Syukoの星読みブログ


占星術の世界から様々なメッセージをお届け♪満月&新月の星読み、サビアン、ホロスコープのお話しなど色々綴っていきます。
by Syuko
カテゴリ
外部リンク
ライフログ
以前の記事
検索

冥王星とハウスの関係


今日は冥王星とハウスの関係について綴ってみようと思います。

占星術は私達が生きているこの太陽系や、そにある10天体を自分たちのエネルギーフィールドに対応させることで、そこから個性を見たり運勢を推測したりと、宇宙空間を個人空間に当てはめて考えていく学問体系です。例えば太陽系の中心は太陽ですがホロスコープでも内側から周囲に影響を広げて行くその人の生命力そのものとして考えています。中心となる生き方、輝き方、人生の展開の仕方など。

一方冥王星は太陽系のこちら側と向こう側の境界線に位置する天体ですから、占星術でもその人の中の限界を超えるか超えないかの最後の一線という感じで捉えられています。太陽系を一つの生命体(人体)と考えるならば、内部と外部の繋ぎ目のような役割をするのが冥王星だと考えるのです。

この冥王星が入るハウスについては
沢山の意味があると思いますが、
私なりに何点か特徴を挙げてみました。


●そのハウスの意味が壊れていて底無しの状態に
冥王星が入るハウスはその人の中で限度を超えた状態を表す場所と考えてみて下さい。人はそのハウスで底力を発揮して自分の限界を突破しようとしていきます。冥王星が入ったハウスに関する事柄については、平均的な構造というものは壊れていてごく一般的な、日常的な基準というものがありません。ぶっ壊れてしまっているからこそ底力が発揮できてしまうということ。その人にとっては上限下限の尺度が広くなって、ある意味怖いもの無しのハウスになっている可能性も。全てを飲み込んでしまう力がここで働いていると考えます。

●そのハウスの意味において極端な体験(破壊と再生)をする
自己の限界を突破して行こうとするからこそ、そのハウスに関する事柄において死ぬか生きるか?というような極端な体験もしやすくなります。冥王星には平均的な枠がないので、それが外れたときには関わった事柄のこれまでの構造を無にしてしまうこともあるのです。冥王星が入るハウスにおいて人生で何度か(トランシットやプログレスの影響などにより)この壊して再生するという働きが現実的に表面化することがあります。日常では、その人の無意識の中で破壊と再構築が行われていると考えてみても良いでしょう。

●そのハウスが意味する分野において傲慢さとプライドを誇示する
冥王星はこの太陽系の中では一番外側を司っている天体であり、太陽系の中に冥王星に逆らえる天体はありません。これは私達の意識に置き換えると、誰の支配も受け付けないという政治的な野心が現れる場所と言ってもいい。政治力と言えば社会の皆を統括する力や権力ですが、個人の中では周囲への支配欲ということです、そこでは自分がコントロールする側になるということ。その欲求から誰にも負けないぐらいそこを鍛える事になると思います。しかしこれは実力や人望が伴わない場合にはただのお山の大将。冥王星のあるハウスで自分自身を究めることが大事、同時にそこで人間性も高めて行かなければならないということにもなってきます。「あの人がそう言うなら…」と周囲に支持&信頼されるような中身のある威張り方が出来ると良いですね。

●そのハウスにおいて深い観点を持つ
冥王星は極端なやり方をするエネルギーですから、ハウスのテーマに関わる時に平均的な方法や常識に乗っ取った見方をしません。その時代、その環境において「ありえない」方法でそのテーマに没入しようとします。そこに関しては洗いざらいやるという感じでしょうか。どんどん首を突っ込む場所ということになるので必然的に物の見方がディープになっていきます。表面的なハウスの平和を打ち破りもっと大きなものに辿り着く事を目指しているのだと思います。

●スイッチが入らなければ凡人かそれ以下、入ればいきなり超人
冥王星の両極端さって本当に異常です。スイッチがOFFの状態では特に目立たないし、役にも立たないので現実面では普通以下に見えてしまうことも多いものです。この人やる気あんの~?的な…汗。本人の中でもそれははっきり明確化しづらく、いつ何時になれば自分のスイッチが入るのか?底力が発揮できるのか?はなかなか予想がしにくいものです(多くはTやPなどの後天的刺激などで目覚めますが)。冥王星は緊急時対応なので、普段の生活の中では活躍の場がなかなかなくてボーっとなっちゃってるんですね。だから冥王星の部分って人に馬鹿にされたりすることもあるんです。それで自分自身でも無いものとして扱ったり、見ない様に避けて過ごすこともあるように思います。中庸的な効力を発揮するのは難しいのですが、凡人以下と超人以上というこのギャップがある場所を、ホロスコープで確かめて、せっかくの潜在的才能を見落とすことのないようにしたいものです。

●そのハウスに関して鈍くてしつこい
そのハウスについて揺すぶられるような出来事があっても反応が鈍いことが良くあります。冥王星の公転周期が遅いということは、何年にも渡ってそこにじっといるという事で、細かい反応とは反対の意味となります。飲み込んで飲み込んで溜まったらやっと吐き出す、臨界点に達するまでが長い。また、同じ場所にいるということは、そこで同じ印象を受け続けていることにもなり、その印象が長く変わらないということになります。これは私達の中では感情的なしつこさです。例えば公転周期の速い月や水星のイライラは日常的で、一時的な物が多く、気分や雰囲気が変わればコロッと忘れているような類のものですが、冥王星の場合は同じ場所に長くいて一部始終を見てるので噛みしめ方の度合いが違うのです。そして記憶が深いという事は、時代や話題が過ぎ去って皆(他の速い天体)が違うテーマに移って行っても、まーだ覚えてるということに…。冥王星的な主張は自分の目的を果たすまでしつこく繰り返されていきます。重い、しぶとい、めんどくさい。納得するまでひつこいのです。



これらの考察を踏まえながら、次回、
具体的なハウスに対応させていきます。

ざっくり言うと、1ハウスは自分自身、2ハウスは所有と金銭、3ハウスは知性と情報、4ハウスは家庭や故郷、5ハウスは遊びと創造、6ハウスは勤労と管理、7ハウスは対人関係と社会の始まり、8ハウスは深い関係性による変化、9ハウスは思想と学術、10ハウスは社会生活、11ハウスは未来改革と友人、12ハウスは見えない世界…、ということでした。

冥王星などのトランスサタニアンは公転周期が長いので、同じ世代の人同士ならほとんどサインは一緒です(細かい度数などは違うにしても)。

なのでその人だけの特異性が現れる場所として考えたい時には、
冥王星が入っているハウスを見る事がとても参考になるのです。


f0377740_19553115.jpg
いやいや、雨、凄かったです。


またまたたどり着けなかったので、
次回から各ハウスに入った時の意味です。




Syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ


173.pngホロスコープ、それは世界にたった一つだけの星の地図173.png
【占星術の基礎目次】⇒ホロスコープのしくみ
【個人鑑定のご案内&メニュー】⇒詳細はこちらから
【お問合せ】⇒astroeyes46@gmail.com

# by syuko-astrology | 2017-04-18 22:54 | ├冥王星 | Comments(2)

冥王星とアスペクトした天体は…。


今日は冥王星の話しの続きというか、ちょっと付け足しで、
月だけじゃなく他の天体と冥王星が絡むとどうなるの?
ということについても書いていきたいと思います。

173.png参考記事はこちら
・月-冥王星その①
・月-冥王星その②
・月-冥王星その③
・月-冥王星その④


~まず、月-冥王星の特徴のまとめ~

冥王星は限界突破のエネルギーなので、月とアスペクトした場合はその人の感情の器を強制的に広げ、深めていく働きを持ちます。月を身体とみた場合は、自分の気力体力を酷使しやすい傾向で自分を極限的な次元まで持って行こうとします。何事もやり過ぎになる事が多く、ほどほどにしておくという事がなかなか出来ないということ。

いかに月という個人的な日常や平凡から離れて、その拘りや欲求を大きく深いテーマへと没入させることが出来るか。月-冥王星の高い集中力と独特の存在感、深い洞察力などを存分に最大限に発揮できる環境を見つける事がポイントです。緊急時に開眼する意識は使わないでいると、時に運勢的に自分が緊急事態に陥ることもあります。なのでできれば自分側からテーマを見つけ、問題提議していく方が好ましいのではないかと思う今日この頃。

膿を敢えてほじくるような、あまり触りたくないような裏の裏の世界を覗いていくような事かな…。もちろん簡単ではないし労力もかかる、場合によってはそれ相応の覚悟も必要になります。何より面倒臭くはなりますけれどね。だけどそこを解明した時のすっきり感、達成感は極上の喜びとなります。そして自分のみならず誰かの生命力に火を付ける事も出来る、蘇らせることも出来ると言うことなのです。


私はこれをやる時には別人になりますから!
シャキーン☆変身ッ♪

みたいなマニアックな世界をドーンと発掘して下さいね。


…ということで次に冥王星が他の天体と関わるとどうなるか?ですが、関わった天体に集中力と力を与え、倒れても死なない程度(笑)に限界値を上げていこうとする作用を持つことは共通です。


例えば水星に冥王星がアスペクトすると、水星の表す知性の働きや関心の方向性を冥王星が深くするので、何かをとことん調べたり、徹底的に研究したりという感じになります。ちょっと知ってるじゃダメなんですね。自分の興味のある者に関しては1から100まで調査しないと気が済まない感じに。同時に説得力が出てくるので言葉で人を変えるような働きも出てきます。関わった情報をどんどん深めていくので使い方としては専門的な知性ということになります。その代わり自分の興味ない事柄に対しては無関心で、まったく知らなかったり分からなかったりします。知性の偏りが水星と冥王星の特徴です。

次に、金星に冥王星が関わった場合は金星の意味する趣味性や愛情表現、金銭感覚などが極端にディープでマニアックなものになっていきます。本来、金星ってほのぼのとした適度な楽しみを表しています。あくまでも主体ではなく、人生にそっと彩りを加えるような飾り要素なんですね。そこに冥王星がドーンってなると、その通常の楽しみとか趣味の一線を超えてのめり込んでいく形となります。例えば趣味がガーデニングだったとしたら「庭師かよっ!」って言うような領域に行ってしまうんですね。

また、恋愛面では狭く深く関わる事を求める感性となるので、どうしても泥沼化したりお互いを変容させてしまうような深刻なドラマが多くなる傾向です。冥王星なので誰でもいいって訳じゃないので、通常はわりと恋愛とは縁遠かったりするんですが、トランシットなどできっかけを掴むと一気にそこに情熱を傾ける感じに。数は少なくてもなかなか濃い恋愛体験ができることになります。

太陽と冥王星との関わりでは、太陽はその人の生き方ですから、人生目標が通常の観念を超えていくことになりやすいです。独特の人生観、無理難題を乗り越えていく生き方、人生の途中で味わう破壊と再生など。それらのインパクトある体験を味わいながら、自分にしか表現できない独自の路線を歩んでいきます。太陽は人生づくりの天体ですから、そこに冥王星が関わる事で、いつも過剰な欲求に駆り立てられることになり、普通じゃ物足りずもっとハードでコアな生き方を目指すことに。これはスイッチが入れば人の100倍、いや数千倍頑張れる事を表すんですね。で、目覚めたときの飛躍にはすごいものがあるんですが、そのポイントを見つけるまではうだつが上がらない感じに見える人もいます。冥王星がアスペクトしている場合人生上のテーマや選択が何でもよい訳ではなくて、運命的に限られた分野な場合が多いので、そこに辿りつくまでには色々と思考錯誤する場合も多いという訳です。

そして火星と冥王星の組み合わせは、火星という行動力や意欲が冥王星によって極限まで強まります。戦車みたいな馬力で取り組むんですね。当然反動で疲れることになりますが、このアスペクトではまたすぐに復活してしまう。底なしのパワーを発揮する組み合わせとなります。火事場のクソ力ってこのこと、急に凄い力を発揮してありえないことをやってのける。また、火星は社会的な場面では野心として表れますから、基本的に仕事やり過ぎの人が多い傾向です。ちょっとだけ頑張るが出来ない、やるなら徹底的にやるし、やらなきゃ全くやらない感じ。やる時は戦車の勢い、やらない時は出発すらしていないと言う極端性。




冥王星が関与した天体の興味の方向性はどうしても限られてきます。深く裏側まで立ち入ること、一線を越えてそこで自分改造していくことを目指していく訳ですから、あれこれは出来ないのです。

また、冥王星は緊急時に作動するその人の中の最終兵器のようなものでもあるなので、普段からちょろちょろ小出しにする感じでもないです。もちろん雰囲気として独特な感じや、物言わぬ圧力みたいなものを醸し出している場合もあるのですが、スイッチが芯で作動していなければ、その天体は普通です。逆に並以下にみえたり、大した才能とは思えない事も多く…。

しかし、内側で力が溜まっていき満タンラインをオーバーした時、ガチャンと変貌しその影響力は一気に広がっていきます。視えない貯金箱があるようなものですね、いつか沸点が来る、そしてその時はもう冥王星パワーが全開に(;''∀'')




誰のホロスコープにも冥王星は必ずありますが、
そこは自分だけにしか出来ないというプライドと
誰にも譲れない拘りを持つべき場所と考えてみて下さい。

また、冥王星とアスペクトしている天体がある場合には、
その天体を通して自分が深い体験をしようとしているんだなと捉えて。

冥王星のアスペクトが沢山ある場合には、
もう人生は偏って当然、普通の快挙など目指さずに
徹底的に裏側からマニアック路線で行きましょう。



…ということで、
次回は冥王星が入るハウスについて
書いてみようかなと思います。


それでは今日はこの辺で、
ありがとうございました。

f0377740_19531488.jpg
(今日の雨で桜散ってしまいました~。写真は一週間前の岡山百間川河川敷の風景です)

Syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

173.pngホロスコープ、それは世界にたった一つだけの星の地図173.png
【占星術の基礎目次】⇒ホロスコープのしくみ
【個人鑑定のご案内&メニュー】⇒詳細はこちらから
【お問合せ】⇒astroeyes46@gmail.com

# by syuko-astrology | 2017-04-15 23:40 | ├冥王星 | Comments(4)

5ハウスの月


しばらく間が空いてしまいましたが
月とハウスの関係について。

今回は5ハウスにある月について考えてみたいと思います。
※参考記事はこちら⇒月とハウスの関係性

5ハウスはサインでは獅子座に関係する部屋。
自分の好きな事を自由に展開させていくハウスです。


5ハウスを象徴するキーワードとしては、
創作活動、投資や冒険、趣味道楽、遊び、起業、
子供、レジャー、スポーツ、エンターテイメント、
などなど。

f0377740_18271249.jpg
1ハウスの自分自身を120度関係で広げるのが5ハウスになります。

5ハウスって社会的な評価や周囲の反応を気にせずに、まずは自分の側から好きなように押し出していく所です。そこに月があるということで、基本的にはその人が創造的な行為をすることで、癒される、気分が落ち着くと言う意味になります。

月はプライベートな自分の姿を表す天体であり、もともと持っている資質でもありますから、5ハウスに月があると無意識的に日常のあらゆる面において、楽しみを見つけることが得意な傾向となります。

気分が盛り上がる事全般を表すので、趣味に留まらずそれは仕事でも良いわけで、仕事を創造するなら起業の意味にもなります。遊び心を忘れない企業や芸能関係などの仕事のイメージもありますね。

また、子供という意味もありますが、これは子供は親の創造物であるということからです。5ハウスでは取りあえず作る、生み出すことが重要。実際にその人が子煩悩であるとか育て方がどうとかについては4ハウスや他の部分もみなければ、ですが取りあえず自分の分身を創造するという意味で子供と関係についてみることもあります。

芸術作品も自分の子供のようなものですよね。自分が良いと思ってそれに情熱をかけていく訳で、良いものができたら自慢したい、表に出したい。これも5ハウスの感覚です。

また、5ハウスの象意として恋愛というキーワードも良くありますが、5ハウスの恋愛とは自分の気分が勝手に盛り上がっている状態を表していて、相手と意思疎通した実際の交際とはちょっとニュアンスが異なるものです。

現実的な相手がいて、関係性を築くというのは7ハウスは8ハウスでされることであって、5ハウスでは取りあえず自分が盛り上がっているだけです。アイドルとかスターにワクワクしてる感じかな。

もちろん、根っからの恋愛体質という人もいらっしゃいますが、5ハウスに月があるからといって全てがそうではないです。

情熱的に何かに取り組んで、楽しんでいる様子をイメージすることはできますが、それをクリエイティブな事に使っているのか、異性に使っているのか、ダンスやってるのか、仕事で使っているのかなどは、実際に聞いて見なければという事ですね。

占星術の象意って1つだけじゃありません。
天体の組み合わせだけでも果てしなく色々な意味がありますから、やはり相手の現状が分からないと当てはめにくいです。

私自身も5ハウスが結構強いのですが、恋愛に夢中って言われてもピンとこないんですよ。

5ハウス=恋愛みたいな情報に最初のころ当たったんで、教科書読んで首をひねっていた時期もありましたが、情熱を注いで楽しむこと、何らかの創造行為に夢中になること、という意味なら思い当たります。男性より星に熱中ということで…(汗)

私の場合は月ではないのでまたちょっと意味が違うのだと思いますが、5ハウス強いとやっぱり何かを盛り上げようとする作用が働くんで、特に月が入っていると気分はアゲアゲの場合が多いかもしれませんね。自然に楽しく出来る人、面白くしていける人が多いと思います。生まれつきのエンタティナーという感じでしょうか。


Syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ


173.pngホロスコープ、それは世界にたった一つだけの星の地図173.png
【占星術の基礎目次】⇒ホロスコープのしくみ
【個人鑑定のご案内&メニュー】⇒詳細はこちらから
【お問合せ】⇒astroeyes46@gmail.com

# by syuko-astrology | 2017-04-14 00:39 | ├天体とハウス | Comments(0)


最新の記事
タグ
最新のコメント
> ameさん そ..
by syuko-astrology at 22:22
> リサさん ある..
by syuko-astrology at 22:18
shukoさん、はじめま..
by ame at 01:04
syukoさん、こんにち..
by リサ at 17:57
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 14:40
記事ランキング