではなく、一個人としての姿勢や意見をしっかり持つ事、そしてそれを上手に表現していくことなどが必要となります。

どんな関係にも、望ましい面と好ましくない面があります。この満月では自分を取り巻いている関係や環境についてもう一度、真剣に考えてみましょう。アスペクトの影響もあって家族や親しいつながりの中で違和感を感じることもあるかもしれません。その違和感を無視するのではなく何が問題なのかを自分の中で明確にしてみましょう。その上でみんなに最善の方法を考えていくのです。もっと良くする為にどんな方法があるのでしょうか?また、どんな言葉を使ってそれを伝えるのが効果的なのでしょうか?

感情的になってやみくもに関係性にヒビを入れてしまうのではなく、結果的に皆で笑い合えるような、そして高め合えるようなことをありったけの知恵や経験を使って考えてみましょう。それぞれの人間性、懐の深さが試される時期になるとも言えそうですよ。

…とわりと懐の狭い私が言ってみました('_')


syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧はこちら】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)



by syuko-astrology | 2017-01-09 20:14 | ├新月・満月 | Comments(0)

自分だけの楽園をみつける@山羊座8度の新月

12月29日(木)15:53に月は山羊座の8度で新月を迎えます。

f0377740_01295911.png今年最後の新月リーディングとなります。

ブログを始めたときに、基本的にはその時々で思いついたことを書くのだけれども、定期的に書く記事もやっていこうと思いました。で、新月&満月のリーディングなら月に二回だから私にも出来るかも!と始めたコーナーです。最近はサビアンの研究にもハマっているので自身の勉強や復習も兼ねて書いています。

この新月&満月リーディングは個人のホロスコープをリーディングするのとは手法が違うので、どうしても漠然とした、抽象的なものになります。もともとサビアンシンボルはその名の通り象徴でしかないのであって、言葉どおり読んだただけでは( ゚д゚)ポカーン…?なサビアンがほとんどですね(笑)。なので私たちが日常に落とし込むには、その言葉の背景にある意図を追求したり、その度数にどんな意味があるのか?何を表現しているのかを理解していく必要があります。その辺りを私なりに説明していければと思っています。

さて、山羊座8度のサビアンシンボルは
「幸せそうに歌う家の中の鳥~Birds in the house singing happily~」です。

山羊座の出戻り度数と言われる所です。自分の環境や居場所を嫌って離反していた鳥が、再び元の居場所に戻りそこで声高らかに歌うというもの。一度離れた共同体に再度戻って、そこで満足しながら過ごす様子が描かれています。

f0377740_01454449.jpg自分の決めた環境で頑張っても、思い描いていた成果が得られないと落胆し、一度はそこを離れたのですが、違う環境に身を置いたことで自分の居た場所の良さに気付き、今度はそこで充実した生活を送る事が出来るようになるという意味です。

山羊座は決まった場所、限定した場所に立つことを意味します。8度は力を溜め込んで集中していく度数。ここでは山羊座の表すどこか決まった場所において自分の経験や力を安定させて表現していくことになります。

かごの中の鳥、家で飼われている鳥というとどこか縛られたようなイメージもあるかもしれませんが、自ら戻って来て歌っているのですから否定的な要素はありません。鳥は外の世界も見たうえでこの家の中に立脚することを自分で選んでいるのです。

他の世界や環境を知ったからこそ、決められた狭い場所に戻れるということがあります。例えば日本の習慣などに嫌気がさして海外に行ってみたけれど、そこで改めて日本の良さに気付くようなことです。

始めから安全な家の中でしか生活していない鳥は、何かあるとすぐに見た事もない外の生活を夢見て不満を抱いたりもするのでしょうが、色々な世界を見て帰って来た鳥は違います。その家の良さも悪さもすべて知っているのです。そして自分がそこで何をすればいいか分かっているので安定感もあります。自分が決めればそこは楽園になるということです。

今回の新月では、上の象意のように、どこかに再び戻って活動するような事象が現れるかもしれません。または誰かとの関係性においてかもしれません。恒常的でつまらないと感じ刺激を求めて離れてみたけれど、少し距離を置いてみるとその人良さが身に染みて分かったとか…。

元サヤ的な意味が出てくるかもしれませんね。

人間関係の元サヤ?なら7か8ハウス。
仕事がらみの事であれば2、6、10ハウス。
自分自身の気づきだと1ハウス、
友人なら11ハウス、などかな。

自分のホロスコープのどこで新月が起こるのかチェックしてみて下さいね。

私自身はちょーどASC辺りでの新月です。
よーし、本格的にヨガの場所決めるぞー!^^





by syuko-astrology | 2016-12-27 02:26 | ├新月・満月 | Comments(0)

物事の優先順位を明確にしよう@双子座23度の満月リーディング


12月14日(水)9:07に月は双子座の23度で満月を迎えます。

いよいよ師走、街往く人の足並みもどこが忙し気に見えたりして…。私も毎年、この時期っていっちょ前に忙しくなるんですよね。用事が増えたり慌ただしくなるようで(無駄に)バタバタしている今日この頃です。

f0377740_23483682.pngさて、新月で受け取った太陽の意志を抱えながら月は成長して14日後に太陽の真正面に対座するのですが、満月の時期はこの2週間に考えてきたことや実行して来たことに対する何らかの結果や成果が出る時であると占星術では考えます。

これらはあまりにも短いサイクルですから、毎回人生を大きく変えるような決定打になることはあまりないのですが、それでも出生ホロスコープの天体とこの度数が重なる場合には、その人にとっては大きなターニングポイントになることがあります。

宇宙のリズムを意識して取り入れる為にも、毎回自分のチャート上のどこ(ハウス)で満月や新月が起こるのか?同じ度数の天体がないかどうか?などもチェックしておくと良いと思います。また、MCやIC、ASCやDSCなどに重なる時もその人にとっての重要なファクターになることがあるように思います。



さて、今回の満月、双子座23度のサビアンシンボルは、
「高い木にある巣の中の三羽の雛~Three fledglings in a nest high in a tree~」です。
f0377740_21003856.jpg双子座はもともと個人的な知性の発達を表しており、身近で細かい所の情報を扱っていく器用なサインですが、23度ではその情報を整理して優先順位をつける事。分類することがテーマになってきます。

双子座も23度になると情報や知識、思考などがパンパンに膨れ上がっている訳です。今まで集め過ぎて来た部分があって身の回りに雑多な要素が増え過ぎているので、ここで意図して高低差をつけることが必要になってきます。

まだ幼い雛は高い巣にいなければなりません。雛にとって地面は危険が多い場所です。地上にいればすぐに襲われてしまうでしょう。なので、外敵の来ないような高い場所にて安全に育てられるのが理想なのです。

これらの象徴が意味するのは、最も重要なものは何かと見極める事。自分の中で大事に育てなければいけない重要な目的は何なのか?を明らかにして、しなくていいこととしなければいけないことに高低差をつけることです。また23度ではそれが出来るということも意味しています。

占星術では双子座のこの辺りの度数を持っている人は神経が病みやすいと言われることがあります。それはあまりにも沢山の情報を扱えてしまうこと、神経的なテンションが高いので関心の対象がいつも多岐にわたり過ぎて自分の中で混乱を起こしてしまう性質などに起因しています。とはいえ知性がそれだけ発達できる才能を持っているということなのですから、痛めてしまうことなく純度の高い知性を維持し育てていきたいものです。その為には時々意図して仕事を整理していくこと、また分類したり情報の断捨離などをしていくことが大事になってくるわけですね。

最近集めた情報や首を突っ込んだことの中で、どう考えたらいいか?これをどう次に繋げて行けばいいか?という意識でいた人も多いと思います。一度にたくさん詰め込みすぎて飽和状態になっていたり、やりたい事が多すぎて面白いけど頭が混乱しそうな状態であったかもしれません。この満月では一度高い視点から眺めて客観視することをしてみましょう。つまり自分の優先したいことにしっかりとエネルギーを使うように意図し、他の雑多な事や無理なことは他人にお願いするとか、不要なものはいっそのことこの期に取り去ってしまうなどです。

満月ですから、外部的な要素として明確にせざるを得ない状況として現れてくることも多いと思います。その時は無理をせず、流れに身を任せて色々なことを軽くしていきましょう。自分にとって重要な事柄であればまたいずれ関わる機会が出てきます。双子座は行ったり来たりしながらまた同じ場所にも返ってくる性質を持っています。この満月においては何事も広げすぎず焦らずに構えておくことが結果的に良い運びをもたらすこととなりそうです。


syuko☆

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

by syuko-astrology | 2016-12-09 23:11 | ├新月・満月 | Comments(0)

考え方の変化と新しい力の誕生@射手座8度の新月


11月29日(火)21:18に月は射手座の8度で新月を迎えます。

f0377740_00151697.png月は私達にとって一番身近なもの。宇宙との繋ぎの役目をしていて、エーテル体=身近なスピリチュアル情報を受信する機能でもあります。何となく心地よい、または嫌悪を感じるとか、雰囲気が好き、または気に入らないなどの、言葉にならない感覚が起こるのは見えない情報やエネルギーを察知して自分にとって安全なものかどうか?ということをいつも取捨選択しているからです、無意識にではありますが…。

そんな神秘性を持つ月のサイクルを意識して日常に取り入れていくことは自分のインスピレーションを高めるレッスンになると思います。また願望実現のためにもこの宇宙サイクルは役立つのではと。

今日の世界に存在する色々なもの、現代で当たり前になっているものも、元は見えない誰かの願望やイメージが形になったものです。そんな産物はこの世には沢山あって、いつも私たちの周囲を取り巻いています。

現代人にとって目の前の現実に集中し生きることはもちろん大事なのですが、形になる前のアイデアや可能性、宇宙の意志が広がっている空間、そんな所にもたまには想いを馳せてみましょう。きっと世界が広がるはずです。 ^^


さて、この29日、月は浄化や内省のサイクルを経てまた新しいスタートに立ちます。次に受け取るテーマはどのようなものか見てみましょう。


射手座8度のサビアンシンボルは
「岩やその内部で形成されているもの~Rocks and things forming therein~」

f0377740_00073201.jpg















射手座は(火×柔軟)で、摩擦を繰返しながら向上していくサインです。色々な人と意見を交わしながら、時に反発し合いながらより良い思想を求め、人生の意義を探究していきます。

8度には自己や状況をコントロールすること、力を蓄積していく意味がありますから、ここでは色々な考えや意見を自分に取り込み、深い所で混ぜ合わることにより、新たな自立したエネルギーを生み出していくことを表します。そしてその試みは自分の価値観を大きく変容させるということを言っています。

大地の奥深くで新しい元素が形成されつつある

自分の考えや価値観とは異質なもの、時に反発したくなるような要素などが、実は知らない内に自分の奥底に入り込んでいて変化が起こっています。もちろん取り込んできたのは自分自身。それらを血肉にし、新しいエネルギーに変えていこうとしているのですが、無意識の部分なので外見の変化は分からないのです。自分でもそれには気づいていません。

果たしてどんな道が、いったいどんな考え方が正しいものなか?それを探るために今まで色々な知識に触れたり、意見を交差させたりして私たちは戦って来ました。しかしここではどれが正しいとか間違っているという極端な思考からは解き放たれていきます。今までのように渦中に入って騒ぎてたるでもなく、じっと見守ることができます。なぜならば今までの葛藤はもう自分の養分、血肉になってしまっているからです。今までの色々な要素を練り合わせて自分の中に新しい力が形成されるのを知った時、今までの自分の行動や葛藤はけして無意味なものではなかったことを確信します。

人が何かについて真意を探究するとき、人生上で自分のスタンスを明確にしていくためには、あらゆる既存の可能性に対して疑問を投げかけたり、その一つ一つと戦ったり、吟味して行く真剣なプロセスが必要だと思います。しかしそれゆえに私たちは常日頃、善悪ということや正しい&間違ってるという考え方などについて議論しがちで、それに振り回されて不安を感じたり、状況の不安定さを生み出したりもしてきました。

ここではそんな今までの自分の価値観や考え方に内側から強い変容が起こると捉えても良いかもしれません。物事にはそもそも正邪や善悪もなく、優劣もない。それらをどう捉えるか?という自分の視点や応用力こそが世界を創りだしているのだという原点にもう一度立ち返るようなことです。つまり自分という個人は、正しくても間違っていても結局は他者の色々な要素を混ぜ合わせて形成されているのです。そしてその中に異質なもの、反発する要素も取り入れているからこそ、そこから自分らしい価値観が生み出されるのであって、それは人生を自立させるもの。この世を生き抜いていく強い活力となるものなのです。


この”新しい力の誕生”がどこのハウスで起こるかをホロスコープ上で確認してみましょう。


ちなみに私のホロスコープでは射手座8度は11ハウスにあります。
ここは未来ビジョン、サークル、友人などを表す部屋。

端的に見ると新しい友人との出会いの機会があるのかもしれません。しかしそれは共感で始まるような、なれ合いな関係ではなくて違うことから始まるようなもの。異質な意見を持ち寄ってお互いに刺激し合い、成長をもたらすような関係であるとも考えることが出来ます。そしてそれらの出会いを通じて自分に深い部分から変化が起き、その後の視野が広がっていくのだと見る事も出来るでしょう。


是非、そんなことを意識しながらこの新月期を過ごしてみて下さい。
今後のあなたを大きく成長させるための新しいきっかけがあることでしょう。




  ↑
どちらかぽちっと464939☆
  ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

by syuko-astrology | 2016-11-25 13:45 | ├新月・満月 | Comments(0)


最新の記事
タグ
最新のコメント
> リサさん 確か..
by syuko-astrology at 12:01
shukoさん、こんにち..
by リサ at 09:10
> リサさん 天体..
by syuko-astrology at 10:51
shukoさん、こんにち..
by リサ at 09:17
> シャタビシャさん ..
by syuko-astrology at 21:47
記事ランキング