Syukoの星読みブログ


占星術の世界から様々なメッセージをお届け♪満月&新月の星読み、サビアン、ホロスコープのお話しなど色々綴っていきます。
by Syuko
カテゴリ
外部リンク
ライフログ
以前の記事
検索

水星をこねくり回す、秋の夜長かな(詩人風♪)


すっかり秋の気配となり岡山も長袖必須になって参りました。

秋ってかなり好きな季節です。身が引き締まり「しゃん」とする気がするから(けして痩るということではない)。そして神経が研ぎ澄まされる感覚がある。ACS(アセンダント)が山羊なので寒い季節が体質に合っているのかもしれません、いや分からんけど。
f0377740_22554915.jpg












今日は水星をこねくり回すということについて書いてみようと思います。誰しも「あぁかな~?」「こうかなぁ~?」などと頭で色々考えることがあると思いますが、ネイタルチャートにおいて水星が牡羊で逆行していて、さらにアスペクト過多の私には特にそういった傾向が強い。

普通の水星(順行)なら一度で通り過ぎる所を何度も繰り返し考えるので、なかなか次に行かないのですよ。再検討、再調査が入るから「ああでもない、こうでもない」とこねくり回すんです。文章でも何度も書き直したり確認したりで思うようにササッと行かない。だからこのブログも水星トレーニングの一環として始めた所がある訳です。

さらに水星のアスペクト過多ということは考える時に色んな天体と繋がるという意味なので(私の場合は火星・土星・金星・木星・海王星・冥王星などなど(*_*;)、この要素も入れよう、あ、こっちのことも書こうと色々付け足される。どんどんややこしくなっていくんですよね…。自分で勝手にやってることですが脳がとても激しく疲労します。で時々フリーズしてみたりメルトダウンしちゃったり。

でこれをね、クリニックなどで相談するとだいたい投薬療法を勧められることになるのです。薬使って余計なこと考えないようにしましょう&脳みそ休ませましょうという方法なのだと思いますが。特に私の場合は脳を酷使する事で身体が痛い・動かないという症状に悩まされていて、病院周りをしました。で、この夏に実はアスペルガー&ADHDだったことが分かり、過集中を緩和する為にと薬を勧められていました。(そのあたりの経緯はこの辺りに→http://miracle9.exblog.jp/26281348/

確かに飲み始めは脳が落ち着いた感じがしました。いつもより静かな感じ。無駄なことを考えないのでサクサク動けるし、特に仕事などでは効果を実感したように思います。

でもね、慣れてくるとやっぱり面白くないのですよ、脳をこねくり回せない感じが…笑。
考えないことがつまらない、なんだか面白くないのです。

それでそういった薬に頼らずにサプリなどを代用することにしました。いわゆる脳疲労に効くサプリってやつを^^
今試してるのはビタミンB6や葉酸などなんですが、かなり良いです。脳に体力がつく感じします。あとは食事などもいちお気を使っています。

そしてまた賑やか脳が戻ってきた。妙に懐かしく嬉しい。
エンドレスに色々な考えや妄想が流れているけれど、やっぱりこれに慣れてる。

まあ、薬のおかげで「シーンとした脳の状態」がどんな感じかも体験することが出来きました。普通一般!?とされる脳の使い方ってこんな感じなのか~?ってことを現代医学のおかげで疑似体験することが出来た。(本当にそうかは別として)

こんなことがあって思うのは、やっぱり人は皆、自分のホロスコープをしっかり使いたいんだな、ということ。どんなに偏ったチャートだろうが乱雑なアスペクトがあろうが、やっぱり自分のホロスコープが一番なんですよ。

水星のテンションが高く逆行でもある私は、よくも悪くもやっぱり水星を使いたいのだと思うのです。こねくり思考や情報過多気味にこの世を楽しんでいきたい。

水星こねこね、ああでもねぇこうでもねぇ思考は楽しい。
たとえそれが無駄な事であっても何かにならないとしても
こねくり回すこと自体がやっぱり楽しい…。

(水星-木星-海王星)あたりは注意力を散漫にさせますが、同時に豊かなイマジネーション(ただの妄想多し)への世界に招待してもくれます。水星を使って非日常やあっちの世界に繋がることも楽しめるのです。

(水星-土星)はチェックが厳しくてなかなかOKをくれませんが、散漫になった情報の中から今必要なものを絞り込むときに力を貸してくれます。イメージの世界に傾き過ぎないようにバランスを取ってくれたりもする。

(水星-冥王星)は時に私の脳をメルトダウンさせてくれますが、同時に集中力も授けてくれます。これ知りたい!と思ったときの積極性は自分でも驚くものがあるのです(そのかわり興味のない事には一切アンテナが向かないけど)。冥王星がくっついた水星は「知るまで許されない」という一種の強迫観念に取りつかれているようで、そこで遊んでる回路が(水星-冥王星)。


なんにでも長所短所があるものですよねぇ。

私はこれからも水星を楽しんでいこう。無理にその動きを抑えるのではなくうまく総動員していく方法を考えていこうと思っております。(でまた考えることになるとね…( ;∀;))


それにしても今日は月が綺麗です。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

# by syuko-astrology | 2016-10-17 23:22 | ■ブログ | Comments(0)

小池百合子氏のホロスコープ


都議会おじさま達の態度急変180度な件。

蔓延の笑み&ニギニギ握手、近すぎるツーショット撮影。
ちょっと気持ち悪かったです、そして面白すぎました…。

「このままじゃ俺たちゃハブられっぞ!」
みたいなことになっているのでしょうか…。

どんな仕事もそうだけど、どこに所属し誰と携わるかは大事ですよね。人間はみんな何かに、どこかに所属して生きている。誰と共に歩むか?活動していくかは永遠のテーマ、特に政治家ならなおさらのこと。

f0377740_23023263.png「どこかの集団に属し活動すること」これは占星術では山羊座と蟹座のラインで語られるテーマです。

山羊座は「集団の形」について追求するサイン、同じ枠組み(組織)に所属している仲間。同じ現場で仕事をし結果を出していくことが重視されます。それに対して蟹座は同じ志を持った者達で活動するサイン。外枠も大事だけれど何より中身の「気持ちの繋がり」を大切にします。

外側を同じにするか内側を同じくするかの違い。でもこの2つは対であり切り離せない集団軸です。志を同じくして良い結果を出していくこと、この両方が出来てこそ最高の仕事になるのだから。


都知事になった小池氏の太陽は蟹座(23度)、ここに感性や美意識を表す金星や改革意識を表す天王星も入っている。他には獅子座に2天体(水星・冥王星)、天秤座に2天体(土星・海王星)、それから蠍座に火星があって牡牛座に木星と月がある。(出生時間不明なので月は推定)

火2、地2、風2つ、水4で4元素全てが揃う価値観バランス型、やや水優性。
2要素は4対6でやや女性エネルギー優位、物事の継続や管理に向くタイプ。
3区分は活動宮5、不動宮5、柔軟宮0、信念が強く人に影響されない、軸がぶれない。
その反面合わせられないとも言える、いずれにしても優柔不断とは無縁の配置。
決めた事は必ず実行する、そして諦めない、粘り強く進む。そんな印象を受けますです…。

表立って活躍している人のホロスコープを見ると、どんな星の使い方をしているのか知ることが出来るのでとても勉強になるのですが、こういう例題は残念なことに生まれ時間が分からない事がほとんどです。なので月の正確なサイン&度数やハウスが考慮できないのが残念。中でも太陽が何ハウスにあるか?は特に知りたいところなのだけど、まあ仕方ない。判明している材料の中で私なりに考察していきたいと思います。



・蟹座的特色
蟹座は活動宮。決めたことは必ず実行、積極的な事業展開が得意。まずは身内から固めその勢力を外側へ拡大していく。蟹座は水のエレメント(4元素)なので自分と似たものを呼び込みくっついて巨大化していく性質を持っている。そうやって自分の活動しやすい集団を作り上げていくことは蟹座の最初のテーマ。

蟹座には時に排他的。同じ志を持てない者、活動を共に出来ない者に対しては厳しいことがある。活動宮なので自ら働きかけていくのだけれど、もし相手が拒否する場合や仲間ではないと判断した場合、徹底的に拒絶することがある。しかもそれはヒタヒタと雰囲気的に実行される…。気づけば外に放り出されていた、なんてことになる訳でそれが蟹座の怖い所でもある。気持ちが通っていないのなら仲間ではない、一緒に仕事なんてできないという強い蟹座的思想がそこにある。集団は枠組があるから集団と言うのであって皆がバラバラでは意味がない。政治の世界でも派閥はつきものだけれど、蟹座は特に気持ちの一致、仲間意識に敏感なサインなのである。

一口に集団や仲間と言っても色々な規模がある。一番身近で小さな集団や仲間は家族、次いで地域や学校・会社、社会など。もっと拡大すれば国家全体が集団、それからアジア、地球、宇宙…、と集団という概念はその人によって様々。小池氏は東京都のリーダーであり同時に日本の顔でもあるのだから異論を唱えたおじさま方は以降一切受け付けません、出ていけー!という心の狭い蟹座ではないだろうと私は思う。過去に反対派であったとしても今後東京を良くする為に協力するとなればまた同士として迎え入れる度量があるのではなかろうか?おじ様達頑張ってちょーだいね~♪

また蟹座には「庶民的」とか「生活第一」「安全を守る」というキーワードがある。蟹座の水は活き活きした生活の水、蟹座にとって環境汚染や水質問題は絶対タブー!(OKな星座もないが)。特に庶民の日常に関わる食品や飲料などの安全性、子供の養育問題、住みやすさなど、身近な生活環境を整えるのは蟹座の第一の役目なのである。

こう考えると予算オーバーしようが何としてでも安全性の追求を第一に掲げていくのかもしれない。安全性についてのライン引きは蟹座にとって重要問題。しかも小池氏の場合は柔軟宮がないので状況に合わせて変化対応するということがなさそうなのだ。お金がない状況になっても(今も足りないが)「金額は言うとれん、安全の為なら予算に糸目はつけんのじゃ!」てなことになりそうで遠方の岡山市民ながらちょっと予算的な心配はある。

しかし他者の意見を聞いて比べ判断する天秤座があるから大丈夫か。ここには正しいジャッジを下していく土星も入ってるから固い所でもあるから。専門家からのヒアリングはこの人が政治を行って行く上で重要なポイントになるでしょうね、いかに情報や意見を集める事が出来るか。情報判断により将来の明暗が大きく分かれていくから大事なポイント。


・水星-冥王星0度
獅子座にて水星と冥王星がコンジャンクション。堂々とした振る舞いと確信を突く言葉、説得力。人に影響を与える力と表現力に深みあり。この人の発言や仕事は他に大きな影響を与えていく。また、知性や言葉を司る水星と冥王星とのアスペクトは鋭い分析力と徹底的な調査力などを表している。

物事をとことん調べたい、裏側を暴いて真実を知りたい、言葉で他者に影響を与えたい、知性を使って力を手に入れたいという(水星-冥王星)の本能は0度では本人にとってはいつも当たり前の知性の使い方。そうしようと意図しなくとも仕事の仕方が自然にそうなっていく。この人の仕事の仕方はいつも全力投球。徹底して追求していくはたらきをする。

またコミュニケーションを通して人を感化し相手の考えを変えていくことができるアスペクトでもある。NOと言っていた人をYESにひっくり返してしまうとか。冥王星がかかっている水星の言葉には説得力があってそれは人を変えていく力を持つ。

・冥王星-木星90度
この組み合わせは権力に関わるアスペクトでまたの名をキングメーカーと言う。社会的な事柄や水面下でのパワーゲーム、力関係に敏感な配置で社会に大きな影響を与える人に多い配置。権力者との縁が強く人望を集めやすい。自分が権力者になればダイナミックに社会を作り変えようとする。しかし90度は自分がトップになるまでは実力があっても無視されるような不当な扱いを受けることもある、社会への影響力があり目立ってしまう為に成長段階では目上に睨まれたりすることが多いのだ。その一方で時を得れば過剰な贔屓や応援をされるといった出方をすることもある。90度なのでそのあたりは極端だがいずれにしても権力に関わるということ。社会的な態度で出ると媚を売らない、長いモノには巻かれない、目上に物怖じしないと言った所かと思う。

・月-火星180度
月と火星は女性を強くするアスペクトで、いわゆる「独立した強い女性&戦うキャリアウーマン」のイメージ。月なのでもともと性格的に強いものがある、男顔負けのバイタリティー&精神力が備わっているということ。恵まれた勝負強さも。また、180度なので火星的な要素を自分から取りに行く意味もあり根っからの負けず嫌い。そして「女性は強くなけれは(女性は本来強いものなのだ)」と言う感覚の持ち主。

外へ自分を主張することに意欲的でその時の勢いが良い。また、火星のような相手(自分に挑んでくる荒い人)と対等に向き合えるという要素もあり、これはトラブル解決や議論勝負などにも長けていると思われる。

しかもこの月の近くには木星もいるからこのラインはかなり強力で何があろうとめげない気性、そして仕事に意欲ある活動家のアスペクトなのであります。※いいな~私も月に火星が欲しかった(そこはソフトで)

月のサインが時間不明にて分からないのだれど、可能性としてはおひつじ座28度~おうし座10度辺りまで。ここでは12時で出したホロスコープどうりに読んでみました。本来(月-火星)だともうちょっとケンカ腰に、というか「熱くなり過ぎちゃった~」と言う興奮的な場面が見受けられてもいいんだけれど、そういったシーンがないようなので、月は牡牛座でいいのかなと思う。月が地のサインなら気持ち的な忍耐強さがある訳で、「シャーオラァッ、ムキー!」という牡羊座的な分かりやすい怒り方はしないからね、例えムカついてても…。それに声がや喋り方に品があるのも牡牛座的かなと思ったり。

でも分からない、実は牡羊座の最終度数ぐらいで熟した大人の戦い方が出来るタイプだったという可能性も十分にあります。それは太陽が水のサインなので、もし月が興奮気質で熱い物を持っていたとしても社会的な姿勢は柔らかく見えるということがあるのです。次に取り上げる(太陽-金星)のアスペクトの関係もあるけれど、あくまでも公では柔らかく華やかで強い水、蟹座スタイルで進むということになるので。

いずれにしても月の向かいに火星があると強い自我&女性像が作られる可能性が高くなります。基本的なものとして積極的に戦っていける資質を持っているということですね。

しかも蠍座にある火星はドミサイルと言ってとても強い。徹底的な根回しをして戦う、狙った獲物は必ず仕留める、執着心や底力、などなど戦闘能力がとても高い火星なのであります。


・太陽-金星0度
自己実現や人生を発展させていく時に、金星のソフトさ、つまり柔らかい気遣いや社交性が加わることとなります。可憐で女性らしい一面を持っていたり、脚光を浴びやすい人生。スポットライトが当たる事で太陽はますます輝きを増すようなそんな感じのアスペクト。金星は親和性がある温和な天体です。その金星が太陽のそばにあると自己表現の方法は柔らかくなるので、あまり尖った要素や強引な感じが少なくなってくる。平和的に展開していこうと言う動き方。

今トランシットの冥王星が来ていて権力と向き合ったり根本的な改革についてエネルギーを使っているのだけれど、ホロスコープみるとこの人自身が冥王星気質ではないとも言える(太陽や月には直接関わっていない)。ただ仕事のやり方として冥王星的要素(水星や火星)があり、細かい業務を進める上では徹底追及をしたり説得力として出るからそのあたりでちょっと物々しいような冥王星的雰囲気が出るというだけ。さらに現在はトランシット180度の影響が大きいと思う。

つまりもともとのこの人自体は社交性があり親しみやすい人物で平和的な解決方法を探る人だとも言える。自分の方針を貫くときにあまり尖ったことはしない、なるべくみんなで仲良くやっていきたいと。おじ様達をハブるようなことはしたくないんだと…(笑)思っているかどうかは分からないが、基本的には優しい人生観をお持ちの人なのではないかという事を付け加えておきます。

・太陽と天王星のこと
コンジャンクションと呼ぶには度数が離れているのですが同じ蟹座にあるのでサインアスペクト0度として読んでみます。天王星は反抗勢力、既存を超えて外に出て行こうとする天体です。自由を愛し拘束を嫌う、既存の枠組みや常識を超えて広い世界を目指していく、そんな改革衝動を表す天体です。この天王星が太陽と0度になるとどこにも属さないような自主的な生き方を目指します。自分だけのスタイルを確立し人とは違う生き方をする。(月-火星)もそうだけどこのアスペクトも独立精神や自主性が強いです、また自分を閉じ込めようとする集団から離れるという意味もあります。

太陽は蟹座で集団づくりを目指す。天王星は集団から離反していく。一見矛盾するような意味が並んでいる。蟹座なんだけれど集団には拘らない独立性も備えている、このあたり非常に興味深い。ベタベタしない蟹座ってどんな感じ?。普通の仲間とは違う仲間づくりってどんな感じでしょう。天王星が集団を創るとしたら何が大事になるのだろう?やっぱり理念か。

蟹座の天王星は、本来の蟹座らしくない集団を創るということなんだけど、例えば自分の本来の身内や家族とは縁が薄いけれど、外で繋がった他人様と身内的になり人生を共にしていくことになるとか。そんなニュアンスもある。

蟹座は人を育てることも得意だから政治家の育成などは上手なのだと思う。グループが違っていても政治を学びたいという情熱や共通点があれば、どんな人も受け入れ教育していくという天王星的な蟹座世界。ざっくり言うと他人の母親になっていくイメージ、そんな感じでしょうか…。


・まとめ&トランシット・サイン・サビアン色々
この人の社会活動を表す太陽を中心とした蟹座の3天体にいま、トランシット(後天運)の冥王星が180度になっています。このアスペクトは前回[n太陽とt冥王星]の所で書きましたが、自らが究極的な次元に入っていき徹底的な活動を展開していく時期です。冥王星的なこと、つまり何かの裏側にメスをいれるとか真実を追求することにエネルギーを注ぎますし、また冥王星が象徴するような権力者(しかも山羊座なので古い構造とか)に向き合ってそこに「死と再生」のエネルギーを注ぐという意味もある。相手を飲み込んで変化させていくのです、もちろん自分も刺激を受けながら変容していく。

180度はお互いに意見を出してより良くしていきましょうというアスペクト。

こうやって不要な物や間違った構造を解体して新しい形で再生する役目をこの人は受け持ったわけで、冥王星はまだ山羊座に今後8年ぐらいいますからこの間に時間をかけて根本的な改革が続くことになるのでしょう。オリンピックに向けての4年間とその後の4年間ぐらいですかね。

それからプログレスもちょっと見てみたんですが転機ではあったようです。選挙時にはP月のサインが乙女座にちょうど移行していましたし、P太陽も次のハウスに移行するタイミングだったみたい。まあ、これも時間不明なので予測でしかないのですが…。

こうやってホロスコープを見ているとやっぱり政治家向きの配置なんですよね。いや、政治家向きというホロスコープのパターンがある訳じゃないんだけど、資質として必要な要素を持ち合わせていると思うのです。で、こういった人がリーダーに選ばれたことには国としても大きな意味があると思います。私は政治的なことにはまったく疎いので小池氏の政治方針が正しいとか間違ってるのだとかは分からないけど、やはり選ばれること自体すごい事だし、さらにそれをやり抜く力を与えられているというのも何か大きな采配を感じる訳です。

牡羊座の私としては一人でも立ち向かう、やってやるぞ!という勇敢さに好感を持ちました。後押しがなくても一番ノリで立候補していくぞという姿勢。この人は本当に政治をやりたいんだなという純粋さと強さが伝わってきましたもんね。だったらやってほしいな、どんどん改革していってほしいなと。

蟹座23度のサビアンは「文学会の集まり」
色々な分野の有識者が集まり知恵を出し合ってそれぞれが持っている知識や価値を社会の為に役立たせようという意味。議論したり意見を戦わせたりできる有意義な場所づくりをしていく度数です。またこの人の話しや意見を聞きに色んな方面の人が集まってくるという意味もあります。政治塾は流行りそうですね^^





岡山も県知事選がありまして期日前投票に行ってきました。地方創生というキーワードは山羊座冥王星-牡羊座天王星という感じがします。岡山の魅力ももっと発信していきたい、もちろん占星術の面白さも…。


…という事で東京が、岡山が、
そして日本がさらに良くなっていく事を期待しつつ
私は全力で寝るのであります…zzz


有難うございました。






にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

# by syuko-astrology | 2016-10-16 01:56 | ├ホロスコープ | Comments(0)

自信と豊かさを受け取る@牡羊座の満月


f0377740_12425318.png10月16日(日)13:23に月は牡羊座の24度で満月を迎えます。

新月(前回は天秤座09度)で放ったエネルギーは2週間経った満月で一つの形となって現象化される。短所も長所も含めて全部の話しです。

こうやって身近な月のサイクルは毎月細かく繰り返されている訳ですが、月は私たちにとって一番身近に感じられる天体です。この月を通して私たちは宇宙と繋がっている、エネルギーのやり取りをしている…。

宇宙の流れに乗って進みたいと願うなら、まずは月のサイクルを意識して過ごしてみるのがお勧めです。


なーんて言いながら私自身はこうやって時々ブログでは取り上げるものの、日常的なあれこれに捉われて忘れいる事も多いです。 それでも何か特徴のある出来事や心境の変化などがあって暦を見直してみると、満月や新月のサビアンの象意とシンクロしていた…⁉なんてこともあるから面白いと。

もちろん皆に同じ出来事が起こる訳じゃありませんが、個人個人の中でサインやサビアンの意味を昇華して自分らしくどんどん進化していけたらいいと思っています^^





さて今回の満月、牡羊座の24度のサビアンは
「開かれた窓に風が吹き込み、カーテンが豊饒の角コーヌコピアの形になる」
f0377740_13232977.jpg
豊饒の角”コーヌコピア”はギリシャ神話に出てくる山羊の角のこと。この角の中からは望むものが何でもあふれ出ているという…。

まるでドラえもんの”どこでもドア”みたいで素敵ですね^^

豊かさの象徴としてよくインテリアや食器などにデザインされています。角の中から果物が溢れているような絵を目にしたことがある方は多いかもしれません。

サビアンでは窓を開けていたら風が吹き込んできて、カーテンの形がこの”コーヌコピア”のような形になるんだと。そしてそれは豊饒の女神からの贈りものが届けられたサインなんだよ、という内容が書かれております。



牡羊座は本来結果を気にせず行動していくサインです。成功するのか失敗するのかを考えず直感に従って自分の思うまま行動していきます。そして24度ではその牡羊座の純粋な活力は限度を超えて高まり、いつしか向こう側の世界へとその力をを押し出すことになるのです。結果を意識して活動した訳じゃなかったけれどそのエネルギーの大きさは何らかの結果が出ざるを得ない程に高まっているのです。


現実的な限界を突き破った事で今度はあちらの世界からその活動に合わせたものが返ってくる。これは”引き寄せの法則”の極意のような話でもあります、※引き寄せの本質とは自分が望むものを引き寄せるのではなく自分と同じ物が常に引き寄せられているということ。タイムラグによって自分が発したものが返ってくるのは基本的な宇宙法則の一つなのです。


前回の新月(天秤座09度)では色々な物に興味を持ち取り組んでみました。その時はなんで気になるのか、それにどんな意味があるのか分からなかったけれど、取りあえず自分を信じて積極的に関わってみたはず。しかしそこにはちゃんと意味があった。その答えがこの満月で向こう側の存在から形になって返ってくるということ。

窓辺のカーテンが”コーヌコピア”の形になる。

それは雲を見上げて「○○の形に似ているな~」と思うようなことかもしれない。
または何気なく目にした葉っぱの形がハートに見えたり
好きな人の顔に見えるようなことかもしれない。

鳥のさえずりがあのメロディーに聞こえたり、
誰かの何気ない会話が探していた自分への答えになっていたり。

”コーヌコピア”の角はどこにでも現れる。

360度方位の感性で風の世界から豊かな宝物を受け取りましょう。
そしてこの2週間で感じて動いたその直感が間違っていなかった事を知りましょう。

ここで得た感覚は今後の人生を支える自信となることでしょう。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

# by syuko-astrology | 2016-10-14 22:35 | ├新月・満月 | Comments(0)


最新の記事
タグ
最新のコメント
> ameさん そ..
by syuko-astrology at 22:22
> リサさん ある..
by syuko-astrology at 22:18
shukoさん、はじめま..
by ame at 01:04
syukoさん、こんにち..
by リサ at 17:57
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 14:40
記事ランキング