Syukoの星読みブログ


占星術の世界から様々なメッセージをお届け♪満月&新月の星読み、サビアン、ホロスコープのお話しなど色々綴っていきます。
by Syuko
カテゴリ
ライフログ
最新のコメント
はじめまして! 私も1..
by さくら at 21:56
私の母親が冥王星と月が1..
by 通りすがり at 15:02
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 18:54
Syukoさん メ..
by miyu-ka_dreamy at 17:43
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 16:01
検索
外部リンク

トランプ氏のホロスコープ


今更ネタではありますが
ドナルドトランプ氏のホロスコープを…。
(データはネットで拾いました)

ヒラリークリントンがそのまま獲るのかと思いきや、
まさかのトランプってことで世界がざわつきましたよね。

私個人としてはヒラリー押しでした。
理由は大好きな親戚の叔母に似ているからです。
ま、人間の動機なんてそんなもんですよ(爆

f0377740_13280602.gif































それにしてもアメリカの大統領になるってことは、
世界を率いるリーダーになるという事でもありますから、
彼がどんな人なのか?は気になるところ。

まずは出生図を見ていくとしましょう…。
f0377740_14145792.jpg
性格や元々の本質、素の姿を表す月は射手座で4ハウスに。自由奔放に色々な冒険をする幼少期、家族に囲まれて伸び伸びと育つ様子、幼い頃から高度な教育を受けていたイメージのある月です。知識欲も旺盛で自由に行動していくタイプ。4ハウスは家や地元、家族的な人がいる場所を表しますから身内的な人との繋がりの中で伸び伸びと動き回りながら知識や教養を身につけてきたと読む事ができます。

人生の発展力や長期的なビジョンを表すのは太陽ですが、これは双子座で10ハウスの終わりごろにあります。10ハウスは社会的な経歴を作る部屋です。公での自分の立ち位置や肩書の場所。ここに双子座の太陽があるという事は、自分の知性を使って社会的な経歴を築くということ。双子座なので色んな事業に手を伸ばします。双子座は風の柔軟サインなので器用でマルチ、自分が面白いと思えば色々な事に取り組みます。

この月と太陽が作る180度は自分の目標に向かって邁進するエネルギーです。対外的に自分をアピールすることに慣れていて、相手の反応を見ながらうまくバランスを取り、盛り上げていく事のできるアスペクトです。自分という自己を表す月が、公を表す太陽に盲従することなく自分をしっかりもっているということ。自分のしたい事ややりたい事がはっきりしており、人に認められる立場を持ちやすいとも言えます。さらにノード軸があるので多くの人を巻き込み影響を与えることに。180度は風当たりもキツイものがある、プライベートの月が思いっきり表に出ていくことになるからです。人の反対意見を受けつつ、認められつつ、関心をもたれつつと色々な風は吹いてくるのですが、でもそれを当たり前にやっていく、受けて立つようなそんな人生感覚になるのではと思います。

人生の到達地点のイメージは土星、色々な活動をしながら最終的にどこに辿りつくのかは土星で見ます。トランプ氏の場合は土星は蟹座で11ハウスにあります。蟹座は家族愛の強い身内びいきなサインです。また11ハウスは既存の社会生活を超えて、未来の改革に邁進していく場所。つまり自分の愛する集団の為に未来改革をしていく生き方がこの人の人生の到達目標になると見る事が出来ます。

さらにこの土星は金星とコンジャンクション(0度)していて、柔らかい蟹座の金星を守っている姿なんです。蟹座の金星を身内的な金星とみれば国家の資産をまもるはたらきとなりますし、人々の生活基盤や心理的な安心感とみればそれをがっちり固い枠で守ろうとします。お金のことや移民問題に言及しているのはきっとこの蟹座の金星土星なのではなかろうかと…。あ!水星も蟹座にありますからね。蟹座色の強い人なんですよね。蟹座は心理的な領域を守ることが得意ですし地元や祖国などの自分のルーツを大事にし、家族的な所にも熱心にエネルギーを注ぐサインです。

それにしても、トランプさんって年齢の割に
とても元気いいですよね?( *´艸`)

70才であんなはっちゃけた感じのパフォーマンスできますか?普通…。
一般的に見てもとてもアクティブなものを持っていると思ったり。

それについては、もちろん月や太陽が柔軟サインで、軽やかな所・好奇心旺盛な所もあると思うのですが、やっぱりパワーやスタミナといったら火星をみなくては、です。で火星の方はと言いますと月と120度、太陽と60度のアスペクト(調停)になっています。月という個人の資質にいつも火星からの熱いエネルギーが充填されているのです。そりゃ~あんた元気だわって感じですね。この火星は獅子座ですしね。そして太陽という推進力にも60度でエネルギーを注いでいますから、公私ともにテンション高めなタイプ。簡単に言うとかなり元気なおじさんって感じです。

さらに木星も月に60度、太陽に120度でおなじような調停のアスペクトになっていまして、この人の推進力や発展力を阻害するアスペクトがあまりないんですよね。やりたい放題に出来てしまうホロスコープの持ち主なのではないでしょうか。

さて、大きな人生の方向性や生き方は、月・太陽・土星が表しますが、実際の細々とした事や日常的な仕事は金星や水星で行うことも多くなると思うので、選挙前のイケイケな感じとは違う、ちょっと人懐っこくて庶民的な所があるトランプ像が見えるようになるかもですね。天秤座に社会発展の木星や希望の海王星などもあって意外とこの人、人の事情も考えてるみたいです(失敬)

当選する前、というか今でも?だけどこの人が大統領になるぞって事で世界がビックリしたじゃないですか( ゚Д゚)。なんか国によっては凍り付いてしまった政治家もいたそうで…、それはやっぱりこのひとって激しい発言を繰り返していたし、何をやらかすか分からない怖さってこともあると思うんですが、そんな方々に朗報かもしれないと思うのは、
f0377740_14151414.jpg
ズバリこの人、地のサインに天体がないタイプなんですよ。地の元素は物事を秩序立てて固めて、安定させる性質を表しているんですが、そこに天体がないってことは、形を決めない、枠にとらわれないってことで価値観が割と変化しやすい所があるのではと思うんです。決まりきった秩序には拘らないし物事を型にはめない訳だから、新しい考え方や提案などを受け入れる事もできるのかもしれないってこと。その分既存のものを守らないって面も出てくるかもしれないけど…。でも地がないってことは閉塞的になることを嫌うってことでもあると思います。だから決めたら変えないぞ、じゃなくて、状況に合わせて姿勢を変化させていく可能性も高いのではと。その点で交渉の余地はアリかなーと思ったり。

もともと太陽や月も柔軟サインですから方針は変わる可能性があるんですよね。あんまりコロコロ変えられちゃーまずい事もあるでしょうが、良くも悪くも相手を見ながら路線変更していくような感じ。あとは周りのブレーンや部下などの影響次第でしょうかね、一人で仕事するワケじゃないので。

それと今プログレスの太陽が、柔軟サインの乙女座に入ったばかり。ちょうどASCを通過中なので、この太陽の獅子座から乙女座への移行は彼の人生観を大きく変えてきます。ASCですからなおさらキャラクターも変わってくると思います。

今までの派手でイケイケパフォーマーの獅子座時代から、地味で実直で可憐?な所がある乙女座時代に変身!するのです。それは機械がバシッと切り替わるように「じゃ、今日から乙女座になるわ」ってな変身ではないんですが、それでもこれからじわじわと乙女座系のスタンスになっていくと思われます。

実務家で腰の低い所のある、調整能力のある乙女座になっていくんだからあまり無茶なことはしないのではなかろうか?…てことがなんとなく安心できる要素です。しかし乙女座には防衛機能もあるからして守りに入るような、政治では国防対策的な要素も出てくるもしれません。TTPも気になる所。

気持ちを掴むところから外交は始まるっていうけれど、トランプさんは特に蟹座が効いているチャートの持ち主なので、まずは心理的な距離を縮めること。なんでも話せるような関係を築くことが出来るといいですね。蟹座の金星には食事デート作戦は良いんですよ。しかも家に呼んだり呼ばれたりは親密になれるサイン。食事しながら仲良くなる作戦、懐を掴む方法はとてもGOODだと思います。

まあ、実際に始まるとどんな感じになるかは分かりませんが、彼もやっぱり「時代が選んだ人」な訳です。今後のアメリカの発展、そして世界や地球規模での人類の進化に力を貸して頂きたいと思います。
f0377740_21582749.jpg

(※出典:
Wikipedia
私はこの人を見るたびに我儘をいって手足をバタバタさせているライオンを想像してしまいます( *´艸`)。彼のASCは獅子座の数え30度で「開封された手紙 A unsealed letter」というサビアンシンボルなのですが、やけになったライオンに見えるのは私だけなのか…。

獅子座の最後の度数は自分の持っているものをとことん吐き出す性質を持っています。派手な表現やインパクトを付けるのも上手いので、人前に出る事や広報などには最適な度数と言われています。

血気盛んで大げさで時に暑苦しい、だけどなんとなく面白くてエンタメ性のある人。これがこの世で表現したい彼の魂の計画なのだとしたら、その個性を最大限に発揮したら次は大統領になれちゃったって感じでしょうか。うーん、( ゚Д゚)どこまでもマルチですなぁ…。



以上、勝手にホロスコープ読みのコーナーでした。



  ↑
どちらかぽちっと464939☆
  ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

[PR]
# by syuko-astrology | 2016-11-20 18:42 | ├ホロスコープ | Comments(0)

火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)


今日は火の元素を持つサインについて取り上げてみたいと思います。

火のグループは2区分では男性的サインで、能動的、外交的な方向性を持っています。さらにこれを3区分で分けると牡羊座(活動)、獅子座(不動)、射手座(柔軟)という、3つのサインができます。

火の元素は総じて情熱的でエネルギッシュ、興奮して熱くなったり
高みを求めてさらに上へと上昇していく性質を持っています。
これらを踏まえてそれぞれのサインの特性を見てみましょう…。



★牡羊座(火×活動宮)自己を形成する領域
一年の始まりを司る春分から始まる牡羊座は、物事のスタートや新しい取り組みを意味します。初めての事や前代未聞の事に挑戦し、色々な体験をしていくサインです。牡羊座は混沌とした宇宙の海から飛び出してくる勢いを持ったエネルギー、純粋でパワフルな魂そのものです。「自己形成領域の火」ですからとにかく自分が燃える事、行動していくことが大事です。自家発電する牡羊座の火は常に新しいものを探し果敢に取り組んでいきます。熱くて勢いの良いもの、先頭を切っていくものなどが牡羊座のイメージです。ロケットダッシュ、電光石火。一回一回の勝負は得意で、勢いの良さでは周囲に負けませんが、同じ状態を維持させるのは苦手です。短期集中型、一発勝負型と言えます。牡羊座の特性は何といっても「始める力」です。とても原始的で本能に従ったピュアな飛び出し力。停滞に火をつけ物事に動きを出していきます。

★獅子座(火×不動宮)自己と他人との領域
獅子座は不動の火、固定された火です。姿勢の変わらない継続的な燃え方をするので、自分が好きなもの、夢中になれる事をずっと同じスタイルで続けていくことになります。気に入ったもの、テンション上げて熱中できるもの、多くは創造的な事柄(趣味性・創造性・芸術性)に向かいます。獅子座は領域分けでは「相手がいることを意識した領域」の火ですから、自分で単独に動ければ気が済む牡羊座と違って、自分の世界に周囲を巻き込まなくてはなりません。自分の持っている情熱や興奮を人にも注ぎ、影響を与えていくのが獅子座の役割なのです。「あそこに行けばいつも楽しい」という場所がある事や、「あんな人になりたい」と言う憧れの人物の存在があることは人に夢や元気を与えます。燃え続ける火のように堂々とした生き方で周囲を魅了していくのが獅子座。なお、何かに継続して取り組むのは得意ですが新しい要素を取り入れたり変化していくことには抵抗します。

★射手座(火×柔軟宮)自己と社会の領域
射手座は柔軟の火、変化しながら上昇していく火です。また射手座は「社会を意識する火」ですから相手や社会の反応を考慮してその質を上げて行く性質を持ちます。色々な試みを繰返しながら上昇していく火は、その熱量を拡大させる事(意欲を引き出す)や高い場所に引き上げる(向上心)事を意味していて、相手のやる気を引き出す先生のようなイメージを持ちます。自分の情熱や意欲を使って社会に貢献できることを目指します。また柔軟の火は相手の反応をみながらその熱量を加減することができる特徴もあります。ちょっと火をつけて欲しい人には少しだけ、大きく上昇したい人には高度な火を提供するというように変化が自在です。射手座は「洗練された火」で、色々な考えや意見に耳を傾けながらより良い姿を模索しています。変化しながら揉まれながら火の質を高めていくのです。


-----------------------

私が占星術を始めた頃に参加した講座の先生は、
これらの火のサインを色々な先生のタイプになぞらえて教えてくれました。

牡羊座は人がついてくるとか来ないを気にせずに自分が飛び出していくタイプの先生。豪快で荒々しい面もあるがその勇敢さや行動力を見て生徒は勝手に育つ、学んでいく。探検が好きな先生はいつもどこかに行っていて教室にはあまり来ない。で、急に現れたりするので驚くことがある。

獅子座はいつも生徒に囲まれている、人気のある先生。自信に溢れこだわりを持った生き様がカッコ良くて、その先生に近づきたい一心で、いつも教室は一杯。冒険家として数々の勲章を手に入れて来た先生はみんなの憧れの存在。

射手座はやる気スイッチに火を付けてくれる包容力のある先生。冒険の仕方や探検のノウハウを教えてくれる。生徒は地図の作り方や海外の知識を通して人生の意義や思想を学習していく。他にも教室を持っている先生はあっちに行ったりこっちに来たりと忙しそう…。


他にも色々なイメージは出来ると思われますが、
それぞれの性質の違いを比べるのに
参考にして頂ければと思います。(*´ω`)



[PR]
# by syuko-astrology | 2016-11-20 02:02 | 西洋占星術 | Comments(0)

12サインの領域


今日は「サインの領域」についてお話ししてみます。

これはそれぞれのサインがどんな段階を意識して発展していくのかを知るのに、
12サインを色々な数の法則で分割し考えて行く方法です。


f0377740_23453280.jpg■二分割
12サインを前半と後半の2つに分けて考えます。前半の6つのサイン(牡羊座から乙女座)は個人の能力を育成することを目指します。牡羊座という魂が地上での肉体を持ち、言葉を使うようになり、喜怒哀楽を発達させ、自己表現力を身につける、そして社会デビューに備えて自分を訓練するところまで。

後半の6つのサイン(天秤座から魚座)は社会的な能力や資質を育成することを目指します。天秤座からは知らない人との交流や関係性が始まります。考えの違う分野や構造の中でどう自分を活かしていくかについての可能性を探索します。

■三分割

f0377740_23445837.jpg12サインを(火地風水×3)で考えます。

最初の火地風水、牡羊座~蟹座は「私の火地風水」自分自身の資質を開発することにフォーカスしています。まず自分自身にある資質や能力を開花させることが大事。可能性を探究し才能を引き出す、色々な技能を身につける、また家族的な愛情に触れながら自己を形成していく段階です。

2番目の火地風水は獅子座~蠍座。「私とあなたの火地風水」です。自分以外の存在を意識し、自分と他者の個性や事情を考えながら、より良い関係性を形成していくことに焦点があります。自分とは違う存在と触れることで新しい考えや価値観を見出したり、相互するエネルギーによって変容したりして自己の器を大きくしていきます。

最後の火地風水は射手座~魚座まで。ここは「私と社会の火地風水」。自分と他者と、それから社会、大きくは宇宙、人生自体について総合的な理解をし、自分が公の中でどんな貢献をしてどんな在り方でいるか?という俯瞰的な価値観を身につけます。


f0377740_23465969.jpg■四分割
12サインを(活動・不動・柔軟×4)で考えます。

1番目の3サインは個人の能力や資質の育成、二番目の3サインは感情や人間性の育成、3番目の3サインは社会性の育成、4番目の3サインは人間としての総合性を手に入れることをテーマにしています。

数字の1は始まりなので最初の3つのサインは個人としての始まりや基礎を意味します。数字の2は相対性で自分に対して反応する相手があることを表します。

同じく3は生産性で社会において何らかの結果を出していくような協力関係がテーマ、4は安定・定着を意味する数字なので4つ目の3サインはこれまでのサインの資質が総合的に完成し、定着することをテーマにしています。




占星術は自然界の数の法則を使う哲学体系です。
この領域分けでもホロスコープを色んな法則で区切ったり分けたりして考えます。

それによって12サインの意味や性質への理解が深まっていくのですね。


以上、サインの領域についてのお話しでした。


[PR]
# by syuko-astrology | 2016-11-17 03:03 | 西洋占星術 | Comments(0)


最新の記事
以前の記事
タグ
記事ランキング