Syukoの星読みブログ


占星術の世界から様々なメッセージをお届け♪満月&新月の星読み、サビアン、ホロスコープのお話しなど色々綴っていきます。
by Syuko
カテゴリ
ライフログ
最新のコメント
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 18:54
Syukoさん メ..
by miyu-ka_dreamy at 17:43
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 16:01
Syukoさん こ..
by miyu-ka_dreamy at 12:38
> nagase935さ..
by syuko-astrology at 00:24
検索
外部リンク

タグ:サビアン ( 18 ) タグの人気記事

2017年6月9日☆射手座19度の満月リーディング。


9日(金)の22:11に月は射手座の18,53°で満月を迎えます。

満月は太陽と月が180度(オポジション)のアスペクトになる時期です。月は太陽に重なる0度(コンジャンクション)の時期に太陽の目的意識を受信し、それから約二週間かけて太陽のテーマを育てていくのですが、新月から満月までの過程で毎回約15度ほどの誤差がある事が分かります。

満月を願いが叶う時、とか願望成就の時期、という見方が昔からありますが、実際には願いが叶う時というよりは、スタートでの目標と結果の誤差を確認し、同時にすぐに修正に入るようなサイクルでもあると思います。

何かをスタートさせても出来上りが初めの予定とは違っていることってありますよね、よくも悪くも…。いや、その方が多いのではないでしょうか。予定どうりにまっすぐ育てていたつもりが、成長してみれば当初の予定とはズレていることも多いものです。

過去2週間の自分の行動を客観的に見つめ、次のサイクルスタートへの準備をする時。

満月ではどのくらい頑張れたか?どこが足りなかったか?または良かったか?を180度離れた外側から確認して、次の予定を立てることに活かします。この短いサイクルはグルグルと螺旋のように繋がっており、見えない所で月に記憶され、私達の奥底に蓄積されていくのです。
f0377740_17033031.png
射手座の数え19度のサビアンシンボルは、
「住処を移動するペリカン~Pelicans moving their habitat.~」

ペリカンは子供をとても大事にする動物だそうです。危険だなと感じればすぐに、子供たちが有害な情報や影響に触れる事のないような、理想郷を探し住処を移動していきます。毎日の暮らしの中で、危険性を排除するのは細かい作業になってしまいますし、キリがありません。それなら環境ごと変えてしまえば、という発想をするのが射手座の19度です。

前回の新月は双子座の5度で「危険な雑誌」でした。刺激的で面白いけれど、時には有害でショッキングな影響を受けることが分かったのでしょう。刺激的な事って続くとやっぱり疲れるんですよね。この満月では情報過多になったり、行き過ぎていることを感じて、少々退屈でも安全な場所を求める、そんな感じでしょうか。


金星が牡牛座に入りました。
自分の内側から発掘する楽しみです。


太陽や水星は双子座にあって、相変わらず外側にある面白い情報や話題に顔を突っ込みますが、感受性や楽しみ方は土の固定サイン、牡牛座なので、どんなに刺激的な事柄であってもまずは自分の感性にフィットするかどうか?を基準にして楽しむことになりそうです。情報集めは得意だれど、実際に関わるかどうかはまた違うとか。または自分のメリットを追及する為に、柔軟にアンテナを使う時期とも読めます。

探して確かめるような気配。
ある意味ジャッジは厳しくなるかも?(月-土星)


満月リーディングは多くの人への影響を表しています。
個々のチャートによって出方は色々、あくまでも傾向として参考にして下さい。


Syuko☆


[PR]
by syuko-astrology | 2017-06-08 17:41 | ├新月・満月 | Comments(2)

2017年5月26日☆双子座5度の新月リーデイング。


夜間~朝にかけては涼しく、日中は猛烈に熱い。

湿度が低いからまだ過ごしやすいですが、
太陽の紫外線はだんだん強くなってきましたね。

私は目の色素が弱いらしく、太陽反射で目がやられ夏は辛いのです。もともとドライアイ傾向もあります。で、目を夏の日差しから守るべく、先日の双子座1度「静かな水に浮くガラス底ボート」の日に、ちょっと奮発してしっかめのサングラスを購入しました。(今までは雑貨屋にあるような千円ぐらいのを使ってましたが、どうもそれではまかなえない…。)双子座開幕の日に、ガラス底ボートならぬサングラスという形でこじんまりと星の現象化をしました。これで日差しを気にせず、色々な景色や街並みを沢山楽しめると?思う今日この頃です。

f0377740_00264113.png
さて、今回の新月は双子座の04.46度で起こります。数えで5度のサビアンシンボルは「過激な雑誌~A radical magazine.~」。

5度では双子座の知性で冒険をします。情報は刺激的に目を引くような内容、ハッとするようなドキドキ感があるものでなければ面白くない。そんな双子座の創造性がここでは「過激な雑誌」と表現されています。

例えば何気ない話題やメッセージを、皆が関心を持ちワクワクするようなものに変えていく知性の工夫能力です。これはマスコミ関係や報道のそれに似ています。実際にこの度数に天体がある人はそういった言葉や文章の演出に長けている場合が多いです。言葉遊び、言葉の創造力ですね。

言葉はただの共通言語であり、羅列でしかないなので、普通に伝えるだけでは退屈です。「こんな出来事がありました!」、「○○の謎に迫ります!」と周囲を煽ることで、人々の情感や好奇心が刺激されます。双子座5度では少し過激な形で言葉を扱い、世界に衝撃を与えていこうと試みるのです。

将来的に意味があるのか?自分にメリットがあるのか?はここでは考えません。面白いか?ドキドキする内容であるか?好奇心だけで物事を選び取ります。新鮮な好奇心は人を老けさせません。

この二週間はいつもなら手にしないような本や、見ないような映画などを日常に取り入れてみましょう。お出掛けや街歩きなど何でもいいです。自分が刺激を受けると思えるものなら何でも…。また、自分がそういった作品を発信するのも良いですね。


同じく双子座にある火星は土星と180度になっています。(火星-土星)は目的のある行動性です。目標目がけて邁進するイメージ。目的地が決まっているので無駄なエネルギーを使わない、よそ見しない、集中して取り組みます。

(火星-土星)は集中力や無駄な動きをしないアスペクト。
目的地に向かって真っすぐに走るイメージです。

一方金星の方は木星180度と、冥王星90度とでT字スクエアになっています。火星の絞り込みとは対照的に、金星は本来よりも拡大していく形、活動宮なので余計に大袈裟に煽っていくようなアスペクトになっています。

感受性や楽しみなど受容的な感覚においては拡大、増長傾向。実際の行為や働きかけは目的を絞って規則的に動く傾向ということで、金星と火星のコントラストが面白い今回の新月図です。

いつもよりすごーく派手なお洒落をして、
決めていた所へ出かけていくようなイメージかな?

または何かの予定を遂行する中で、予想だにしかなった世界を見る事になるのかもしれません。もちろん金星なので楽しいことです。冥王星90度は金星を深刻にはさせますが(オカルト趣味とか行き過ぎた芸術性とか)、それが今時期の金星感覚には楽しいものだということですね。



お化け屋敷などに出掛けると本物に会えちゃったりするのかも?笑
(いや、あくまでも一例ですよ)



Syuko☆

☜ランキングに参加中、時々ポチ願います。

■ホロスコープの仕組みや占星術の基礎知識を順番に解説。
星のブログ講座http://miracle9.exblog.jp/27556664/
■岡山市内で対面鑑定、遠方の方は電話&メール鑑定。
鑑定のご案内http://miracle9.exblog.jp/27606116/
■お問合せはメールでお願い致します。
astroeyes46@gmail.com





[PR]
by syuko-astrology | 2017-05-23 13:25 | ├新月・満月 | Comments(2)

2017年5月11日☆蠍座21度の満月読み。


今度の満月はウエサク祭だそうで177.png
(※参考サイト⇒ ウエサク祭 京都鞍馬寺 五月満月祭
重要な意味のある、神聖な満月ということですね。
f0377740_12423737.png
ホロスコープでは、海王星を頂点にして、まるで螺旋を描くように神秘な影響が降りていくような形に見えます。太陽-月180度の満月が表す成果や結果出しに、冥王星が調停で入っていて、それは過去に諦めていた事柄をここで、もう一度再チャレンジするような、または再度自分の意志やスタイルを提示していくような感じ。

火星と海王星はタイトな90度で、双子座の火星が表す好奇心のロケット打ち上げは予定の軌道を外れていくことに。火星と海王星はサイキックなアスペクトと言われていますが、それは見えない世界や集合無意識的な空間(海王星)の中へ、働きかけていくことができる組み合わせだからです。そこで燃えて興奮して火星は元気になります。今回は90度なので、狙っていた所からは脱線したり、つまり当てが外れるようなことにもなるのですが、そんな火星を木星天秤座が表す大勢の人が受け入れます、関心を持ってみているという感じ。

水星と天王星は牡羊座にあって合。今までになかった新しい発想や閃きは、今は取り組み始めたばかりの段階で、明確な形を持ちませんが、それは必ず現実味を帯びていくものになることを射手座の土星120度が示しています。

さーて、何をしましょうかね?

と言っても満月ですから、種やきっかけは
もう自分で蒔いているはずなのですね、前回の新月で。

新しい試みはちょっとぶっ飛んだ事なのかもしれない。だけど思い切って発表してみれば周囲には好評で、魂レベルではちゃんと今後の展開が計算出来ていることなのかもしれないです。一見あてのなさそうに見える挑戦が功を成す。またそのような事に挑戦すべきである、と言ったところでしょうか。



さて、蠍座21度のサビアンシンボルは、
「職務を放棄する兵士 ~A soldier derelict in duty.~」です。

蠍座の所属集団に忠実な精神をここで放棄しちゃうんですね。
もう、上には従ってられないなと、皆とは一緒にやれないな~と…。

蠍座は16度で一度破綻してその器を広げました。人と繋がって人脈を築いたり、抑圧の中で自分を鍛えていく事も大事だけれど、それもいつか限界がくるなと。それで途中から、自然なありのままの自分でも良いんじゃないの?って事を考え始めていました。組織や集団の力を頼ったり期待する力をほどほどにして、今まで発見してなかった自分の要素や意志を内側に見つけ、それを水面下で大事にひたひたと育成させてきたのです。

そうやって心の中で育てて来たものは、自分だけの資質は発見ですから、やっぱり人とは全然違うということを思い知らされる訳です。蠍座は水の不動サインですから、なかなか現状から離れるということをしません本来は。でも、この21度という場所はテンションが高く、押しも強い、いわば頑固な所です。自分が違うな~と思ったら我慢はできない、蠍座のオールオアナッシングが強く表れる。今までの集団の意志に忠実な蠍座は、自分の意志に忠実に。それがサビアンでは職務を放棄するという表現になっています。

自分独自の状態を作ることや、その意志を貫いいてくようなテーマがここにあります。それは今までの環境の中では、浮いた感じや、不適応さとして現れるのかもしれません。だから自分はここじゃないんだな、とか、もうここではやれないな、やっぱり自分には違う、と思ったらそれこそがチャンスなのかも。

自分だけの誰にも置き換えの効かないことを目指していく。
そしてそれは以前諦めた、出来なかったテーマかもしれませんよね。

この満月期に自分の心の奥の願望にもう一度光を当ててみましょう。
その意志の復活を芯から望み取り組むのなら、
冥王星が60度で適度に(笑)応援してくれるでしょう。



私自身の取り組みとしては、
今月で職務放棄するんで(笑)、
もう一つブログ始めようかと思っています。

こちらは弾丸のように毎日発信、
但し一発一発は短いけど。

また形が決まったらお知らせします。




 ランキングに参加中、時々ポチ願います。


171.pngSyukoの星読みブログ171.png
・ホロスコープ作成法や基礎用語を簡単解説!
 出生図の意味が分かる星のブログ講座へは⇒こちらから。
・貴方だけのホロスコープ、読み解きます!
 個人鑑定をご希望の方は⇒こちらをクリック。
・お問合せはメールにて⇒astroeyes46@gmail.com
(gmailが受信可能な環境からお願いします)

[PR]
by syuko-astrology | 2017-05-08 13:46 | ├新月・満月 | Comments(4)

このままじゃダメだと感じるなら…。@牡牛座7度の新月


明日、26日(水)21:18に月は牡牛座06,27°で新月を迎えます。

新月図を眺めてみると下側に天体が多いです、木星以外が地下に…。(ASC-DSCという横軸を基準に地下&地上と表現することがありますが何も実際に地下に潜るという訳ではなく(笑)意識や関心が自分側にあるということです。)

ちなみに出生図でこのような偏りを持つ場合は、自分自身の充実感を重視する人生を歩む傾向となります。個人的な領域において何かの作業をしたり、身近な所に没頭している形を表すので、社会的なことより個人的な所での活動が活発になりやすい配置です。よって作家や創作活動などに向く偏り方と言われています。

と言うことで、この二週間もそんな雰囲気を持っているようです。5ハウスの創造の部屋で新月になりますから、何か新しい趣味や関心事に向かっていくのも良いでしょう。牡牛座なのでアロマや料理、音楽、色彩感覚豊かなものなどを日常の中に少し取り入れるのもGOOD♪かもしれませんよ。
f0377740_21255560.png
さて、牡牛座の数え7度のサビアンシンボルは「サマリアの女~The woman of Samaria.~」です。牡牛座は自分自身に予め備わっている生まれ持った資産や才能を発掘しながら生きていくサインですが、1度~5度までの過程で恵まれた資産は全て使い切ってしまいました。そこで6度ではこれまでの方針を変えて、自分以外の価値観や体系に渡りを付けることをしました、もっと大きな資源に繋がる為に…。(牡牛座6度:渓谷に架けられる建設中の橋)。

しかし、広い所に自分を持って出るとそこで明らかになることがあります。今までは割と自分は恵まれた生まれで、才能も十分にあると思っていたけれど、上には上がいる。もっとすごい人は沢山いる。或いは人が持っているのに自分には欠けているものがあったことに気付くとかで、ある種の衝撃というかストレスを感じるんです。7という数字は物事の端と端を行き来する数で落差とか違いを意欲として奮闘するものです。

「サマリアの女」は聖書に出てくるお話しのようです。実は私自身聖書には詳しくないのでよく知りません。調べた所では、サマリア人とは移民との混血の人達のことで、それを嫌うユダヤ人との間に身分や生活の落差が生じていたらしいのですが、ある日ユダヤ人であるイエスがサマリア人の村を通りがかり、水を汲みに来たサマリア人の女性に「水を飲ませて下さい」と話しかけた…というもの。そこで彼女についての色々な事を言い当てたり啓示したりして、その後女性はイエスに心を開き、キリスト教に改宗したとかなんとか、と言うストーリーのようでございます。

この聖書の話しがこのシンボルにどう照らし合うのか、正直よく分からないのですが、自分なりに解釈たことで書くと、牡牛座が表す生まれ持った資産や才能は肉体的な資質や地盤に関わり、それは自分ではどうしようもない現実なんですね。例えば先祖代々地主の家などに生まれた場合、他から見ると恵まれていていいな~と思われるのでしょうが、逆に見ればそこを離れられない訳ですし、使い切ったら使いきったでぼんくら息子と非難される訳だし、また時代や法律が変われば資産を維持するために色々努力も必要になるしで結構大変だと思うんです。

また、こんなこともありますよね。自分にはもともと絵画の資質があり地元では有名な画家と言われていた。けれど世界に出てみたらもっとすごい人沢山いたとか。つまりここでは自分の中にある恵まれている部分と、欠けている部分を目の当たりにするんです、これまで関わった事のない人と接触することで何らかの落差やプレッシャー、ストレスを感じることになる。

しかし聖書「サマリアの女」がキリストという新しい価値観や思想に出会い感激したように、その落差を埋めていく方法は実はいくらでもあるということ。自分の身体や血筋のようなものは変更できませんが、自分の価値観はいくらでも成長させることができる。欠けているのであれば外側から吸収することもできるし、誰かに教えてもらって新しい世界を感じることだって可能な訳ですよね。

なんでこれがストレスや差別になるかというと、牡牛座は基本的に自分を変えようとはしないサインで、外側の何かに関わっていくとか、方針を変えること自体にあまり慣れていないからなのです。自分の手元にあるものだけでコツコツやっていきたいのだけれど、それではいけないことが分かって来た。ということで牡牛座にとってはちょっと冒険が必要というか、踏ん張らないといけない感じになるのです。今までの所に安住するのではなく、もっと広い資源を手に入れる為に外へ出て行かなければならないことが牡牛座にはストレスなのです。

しかしこのストレスや落差を目の当たりにするショックは、原動力にもなります。自分も手に入れたい、欠けを埋めていきたいという生きる原動力。人間は安定しきって恵まれすぎて不安も怒りも感じない状態だと生きている実感を得る事はありません。

お腹すくからランチも楽しめるわけだし、足が太いの気にするからパンツ選びもうまくなるわけだし(笑)、とにかくないと分かったら外へ向かって探しに行きましょう。ってことかな。(すごい平面的な解釈)

この二週間はじっとしているだけじゃダメ。

プライドとかこれまでの実績が…とかいう屁理屈は捨て去って、欲しいものや望む方向がどうしたら手に入るのかを考えてみましょう。きっとそこには今まで渡りをつけたことのない世界や人との関わり合いが必要になってくるはずで、それが私達を底上げしてくれることになるのだと思います。


Syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ


173.pngホロスコープ、それは世界にたった一つだけの星の地図173.png
【占星術の基礎目次】⇒ホロスコープのしくみ
【個人鑑定のご案内&メニュー】⇒詳細はこちらから
【お問合せ】⇒astroeyes46@gmail.com

[PR]
by syuko-astrology | 2017-04-25 12:04 | ├新月・満月 | Comments(2)

春風に乗って♪@牡羊座8度の新月


月は28日(火)の11:58頃に牡羊座07.37度で新月を迎えます。
f0377740_21391026.png















牡羊座に5天体があってとても賑やかです。
毎年春にはこうやって牡羊座に金星や火星、水星などが
集まる事が多くなるのですが、やっぱり3月4月と言うと、
引っ越しや就職、進学など新しいスタートが多い時期ですよね。

さて、牡羊座の数え8度のサビアンシンボルは
「リボンのついた大きな帽子が東風になびいている 。
~A large hat with streamers flying,facing east.~」
です。

8度はじっと静かに力を溜め込んでいく度数。

帽子についているリボンはアンテナの象徴。
東風がもたらす生命的な息吹や自然界の仕組み、
法則などをその都度細かくキャッチしていきます。

東は物事が生まれる方向でとてもパワフルな場所。
新しい意欲や喜び、アイデアなどのエネルギーが
この風にのって東からやってくる。

それを帽子についたリボンでキャッチするのですが、牡羊座の初期段階にあってはまだ自分の意志や目的が明確ではなく模索中であって、周囲の状況によってむやみに煽られたり影響されてしまったりしやすい点があります。

なので信頼できる存在の近くで情報を精査しながら学んでいく事が大事となります。帽子は頭を守ってくれる保護の象徴。

月は次回の満月となる天秤座15度に向かって成長していきますが、
新月からすぐに、天王星・冥王星・木星のTスクエアに触れる形に…。

月は生まれたてな上にさらに東から来る生まれるエネルギーに翻弄されやすくもあり、繊細な月が煽られるのは簡単に見えます。

もちろん、乗せられて盛り上がるってこともたまには必要ですが、あまりにも周囲に影響され過ぎると自分の着地点がわからなくなってしまいそうな配置。

新しく何かが始まるドキドキ感や喜びは敢えてグッと内面に押し込め
心でははしゃぎつつも表では冷静に過ごすことが適していく時期になりそうです。


Syuko☆

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
ホロスコープ、それはたった世界にひとつだけの星の地図
f0377740_22243320.jpg
●星読みの基礎目次⇒占星術の基礎知識&参考記事一覧
●ホロスコープリーディング個人鑑定⇒詳細&各メニュー
●各種お問合せはこちらから⇒ astroeyes46@gmail.com


[PR]
by syuko-astrology | 2017-03-26 22:12 | ├新月・満月 | Comments(0)

自分を磨いてスキルアップ@乙女座23度の満月


3月12日(日)の23:55分、
月は乙女座の22'13度で満月を迎えます。

f0377740_09403055.png先日、日食という大きなリセットがありましたが、そしてそこから新しくスタートした見えないサイクルや流れが、始めて目に見える形となって現れる時。最初の満月なので形と言ってもまだ、小さな出来事や現象であることが多いでしょう。それでも自分の方向性を示唆するようなきっかけであることに違いはないと思います。

新月図で月が10ハウスに入っている事も、形にするという意味を後押ししています。10ハウスの月は社会的な方面へ自分を価値づけていきたい欲求を持ち、ステータスを得ることにおいてはかなり貪欲です。

同じく月は冥王星と120度で深い力を得た後の状態を表しています(離反オーブ約3度)。一方で土星とはこれから90度となる場所にいるので、自分を律するような気真面目さも持ち合わせることになります。

通常であれば苦手だと感じるような土星的な現象(節制、制約、決まり事の遂行、何らかの責任を強いられること)を冥王星で力を得ている為に、忍耐力を持ってそれらに取り組むことがができる数日とも読むことが出来ます。これは特に満月となる数日前から強力に現れます。そして満月でピーク。満月後はまた精神性を重視し始めるサイクルにまた突入するので、拘りは減ってゆき力はいくぶん解かれていくでしょう。


さて、乙女座の数え23度のサビアンシンボルは
「動物のトレーナー ~A animal trainer~」です。
f0377740_10245373.jpg21度で高いレベルの目標に取り組んできた乙女座は、22度で安定した技術を持つことに成功しました。今回の23度ではその優れた技術や安定性を、まだ訓練を受けていない対象に向けていきます。そしてそれらがキチンと目的を果たせるような存在になれるよう、トレーニングしていくのです。これは人に対してのみならず、自分に対して行われることも多くあります。

しつけや訓練、練習、トレーニングは乙女座の才能を表すものですが(ハウスでは6ハウス)、何かを指導することや誰かに技術を教えることというのは実は何よりも自分の内面の訓練に繋がっていますよね。自分がちゃんと理解していなければ教えることは出来ないし、また相手の状態をしっかり把握していないと、どういったトレーニングをしていけばいいのかという方向性や順序も分からなくなってしまいます。

この23度では新しく大胆な試みと内省を繰り返しながら、お互いに(或いは出来る自分と出来ない自分が)進化していくことが描かれています。前に進んでは少し確認する、そしてまた前に進んでいく形で、楽しみながら着実に進んでいくのです。

乙女座の持つ調整能力、細かい実技やスキル向上と、23度の数字が持つ冒険心や楽しさをこの満月で私達は味わいます。それぞれの環境で何かの現象を通してそれを垣間見る。手にする。体験する。感じ取る。そして月-土星90度のアスペクトが表すように、急な出来事があってもしっかりと結果を出すことが出来るような、万能に対処出来る力を発揮します。

つまり相手や状況がどんなであっても、自分が今、どんな状況であっても、何が起こっても、そこに工夫や知性を発揮して形あるもの(価値あるもの)にしていくことが今回の満月のテーマ。現在取り組んでいる事や関わっている材料を使って自分磨きをしましょう。どんな場面の中にも自分の力を鍛えてくれる要素があることを意識して。

この満月ではそんな自分のスキルアップを
後押ししてくれるエネルギーが注がれてきます。


syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

   『ホロスコープ Horoscope』
~それはたった世界にひとつだけの、魂の地図~f0377740_13014734.jpg

●占星術ってなぁに?星の用語解説
 ⇒占星術の基礎知識&参考記事一覧
●個別鑑定&占い始めました
 ⇒詳細&各メニューはこちら


[PR]
by syuko-astrology | 2017-03-08 16:14 | ├新月・満月 | Comments(0)

真実に向かって駆け抜けろ@魚座9度の新月


2月26日(日)24:00、月は魚座の08,12度で新月を迎えます。

今回の新月は金環日食だそうです、日本では見る事が出来ないようですがアフリカなどの南太平洋地域ではその様子が観察できるとのこと。占星術での日食は特別な新月として扱われます。毎月起こる新月は約一か月事の新しいサイクルのスタートを意味しますが、この新月の親玉である日食は一年に二回あるかないかの長期的なサイクルで起こるもの(定期的ではない)ですから、いつもより非常に影響力の大きい特別な新月、特別なリセット&スタートの時と捉えることが出来ます。
f0377740_01385158.jpg
※図引用:国立天文台情報センター

日食は太陽と地球の間に月が入る事で太陽の光が地上に届かなくなる現象です。太陽は全ての生命の源であり、また国家にあっては皇帝や王・社会的な権力者を象徴しますから、その太陽が隠れてしまう日食は特に昔の時代では凶事と考えられていました。その一方でここ最近では金環日食ツアーなんてのがあるのも事実…。不吉なものと捉えのるかそれともイベントとして扱うのか…、考え方の違いや風習でその扱い方って全然違うものですよね。

さて、占星術において個人的な範囲でこの日食を考える時には「今までの自分が終焉し、新たな始まりを迎える流れ」と読むことも出来ます。未来への推進力である太陽の光が、自分の本能本質である月に遮られるという現象から、これまでの自分が一度滅び、そして新しい自分が始まるようなことを象徴するのです。この時、これまでの自分を滅ぼすのは他でもない自分自身の奥底から出てくるものであるということ。今まで気が付かずにいた情動、または前面に出すことを恐れ裏側にしまい込んでいた自分の本音が、この日食では太陽に変わって前面に現れてくると考えることができるのです。

月が太陽を覆ういう意味と、日食新月での協力な始まりという意味、また食は特別縁や魂のつながりを意味するノード軸の上で起こるものなので、これらを総合して考えてみると、今回の日食新月では、それぞれの環境において今後数年に影響するような大きな変容が起こることが予想されます。またはこの時期に変化したことが重要な意味を持ち今後数年に渡って人生に影響する。特にこの度数(魚座の数え9度)にASCやアングルなどの重要な感受点や天体がある場合はなおさらその意味が強調されるでしょう。今まで自分の中で重要ではあると感じていながら(魂レベルで)、目を背けて後回しにしていたような事に意識が向かい、何らかの変化を促されるはずです。それは多くは少し勇気が足りないと思っていたか、不安や自信のなさから感じないようにしていたこと。しかし深層では実は願っていたのだ、というような心の底にある深い事柄なのではないでしょうか。

f0377740_00283674.png今回の新月チャートを見てみると、新月は海王星のすぐ近くで起こります(太陽-月-海王星の合)。海王星は非物質な事柄を扱う天体で、ビジョンやイメージ能力が時空間を超えて広がっていくをエネルギーをもっています。

また、今回の新月は海王星の集合的領域のエネルギーを受け取りやすいと言えます。4Hの入り口(IC)という自分の心理的な基盤となるポイントで起こるからです。自分という個人的な規模を超えたようなもっと大きな所からの集合的無意識がなだれ込んできます。それは個人的な所では未来からのイメージをキャッチすること、また自分のルーツに立ち返る、原点回帰するような意味もく含まれます。自分の底の底にあるものを想い出すのですね。それは非常に不確かで今は幻想や錯覚としか思えないけれども、それに賭けてみたいという気持ちが強くなる。いつもなら無視する自分の中の霊的な直感を素直に信じることで、本来ありたい自分像を今後広げていく事ができるようになります。。

さて新月が起こる場所、
魚座数え9度のサビアンは「騎手~A Jockey~」です。

魚座は現実的な輪郭のない非物質的なエネルギー。
意識が肉体を超えて境界線なく、どこまでも広がって同調していく性質を持つサインです。

9度は魚座の哲学性や精神性を意味しています。ここでは高められた心によって馬を走らせていく事が描かれています。馬はサビアンシンボルにおいては自分のリビドー(情動や本能的欲求)の象徴で、魚座の9度では自分が同化したい目標に向かって躊躇なく一気にダイブしていくのです。自分自身の中で高まった心が馬を操り馬を走らす。まだ見えていない結果については気にしません、ここでは自分の心に忠実に動くという事がポイントです。
f0377740_01504268.jpg
騎手は馬と心を一つにして、自分が信じる方向に駆け抜けていきます。馬は疾走する競走馬、中途半端な気持ちで乗るならば危険を齎します。乗ってしまったら馬と一体になって、自らを捧げるような意気込みで、丸ごとで飛び込んで行くことが前提となります。また、景色を見渡すような暇もありません、一気に目標に向かって駆け抜けていくのが良いのです。
馬を駆り立てる騎手
心の高ぶりを共に馬を煽って弾丸となります。見えないけれど信じるものに向かって走っていく。個人の目的と神の意図が合致する時、そこに奇跡が起こるでしょう。駆け引きや計算は通用しません、余計な心配は躊躇は失敗を引き寄せます。理屈や打算を抜きにして純粋に心の中から湧き上がってくるものに目を向けて下さい…、今後、あなたはどこに向かっていきたいのでしょうか?何を信じて自分(の馬)を走らせていきますか?


今回の新月は次の日食まで影響が続くと言われる特別な新月です。
これまでの表面的に進めて来た自分を卒業して、新しい自分を創造していくサイクルに入ります。消滅していくものは感謝して静かに見送り、そして受け入れるべきものを遠慮しないできちんと受け入れましょう。大きくリセットし、心身ともに身軽になって新しい未来へと疾走しましょう、風を切って、誰よりも早く。


★まとめとポイント
・自己を創造する太陽の光が遮られ、これまでの生き方が終わりを迎えるとともに、新しい未来の幕開けともなる時期。特に出生図の中の重要な天体(太陽や月)やASCの近くで起こった時には特に、大きな自己変容が促され人生での新しい局面を迎える事を意味します。

・ハウスのどのあたりでこの新月が起こるのかをチェックしてみましょう。どんな分野で変容が起こり、新しい出発が促されるのかを予想することが出来ます。1ハウスなら自分自身においての変容、3ハウスなら勉強テーマや関心事が変わるのかもしれません。8ハウスなら、深い絆の中へと飛び込む決意をするのかもしれませんね。



syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)
・第十二回…支配星について
・第十三回…メジャーアスペクト
・第十四回…マイナーアスペクト

[PR]
by syuko-astrology | 2017-02-25 02:59 | ├新月・満月 | Comments(0)

非日常を楽しむ為に…。@獅子座23度の満月


2月11日(土)09:35、月は獅子座23度で満月を迎えます。

今回の満月図では、月が参加したカイトが出来ています。
f0377740_23402938.png 

 カイトとはグランドトラインに、180度のアスペクトが加わる事によって出来る、複合的な配置の事です。どちらかというと身内的な、慣れた所で盛り上がろうとするグランドトラインに、緊張感や刺激が介入してくることで、その高揚感を内部で完結してしまうのではなく、外部に対して表現していくことになる、実際的な作用を表す配置です。

どこから刺激が入るのか?と言えば、カイトの軸になっている天秤座の木星からです。木星が天秤座にある期間中は誰にとっても人間関係の広がりが考えられるのですが、今回の満月では特にその意味が強調される配置となっています。

月、土星、天王星の組み合わせなのである程度のルールや決まったスタイルはあるかもしれませんが、それを肯定的に広げて行く感じになります。例えば「こんなこだわりもってお店やってます!」と宣伝する事とか、「こんなルールで行くのはどうでしょう?」と皆に提案するようなことにも良い時期ですし、そういった事柄が外部から齎されるかもしれません。現在、火のサインには金星火星もありますから、人によっては恋愛関係の方面が膨らんで、今まで思い描いていた理想的な恋愛を現実行動に移していったりするような可能性も考えられます。


獅子座23度のサビアンシンボルは「裸馬乗り ~ A bareback rider ~」です。

飛び上がったり跳ねたりする鞍の無い暴れ馬、これを優雅に乗りこなすというとても冒険的で勇気に溢れた度数です。自分にとってはハードルが高いと思っていた課題に取り組んでいくことや、非日常的な冒険を楽しむような意味があります。

f0377740_16575799.jpg裸馬乗り(ロデオ)は人に魅せて沸かせる為のイベントなので日常を逸脱したドキドキ感がある方が面白いものです。しかし冒険心に任せて馬を興奮させすぎてしまうと自分が危険な目に遭ってしまう可能性も出てきます。こういった事象から自分の中から湧き出る高揚感や盛り上がりのをコントロールすることも同時に求められる意味が出てきます。

いま取り組んでいる事柄や最近関わって来た関係性の中でこのような象意が現れてくると考えていくと、例えば盛り上がり過ぎて炎上しそうな場面では、自分は沈静化させる役目に回ったりするとか。またせっかく集まって楽しもうという場面なのに温度が足りないような状況であれば、何か強烈なインパクトや刺激的な要素を自分の側から投げかけて見る。そうやって一定の熱のバランスを保っていくような事がイメージできます。

この満月ではそのような非日常的な出来事や、興奮作用の中で出てくる自分の本心や欲求などにも目を向けてみましょう。いつもなら頭でストップをかけてしまっていた本当はやってみたい事柄にチャレンジしやすい時期でもあるからです。

また自分がこれからも好きな事を続けていく為、その情熱を維持していく為に、敢えて時々上げたり下げたりするような変化を加えてみることもしてみましょう。強弱づけが継続の元になることも多いです。恋愛とかも時々イベントがあった方が盛り上がりますよね(*´ω`)

馬から落ちない範囲のスレスレの所でドキドキワクワクするような冒険を楽しんでみてはいかがでしょうか。


また、満月が起こる獅子座の23度と、外部からの刺激を表す天秤座木星23度を、自分のホロスコープ上のハウスに当てはめてみると具体的にどんな場面や場所でこれらの事象が起こるのかを伺うことが出来ます。

私の場合は満月が起こる獅子座23度は9ハウス、木星が滞在している天秤座23度は9ハウスなので(私の場合はもともと8ハウスが広いこともあって隣同士のハウスになっています)、恋愛というよりはいま深く取り組んでいるテーマや集まりの中で、盛り上げたり盛り上げられたり、また自分の中の冒険的な本性を感じたりするのかなと思います。

これは私の現状に当てはめているだけで、8ハウス-9ハウスの象意はもちろんこの限りではありません。例えば、親密な関係を築いている人(8ハウス)と旅行に行ったことで(9ハウス)、マンネリしつつあった関係性が再び盛り上がる、ということもあると思います。

5ハウスと7ハウスなどですと、新しい出会いや人間関係が入ってくることによって自分の恋愛の感性に勢いがつく、つまりロマンスを楽しもうと言う気になる、と読めたりもしますよね。


生命力が内部から湧き上がるような感覚を持てるもの、
いつもとは違うドキドキ感や冒険を楽しめる要素があれば、
分野やジャンルは何であってもその人にとっては獅子座の象徴です。


新しい要素を取り入れて楽しみましょうね。


syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)
・第十二回…支配星について
・第十三回…メジャーアスペクト
・第十四回…マイナーアスペクト

[PR]
by syuko-astrology | 2017-02-08 22:23 | ├新月・満月 | Comments(0)

上空からリサーチし射貫く力@水瓶座9度で新月

1月28日09:08、月は水瓶座の9度で新月を迎えます。

大寒を境にギュッと冷え込みましたね…。地中海バリの温暖さを売りにしているここ岡山も「でぇ~れぇ寒ぃがぁ」が挨拶替わりになっております。雪もチラつきました。夜に山間部の峠を通って帰るので毎日ヒヤヒヤしてます。あ、車は無事に復活しました。やっぱりパッキンが古くなってオイルが漏れしてたみたい。

f0377740_23523085.pngさて、地上世界と宇宙との繋ぎ目でもある月がまた新しいサイクルに突入します。占星術で10天体が語られる時、月もその中の1つとして同じように位置づけられることが多いのですが、実は性質や働きが他の天体と違うというポイントがある。他の天体とは立ち位置が違うということです。しばらく経ってから知って、気づき学んだんですが((+_+))。

月は地球の衛星で、他の惑星と違って地球の周りだけを回っているものです。他の天体とは違って独立性がないということ。多方面から他の惑星のエネルギーを受信しつつも、いつも地球の様子をいつも伺って近くでグルグル回っている。月は私達と宇宙との仲介者でもあり、地球のストーカーでもあるんです。月は地球が大好きなんだと思いますね、感情があるかどうかは別として。

さて、占星術の月が象徴するのは周囲(他天体)からの影響を受けを受け止めたり、目に見えない雰囲気や気を感知して変化していく受信的な性質です。そういう意味で月のある自分のハウス分野に私達は強い関心を持つし、同時に依存し、また影響されやすくもあるのです。そこが安定していないと全部が不安になるような…。心理的に依存しやすい場所と考えることもできるんですね。なので私達は日常的に月を満たすことは大事なんです。新月の時には自分を癒しましょう♪そして新しいパワーを受け止めましょう。


水瓶座9度のサビアンシンボルは
「鷹に変化する旗~A flag tuened into an eagle~」です。

鷹は能動的に飛び出していく行動の意志を象徴し、旗は無機質な、それでいて法則的に記された記号を表しています。何かの記号や印でしかなかったものが、意志を持って実際に動き出すことが表現されています。

f0377740_01212475.jpg水瓶座は自らの感情で動くことの少ないサインです。広い範囲を見渡し様々な情報を集めてそれに基づいて行動していきます。自分の好みだからとか、あの人が言ってたから、というその場しのぎの発想や流行、興奮では動かない性質。それはある意味とても機械的で、人工的な色合いがあります。人工知能的な発想ですよね。

そんな水瓶座の9度には、個人的な感情や感覚では物事を決めない、実行しなという水瓶座の哲学が書かれています。数あるデータや統計からまず綿密なシナリオを作りあげ、それに沿って現実を進めて行こうとするのです。

例えばアンドロイドロボット(でしたっけ?)の作成のような事かもしれません。言葉や表情やしぐさなど、考えられる全てのパターンをただの模型である人形に入力していくと、まるで現実での生き物のように活動を始め、組み込まれた予定に沿って動くものが出来上がります。自分の計算によってロボットが筋書きどうりに動いた時の達成感はプログラマーにはたまらないものらしいです。

私は一時期、アメブロカスタマイズやHPデザインで使うHTMLとかCSSなどの法則的な文字列の面白さにハマっていたことがあります(もれなく途中頓挫(-"-))。しかし一定の法則のある羅列を打ち込むことでデザインが意図したものになっていくのはとても楽しくて気持ち良かったです。大人のゲームって感じがしました。

このようにゴールを決めて設定どうりに展開させていく事を目指すのも水瓶座9度の世界だと思います。

鷲へと変身する旗が見える

この新月からの二週間、私達は自分の主観からではなく、上空から見渡すような視点で行動していく術を手に入れます。私達が新しい未来を創造しようとしつつ、それでも時々躊躇してしまうのは先のことは分からないし、それを乗り越える勇気を持ち合わせてないと思うからです。しかし先の事を見越して何通りもある可能性をキャッチし、全体像が把握出来ていれば、ピンポイントにそこで予測したことを実行していくだけ。特に勇気を出したり気合いを入れたりする必要はなく、ただただ法則に従って動いていくだけで良い。それが水瓶座的の哲学です。

例えば営業マンが新しい取引先に出向くとき、その相手先の事を色々調べておくはずです。今までどんな製品を買ってくれているか?または何がタブーか。その過程から推測される有効なプレゼンは?とか。また社長の趣味はどんなこと?どんな話が盛り上がりそう?など、情報を集めて戦略を練っているはず。

もちろん実際に現場に行ってみたら予測と違ったってこともあるでしょうし、思わぬ展開が出て来て即座に対応しなければいけないことも出てくるでしょう。しかし何の下調べもデータもなく行くよりはずっと安定感があるはずです。事前に色々な場面を想定して可能限りにシュミレーションを重ねておくのです。もちろんその数が多い方が万能となります。あとは目標に目がけて鷹を飛ばすだけ。鷹は自分の実行力の象徴です。

この二週間はそういった自分の中のコンピュータ機能を発達させるべく、シュミレーションして実行に移すということを意識してやってみましょう。物を売る場面であれば、自分が良いとおもうから売るのではなく、世の中を見渡して実際に売れているものをリサーチし、それに合わせたものを開発していくようなやり方です。

世の中を見渡せばもう答えは転がっている。そういった視点が水瓶座の飛ばす鷹の視点です。失敗したとしてもそのデータをまた組み込んで新しい統計を出して行けばいい、失敗も成功も自分のデータとしては同じように価値のあるもの。場数を踏む事で私達の中にいる鷹はますます万能に育っていきます。


syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧はこちらから】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)


[PR]
by syuko-astrology | 2017-01-26 14:00 | ├新月・満月 | Comments(0)

適切な判断力を磨く@蟹座23度の満月



1月12日(木)20:35に月は蟹座の23度で満月を迎えます。

f0377740_17280079.png2017年はじめの満月、チャートを出してすぐに目に飛び込んでくるのは綺麗ぃ~なグランドクロスです(赤い四角の部分)

(太陽-月180度)のアスペクトと(木星-天王星180度)のアスペクトが交差して、この満月期、夜空は一層賑やかな装いを迎えそうです。

活動宮のグランドクロスは派手にガチャガチャと動き回ります。躍動感があり、忙しいことを楽しむかのような、そんなアスペクトなんです。

(木星-天王星180)については「ギャンブラーズトランシット」と呼ばれることがあるそうです。木星の幸運を信じる気持ちと天王星の変化や刺激を求める要素が合わさって、”一発当てに行く”とか”ここに賭ける”ような作用が生じやすいのだとか。この満月にはパチンコに出掛けてみようかな?^^(そーゆー意味じゃないと思ったり)

私が満月にギャンブルかどうかは別にして、(木星-天王星)は新しい発展力や冒険心などを表すアスペクトです。180度では新しい改革への意欲が一層強くなり、積極的に人に働きかけたくなる時期となります。牡羊座にいる天王星が新しいアイデアを持って来て、それを天秤座にいる木星が人に広げて行くイメージ。

そこに満月となった月や太陽も90度で巻き込まれるのですから、とても刺激的な数日となりそうですね。しかし月の感情としては落ち着きそうにもないのです。誰かのせいで脱線したり(月-木星90度)、ハプニングに巻き込まれたりして(月-天王星90度)イラっとくる場面もありそう。新鮮さを感じられる反面、振り回されて疲れやすくなることもあるのかな~と思います。その場その場で切り替えることが大事です!


さて、蟹座23度のサビアンシンボルは
「文学会の集まり~Meeting of a literary society~」です。

f0377740_19023609.jpg















世間から評価を受けているような著名な専門家たちが集まり意見を交わす文学会。培ってきた能力や知識を社会の為に活かそうという志のある人が集まってそこで文学的な作品について、また社会の動向などについて評価したり批判したりと討論している様子が描かれています。

感情的な好き嫌いによる批判精神は狭さや陰鬱さしか生むことができませんが、共感や共存から生まれる健全なそれであれば民族や集団の知的レベルを向上させるものとなります。特にここでに集まっている文学家たちは世の中の仕組みを良く理解しており、常識的な判断が出来る人ばかりです。

どんな所が素晴らしく、そしてどんなところが欠けているのか?などまだ明確に打ち出されていない世間の衝動を上手に言語化し時代を牽引していきます。起こりうる様々な可能性を検討し最善の策を引き出そうとしています。

文学仲間の会合

この時期私達に投げかけられるテーマとして、社会や家庭などの自分の属する共同体の中で、自分の意見を表明していく必要性に迫られるかもしれません。関わっている集団や環境との関係にただ飲み込まれるのではなく、一個人としての姿勢や意見をしっかり持つ事、そしてそれを上手に表現していくことなどが必要となります。

どんな関係にも、望ましい面と好ましくない面があります。この満月では自分を取り巻いている関係や環境についてもう一度、真剣に考えてみましょう。アスペクトの影響もあって家族や親しいつながりの中で違和感を感じることもあるかもしれません。その違和感を無視するのではなく何が問題なのかを自分の中で明確にしてみましょう。その上でみんなに最善の方法を考えていくのです。もっと良くする為にどんな方法があるのでしょうか?また、どんな言葉を使ってそれを伝えるのが効果的なのでしょうか?

感情的になってやみくもに関係性にヒビを入れてしまうのではなく、結果的に皆で笑い合えるような、そして高め合えるようなことをありったけの知恵や経験を使って考えてみましょう。それぞれの人間性、懐の深さが試される時期になるとも言えそうですよ。

…とわりと懐の狭い私が言ってみました('_')


syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧はこちら】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)



[PR]
by syuko-astrology | 2017-01-09 20:14 | ├新月・満月 | Comments(0)


最新の記事
以前の記事
タグ
記事ランキング