Syukoの星読みブログ


占星術の世界から私たちの倖せを探究していきます。
by Syuko
カテゴリ
外部リンク
ライフログ
検索

タグ:ホロスコープ ( 21 ) タグの人気記事

春風に乗って♪@牡羊座8度の新月


月は28日(火)の11:58頃に牡羊座07.37度で新月を迎えます。
f0377740_21391026.png















牡羊座に5天体があってとても賑やかです。
毎年春にはこうやって牡羊座に金星や火星、水星などが
集まる事が多くなるのですが、やっぱり3月4月と言うと、
引っ越しや就職、進学など新しいスタートが多い時期ですよね。

さて、牡羊座の数え8度のサビアンシンボルは
「リボンのついた大きな帽子が東風になびいている 。
~A large hat with streamers flying,facing east.~」
です。

8度はじっと静かに力を溜め込んでいく度数。

帽子についているリボンはアンテナの象徴。
東風がもたらす生命的な息吹や自然界の仕組み、
法則などをその都度細かくキャッチしていきます。

東は物事が生まれる方向でとてもパワフルな場所。
新しい意欲や喜び、アイデアなどのエネルギーが
この風にのって東からやってくる。

それを帽子についたリボンでキャッチするのですが、牡羊座の初期段階にあってはまだ自分の意志や目的が明確ではなく模索中であって、周囲の状況によってむやみに煽られたり影響されてしまったりしやすい点があります。

なので信頼できる存在の近くで情報を精査しながら学んでいく事が大事となります。帽子は頭を守ってくれる保護の象徴。

月は次回の満月となる天秤座15度に向かって成長していきますが、
新月からすぐに、天王星・冥王星・木星のTスクエアに触れる形に…。

月は生まれたてな上にさらに東から来る生まれるエネルギーに翻弄されやすくもあり、繊細な月が煽られるのは簡単に見えます。

もちろん、乗せられて盛り上がるってこともたまには必要ですが、あまりにも周囲に影響され過ぎると自分の着地点がわからなくなってしまいそうな配置。

新しく何かが始まるドキドキ感や喜びは敢えてグッと内面に押し込め
心でははしゃぎつつも表では冷静に過ごすことが適していく時期になりそうです。


Syuko☆

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

~ホロスコープ、それはたった世界にひとつだけの、魂の地図。~
●占星術ってなぁに?星の用語解説⇒占星術の基礎知識&参考記事一覧
●個人ホロスコープ鑑定⇒詳細&各メニューはこちら
●お問合せ⇒ astroeyes46@gmail.com


by syuko-astrology | 2017-03-26 22:12 | ├新月・満月 | Comments(0)

4ハウスの月



今日は4ハウスの月を考えてみたいと思います。
※参考記事はこちら⇒(月とハウスの関係)

f0377740_18271249.jpg










キーワード…お家でリラックス、住居やインテリアに関心、安全な居場所、心の安定を家庭に求める、両親や家族との縁が深い、地域や土地の影響を受けやすい…etc。



4ハウスは家族や家庭、住まいなどを表す場所です。
安全の確保される空間という意味から自宅や家屋一般をあらわします。

4ハウスの月があるのは一番保護や安心を求める本能が強いです。
もともと月は4ハウスマターと言って4ハウス象意なので。

雑多な情報や人が入り混じるような世界からは隔離された
閉塞的に自分の身近な人だけがいる空間。

そういった場所に帰ることで4ハウスの月は心の安定を計ります。

自然と家族と過ごす時間も多くなるでしょうし、
祖先や故郷との縁も深くなることが多いようです。

但し、月があるということはそこが不安定で
揺れやすいという事でもあるので、
幼少期の家庭環境には変化が多いのかもしれません。

太陽が他のハウスにある場合、早くから親元を離れ自立を目指しますが、
その一方で実家や郷土に愛着心を持ちづづけることになるので
常に自分の家系に関する事柄に関心を向けていく生活となるでしょう。

懐かしいもの、自分の幼少期の環境を再現することで
心身のリラックス、充実感を得ることできる配置。

特に自分の育った地域の歴史やルーツ、
文化などに関わる事で過去の自分を想い出し、
懐かし感覚を得ることがリフレッシュに繋がります。

また月は周囲の影響を受けやすい天体です。

4ハウスに月がる場合には
住んでいる場所、寝ている場所の見えない影響を
無意識の間に察知しやすいということになります。



Syuko☆


~ホロスコープ、それはたった世界にひとつだけの、魂の地図。~
●占星術って?初めての方はこちらから⇒占星術の基礎知識&参考記事一覧
●個人ホロスコープ鑑定とかレッスンとか色々⇒詳細&各メニューはこちらを
●お問合せ⇒ astroeyes46@gmail.com


by syuko-astrology | 2017-03-22 22:47 | ├天体とハウス | Comments(0)

3ハウスの月


しばらく間が空いてしまいましたが、
今日は月が3ハウスにある場合の意味などについて
綴っていきたいと思います。

emoticon-0171-star.gif


※参考記事はこちら⇒月とハウスの関係
f0377740_18271249.jpg









≪3ハウスの月キーワード≫
話し好き、好奇心、散策・旅行でリラックス、勉強家、
相手の言いたい事を察知、移り気、移動好き、情報通…etc。

3ハウスは知性的な活動をする場所でした。
※ハウスに関する記事はこちら⇒12ハウスについて

会話したり、学んだり、伝えたり、
情報を集めたり、発信したりが3ハウスです。

月が3ハウスにある場合、色々な会話や意見、
情報が飛び交うような環境に慣れていると考える事ができます。

3ハウスは変化が多く多様性のある場所、
近所とか、路上などの象意もあります。

籠ってどこかにじーっとしているハウスではなくて、
目の前に色々な人が行き来していたり、
次から次へとニュースが舞い込んでくるような所。

本人が落ち着きがないかどうかはサインやアスペクトによりますが、
いずれにしてもゴチャゴチャした変化の多い環境に身を置くことに慣れているし、
そういった世界に触れる事で安心したり喜びを感じたりする配置と言えます。

誰かとお喋りしたり、習い事したり、
本を読んで調べたり、分かったことを伝えたり、
そのような行為をすることで日常生活が充実します。

サインによっては本人は口下手で大人しい場合もありますが、
3ハウス的な環境にいる事は好きなのです。

人が喋っているのを見ているだけで
面白いし楽しいという人もいますよね。



昔、ある占いのお店に勤めていた時、
路上占いを頼まれたことがありました。

宣伝とイベントを兼ねてという事で、
開店から数時間、店の前にテーブル出して
露店占いみたいな事をしていたんです。

「何やってるんだろう?」
「どんな占いですか?」

行き交う人が時々足を止めます。
常にジロジロみられます。

月が12ハウスの私にはそれが苦痛で苦痛で仕方ありませんでしたが、月が3ハウスにある占い師さんは、その露店イベントを楽しみにして、張り切ってました。こうも違うのかぁって感じた事を覚えています。(もちろん月だけじゃなくチャート全体の傾向を見なければ…ですが)

誰もいない場所やシーンと静まり返った環境、
人気のない場所を好む12ハウスの月と
路上で吹きっさらしも結構面白くて好き
という3ハウスの月では全然違うんだなと。

私は太陽は3ハウスなのですが、
月は12ハウスなのです。

だから喋る事は好きなのですが、
できれば静かな所でやりたい訳です。

そうしないと集中できないし落ち着かない。

だけど3ハウスに月がある場合、
本能的に気持ちが人に対して開かれているので、
道行く人に興味を向けてもらうのが楽しかったりするのです。


また、別の人の話しですが同じく3ハウスの月の人で、
休みの日には足しげくカルチャーセンターに
習い事に行っている人がいました。

占い関係から語学、文化、芸術まであらゆるものを学んでいましたが、
そういう場所に行くと気分転換が出来てとてもリフレッシュできるんだそうです。

休みの日こそ、じっとしていないんだな~と思った事があります。



話し戻しまして、月の依存性という意味からいうと、
常に何かを学んでいないと落ち着かないということもあるかもしれません。
(9ハウスの月もちょっと似てるかも)

月なので、それが社会生活に繋がるかは分からないけれど、
本質的に情報を得ることが好きでそこに触れていたいという事です。

それをやることで自分に戻れる、安心する。

また、月は受容的な天体なので、人の考え方を
柔軟に受け入れる環境に向いていることにもなります。

人の話を聞いて、あーでもないこーでもないをやるのが得意な事が多いので、自然に情報や会話などを扱える訳で、するとコミュニケーションが必要な分野においては強みになります。マスコミ的な分野などにも関心があるかも。

それから月が女性の影響という視点から見ますと、
3ハウスが意味する学びの場所や若い頃に関心を向けた分野において、
女性の先生が深く影響していることもあります。

子供の頃に何気なく手にした本にのめり込んで、
大人になってからもその影響を受けていたり。

大好きな先生がいて、その先生の生き方や思想などが
大きく自分の人生に反映されていたり。

影響を受けた本や感銘を受けた先人の考え方を土台にして、
自分の太陽があるハウスで発展させていくという感じになる。


それから身近な人が言っていたことを
細かく記憶していることも多いです。

母親(家族)の口癖を無意識に自分も使っていたり。

普段でもあの人がこんなこと言ってたな~っ
て事をよく覚えている事が多いのです。

月なので意識してやろう!って感じの類じゃないけれど、
自然に周囲の情報や人の語ったことなどに敏感になりますから、
自分が共感できた場合や気になった場合は(月なので自分の好みに忠実)
月の記憶機能を使って繊細な部分までダウンロードしていることも多いのです。


…という事で月が3ハウスにある場合は、

雑多な情報が飛び交う分野や、
色々な考えや思想が交差するような場所に身を置くことが自然。

または出来てしまう、居れてしまう。

物理的には路上などの色々な人がいる場所、
または自分が常にあちこちに移動しているような状態に慣れている。

そのような環境に触れているとリラックスできる、
安心できるのが3ハウスの月と言った所です。


他にも色々な意味があると思いますので、
イメージ膨らませてみて下さいね。



それでは今日はこの辺で。


syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

emoticon-0171-star.gifホロスコープ Horoscope
~それはたった世界にひとつだけの、魂の地図~

●占星術ってなぁに?星の用語解説など ⇒占星術の基礎知識&参考記事一覧
●個人鑑定ホロスコープ読み ⇒詳細&各メニューはこちら
●お問合せemoticon-0154-mail.gif astroeyes46@gmail.com

by syuko-astrology | 2017-03-16 23:36 | ├天体とハウス | Comments(0)

朴槿恵氏のチャートとか世の中の激動とか…。


激動の年だ、変動の年だ、
このキーワードって毎年言われてる気もしますが…。

まぁ、地球は回っている訳で、
天体配置も同じパターンはそうそうないので、
毎年、毎日が変動を繰り返していることは確かなのですが。

それにしても、去年から今年にかけても
世界情勢は色々とありましたね…。

ここ最近ではマレーシアでキム氏の事件があり、
韓国では朴槿恵氏が大統領を罷免、
何やら落ち着かないアジア。

日本国内でも築地の事やら、変わった学校の建設問題とか、
他にもあれやこれやで色々と課題は多いのですが、

占星術的に言うとトランシットではここ最近、以前から形成されてる冥王星-天王星のスクエアに木星が参加してT字スクエアが出来ていますから、この冥王星と天王星が表す崩壊と再生のエネルギーに拍車がかかっていると言えるのかもしれません。

もちろんこれは悪い意味ばかりではありません。
あらゆる物事の根本的な改造や改変をする時期ということで、
心機一転、新しい道が見つかった人も多いでしょうし、
自分が取り組むべき役割や責任が明確になった方もいることでしょう。

但し、山羊座の冥王星は既存のルールや価値観に穴を開けますから、改造や刷新のきっかけとして最初に今まで平然と進んでいた計画が、ある日急に破綻するような事は十分考えられます。

築地問題なんかでもそうですよね、小池さんが都知事になっていなかったら
どうなっていたのかと思うとそれはそれで恐ろしいじゃありませんか。

私達の多くは、都や国が決めて推進しているものは安全なのだと鵜呑みにしやすい傾向を持っています。知名度のある企業の物だから大丈夫だと。実は汚染が激しいとか、誰かの上手い飯の為にお金が動いていたとかって裏事情は知る由もないんですよね、当たり前ですが。だから実績や一般常識的な所で判断する。

しかし山羊座という社会構造の当たり前に冥王星はバッサリメスをいれてくる。今までまかり通っていたような構造がぶっ壊れて真実がむき出しになるようなことが頻繁に起こります。そして過去の常識なんてもう通用しないんだな、自分自身で責任もって向き合わなくちゃと考えるように促されるのです。

特に計画を進めていたものが急に途中で駄目になる。
こんな現象が各地で多いですね。

何事もショックが大きいし、また一から計画し直す労力は大変なものがあるけれど、でも、これでいいのか?ってことが冥王星によって問われているような気がします。鵜呑みにしない、臭い物に蓋をしない。大事な部分を内側からしっかり整えて、その上で進めていくことの大切さを目の当たりにする。


で、話しが反れちゃったんですが
あまりにもニュースで取り上げられるので(当たり前か)
朴槿恵さんのチャートを出してみたんです。
公表されている生年月日が正しいとして、見ていくしかないのですが。
f0377740_00042485.jpg


















太陽は水瓶座の数え13度のカリスマ度数と言われる場所にありました。
月は…、牡牛座でいいのかなと思います。

特徴的なのは土星・金星・木星・天王星の活動宮のグランドクロス。

活動のクロスやT字スクエアは政治家や事業家などには多い配置で、とにかく忙しことと、次から次へと決断を下していかなければならないような働きをすることを意味します。またそういった行動力や能力を持っているということでもあり。

ただ、興味深いのはこのグランドクロスに太陽や月が関与していないこと。

これって自分の知らない所、力の及ばないような所で
何かが動いていく配置とも読めるんじゃないかなと。

水瓶座は世の中を広く見渡しながら人生を切り拓いていきます。13度なので情報分析や把握力は突出したものがあるはず。もちろん、一国の大統領をやった方なので世間を掌握する才能があるのはホロスコープを考えなくても想像がつくものでしょう。

しかしこのカリスマ的存在を持つ太陽がグランドクロスに関わっていないとなると、エネルギーの使い方に穴が開く事もありそうですよね。月も関わっていないから気が付かないというか、肌で感じていないような、どこか他人事的な展開が多くなる。

目の離れた所でグランドクロスに投影されるような色々な人の意志や動き。
そこに自分の光(太陽・月)を当ててフォーカスしにくい何かが。

表看板にいるのは自分でも、具体的に動かしていたのは他の人、
なんて構造にも見えなくもありません。

もちろん、結果後付け論です。


太陽-土星は120度で、太陽の歩みを土星がサポートしている形です。
しかしこの土星が今揺さぶられているので、安定感はなくなり、
当たり前に前に進むことが難しくなる時期。
土星の表す基盤や権威、手堅いサポートが無くなる時期とも言えます。


さらにちょっと気になるのが、グランドクロスの牡羊サインにある元気の良い木星は、友人を表す11ハウスのルーラーだという事です。

3ハウスは伝達、思考、情報などを扱う場所、
そこで友人が喋っている、考えている、何かを伝えている。
実際に考えて指示を出していたのはやっぱり友人だったの?なんて。

洗脳されていたのかどうか真実は分かりませんが、
友人の影響が本人の考えに影響を与える形とも読めなくありません。


運勢的な流れとしては
2014年のセウォル号の事故があった時期から、
t冥王星がp太陽にスクエアでかかり始めました。

また、昨年末の友人が逮捕された頃に
n土星-t木星合、同じくn土星-t冥王星90度で
もともと持っているグランドクロスが刺激され、
あらゆる動きが表面化されてくる時期でもありました。

年齢域では土星の時期なので(土星は56~70才あたり)
n土星への刺激は現実的な立場に大きな影響を受けるのではと思います。
上にも書きましたが太陽を支えていた土星の基盤が形を変えてしまうのです。

罷免された今月はハーフサムでは火星/土星=t海王星。
活動の停止という意味がある火星と土星の組み合わせに
現実的な枠を溶かしてしまう海王星が入っているのが気になります。

活動を停止する、立場を失うということでしょうか。
また4月末には、火星/土星=t天王星にもできます。

プログレスの太陽を見てみるといまは牡羊座の17度辺りにいて、
今後まだ数年トランシット冥王星からの90度の影響を受けます。

内面的にも外部的にもしばらく厳しい状況は続きそう
あらゆる問題の決着には時間がかかりそうな星回りです。


もちろん、同じような配置を持った人が全員、
辞職したり活動を停止されるという事ではありません。

ただ、元々のグランドクロスが刺激された時期に
好ましくない状況を迎えたのだとしたら、
いままで見過ごしてきた部分、自分でやらねばならなかった部分が
ここで一気に暴れ出したとも考える事ができるのです。

占星術ではどんなチャートであっても
目指すところは自己の統合。

つまりチャートに持っているエネルギーを全部自分で
理解し、コントロールし、建設的な形で動かせるようになることです。


言葉で言うのは簡単ですが、
地上で実践するのはまさに挑戦の連続、
ある意味修行なのかもしれません。


syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

emoticon-0171-star.gifホロスコープ Horoscope
~それはたった世界にひとつだけの、魂の地図~

●占星術ってなぁに?星の用語解説など ⇒占星術の基礎知識&参考記事一覧
●個人鑑定ホロスコープ読み ⇒詳細&各メニューはこちら
●お問合せemoticon-0154-mail.gif astroeyes46@gmail.com

by syuko-astrology | 2017-03-13 13:13 | ■ブログ | Comments(0)

2ハウスの月


前回の月とハウスの関係の続きで、
月が2ハウスにある場合を考えてみたいと思います。

emoticon-0171-star.gif

月が各ハウスに入った時の特徴や作用としては、

・本能的な関心
  ⇒入ったハウスの事柄に興味を持つ。
・記憶能力と自動運転機能
  ⇒入ったハウスの事柄や事象に慣れている。
・緩和&リラックス作用
  ⇒入ったハウスで素顔が出る、本音が出やすい。
・充足欲求と依存性
  ⇒そこに安定や保護を求める。
・受容性
  ⇒入ったハウスの環境や状態の影響を受ける。
・察知能力
  ⇒入ったハウスに関する事柄に敏感、先読みをする。
・大衆性と親和性
  ⇒入ったハウスで人気を得る、親しまれやすい。
・流動性と変化気質
  ⇒入ったハウスが意味する事柄に変化が多くなる。
・依存性と回帰本能、逃避願望
  ⇒そこに安心や懐かしさを感じ浸る。
・母性本能発揮
  ⇒入ったハウスで女性的な役割を担う。
・月が表す人物の影響
  ⇒入ったハウスで母親や妻、女性の影響を受けやすい。

…などを考える事が出来ました。


2ハウスに月がある場合は
どんなことが考えられるでしょうか。


f0377740_18271249.jpg










emoticon-0171-star.gif2ハウスの月☆キーワード

経済的な安定を求める、母親の才能を受け継ぐ、大衆相手の商売に向く、経済的な風潮に敏感、金運は流動的で変化が多い、豊かで快適な私生活を維持する…etc。


2ハウスは物質を所有する場所でした。
手にして見て味わえるものを実感するハウス。

それは金銭的な事柄はもちろんですし、
生れつき持ち合わせている身体的な才能も意味します。

例えば、生まれつき
足が速いとアスリートになるとその才能を活かしやすいし、
声が良いなら、声楽家や歌手などとしても活躍しやすいですよね。

また計算が得意という場合には
経理や情報処理などの方面には進みやすいですし、

喋るのが得意、という事なら
報道とかアナウンサー、教師とか、色々あります。

もちろん社会的な成功には後天的な努力や本人の意識が大事ですが、
2ハウスが示す才能というのは生まれつき備わった資質を指していて、
そこを磨けば収入に繋がるものを示しています、これは誰でもあるもの。
(2ハウスに入る天体か、天体の無い場合はカスプで見ましょう)


一方月は上に纏めたように入ったハウスの事柄に関心を持ったり、
またそこの動きを敏感に察知したりする性質を持っています。

という事でまず2ハウスに月がある特徴としては
世間で流行しているビジネスや商業に敏感になることです。

月は一般大衆を表しますから、
世間の人々が今欲しているものが分かる、という感じ。


月なので無意識に同調しています。
自分が欲しいと感じるものはみんなにとっても
欲しいと思っている物である事が多いということ。

これがお金になる!
これはビジネスに繋がるぞ!
ってものを本能的に嗅ぎ取りやすいと言えます。

これは生れついてそういった環境で育った場合も多くあります。
家族や親戚など近しい関係の人に商売人がいたとかで、
そういった人たちの営みが子供心に記憶されているのです。

2ハウスの月としてはこのような感覚の地盤があるので
大人になってからも良いと思ったものが事業に繋がるのは自然だと思っているし、
また、そういった事に関心を持ちづづける配置でもある訳です。

また、月がそのハウスにおいて
安らぎを感じたりリラックスできると考えたときには、

自分が疲れてホッとしたい時や、心の安定を図りたいと思う時は、
2ハウスの表すような物心ともに豊かな状況を再現しようとする可能性も高いです。

これは上と相反するようですが、ストレス解消の為に買い物をしたり、
酷い場合は買い物依存や、過度なグルメ三昧などの傾向。

自分の感情的ストレスを
お金を使うことで発散させることがあるのです。

2ハウスは収入、その人の稼ぎ方を表すと同時に
購買意欲や消費も意味します。売るのも買うのも同じ2ハウス。

ま、全体的なものを見なければ
お金の使い方は言えないのですが、

取りあえずここでは2ハウスに月あるということだけで見ると
物質的な豊かさを味わうことで安心感を得たり、
金銭を動かして価値ある物を所有していくことなどに
アンテナが向いているのでそこで感情的な鬱憤を晴らしたり
自分をリフレッシュすることに使いやすいと言えるのです。

また、月は個人的な気分や人気運を表すので、
いつも入ったハウスを流動的にもしますから変動は多め。
気分が安定や個人的な人気運が収入に比例しやすい形です。

また母親から身体的な才能を継承しているという意味もあります。
親譲りの美声だったり、スタイルだったり、色々ですが、
それはサインなども参照してみると良いと思います。


ということで気分安定が経済的な安定にも
繋がりやすい2ハウスの月について書いてみました。



今日はこの辺で。


syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

emoticon-0171-star.gifホロスコープ Horoscope
~それはたった世界にひとつだけの、魂の地図~

●占星術ってなぁに?星の用語解説など ⇒占星術の基礎知識&参考記事一覧
●個人鑑定ホロスコープ読み ⇒詳細&各メニューはこちら
●お問合せemoticon-0154-mail.gif astroeyes46@gmail.com

by syuko-astrology | 2017-03-11 18:43 | ├天体とハウス | Comments(0)

太陽が入るハウス(7H~12H)


今日は、前回書いた太陽が入るハウス(1H~6Hまで)の続き、
7H~12ハウスの太陽について綴ってみたいと思います。

★占星術における太陽の意義
太陽は26~36才くらいまでに発達するその人の人生観で、ホロスコープ内ではその人の生き方そのもの、発展方向などを表しています。自分を成長させようと意識して積極的に切り拓いていく時に使われる天体なので、一人でボーっとしている時やリラックスしすぎている時にはあまり使われませんが、もっと自分の人生を輝くものにしたいとか、達成感や充実感を得ていきたい場合はこの太陽をフル活用することが重要になってきます。

太陽が表しているのは、
①どんなエネルギー源(サイン)を使いながら、
②どんな場所を舞台にして(ハウス)、
③どんな風なアクションを起こしていくか?(アスペクト)です。

今回の太陽が入るハウスの説明はこの②に当たります。
どんな場所において自分の人生を広げていくのか?
という事を太陽が入っているハウスから考えてみましょう。

なお、1ハウス~6ハウスは基本的に自己を育成することに焦点がありましたたが、
7ハウスからは関わる相手や社会性を意識した生き方になっていくことがポイントです。


7ハウスの太陽…あなたと私で創造する人生
天秤座の性質を地上で行う7ハウスに入った太陽は、相手の意向と自分の意向を照らし合わせて対等に関わり、また他者n協力する生き方を目指すことになります。相手の自己実現に協力するとか何かをコーディネートするような事、また人の話を聞くこと、相談に乗るような意味合いも出てきます。7ハウスは他者の意見や存在を意識し、それらを理解していく場所です。なので7ハウスに太陽があると必然的に出会う人の影響で、自己の人生方向も変わる事が多くなります。特に配偶者やビジネスパートナーなどとの関わりの中では自分の生き方や社会での役割を感じられるでしょう。相手が望んでいる事や成長しようとしている過程に寄り添う行為の中で能力は最大限に発揮されていきます。自然とサービス精神や社交性が高くなりますので、どんな場面においても他者とのバランスを考えることや、人がバランスを取ろうとしている所に協力していくような方向性を意識すると良いでしょう。向いている分野は人と接する仕事全般となります。相手の意向を尊重して協力するという意味で弁護士、仲介業、コンサルタント・相手に似合ったものを提供すると言う意味で、あらゆる分野のコーディネーターなどにも多い配置。7ハウスの太陽にとって出会う人は全て自分を成長させてくれる鏡なのです。

8ハウスの太陽…深く関わり人を支える生き方
8ハウスにある太陽は、限られた関係性の中で人生が濃く発展していくことを表しています。深く関わったテーマや組織、先祖や先人などから意思や技術、財産名誉などを継承し、それらを大事に受け継いで繁栄させていくような生き方です。非常に奥行のある深い事柄に関わっていく場所であり、ある程度の拘束感があります。また、通常の個人的なラインより奥に踏み入るような事を示すので、その分人生には重責やプレッシャーも多くなります。しかし人には出来ない事が出来ることや、他者に信頼される自分である事が誇りになります。8ハウスは物心共に狭く深い場所を表していて、象徴としては他者の財や遺産、秘密、セクシャリティなども扱います。人があまり大っぴらにできないような事を扱ったり、他者のプライバシーに踏み込んで水面下で協力するような活動が中心です。また蠍座の持つ始めと終わりを統括するような意味合いから、生命の誕生や死に関わるようなこと、タブー意識や人を根底で動かしている心理などにも関わる事が多くなります。皆がいつも口にはしないけれども実際は人間が人生を全うする上で大事になっているような事に焦点があります。保険関係、金融業、宗教、調査関連、後継者、研究、葬儀関連、医療など、人と濃く密接に関わるような生き方を意識していくことで人生は発展していきます。

9ハウスの太陽…常にグレードアップを目指す生き方
9ハウスに入った太陽は火の柔軟サイン射手座を具現化する場所です。ここでは火の表す精神性が頂点まで高まるので、現実的な作業にあたるよりは抽象的な思想に傾斜する意味合いが濃くなります。9ハウスは常に上を向いて自己を刷新、向上させていく場所なので、自分が馴染んできた環境や思想、文化などよりも違うものに関心を向け、そこで常に意識を拡大、飛躍させていくような取り組みが行われるのです。当然この9ハウスにある太陽は今を善しとはしませんから常に何かを学んで行ったり、知識を得ていくような姿勢で人生を展開させていきます。象意としては未知の世界、海外、出版、思想哲学、学術、高度な教育や知識、心の旅、探究活動全般。自分の考えを広めていくような意味で教師や指導者的な意味もあります。9ハウスの太陽は常に人生を学びの舞台とし、自分は何者なのか?と問い続け、哲学性や考え方によって自分の存在を意味を知ろうとします。自由に色々な知識や思想を扱っていけることが大事なので閉塞的な環境や決められた価値観の中ではその良さを発揮できません。いつも開かれた場所に身を置きその中で多様な価値観をぶつけ合い、議論し、研究し合いながら自他を磨いていくような生き方が出来ると良いでしょう。思想家、専門学術研究、海外事業、語学関連、文化研究、評論関係など。

10ハウスの太陽…社会に自分を認知させて輝く人生
10ハウスは山羊座の場所で現実的な社会の頂点にある場所です。ここに太陽が入るといわゆる実際的な社会生活の中で自分の地位を築き上げていく事がとても大事になります。明確にできる立場を持って社会に自分の存在を知らしめていくことが10ハウスの太陽のテーマです。企業に勤めて役職を持ったり、または出世して社長になるというイメージもありますが、それだけでなく「自分は〇〇の先生です」とか「こんな資格を持っています」というはっきりとした肩書を持つこと、または「〇〇でこんなお店をやっています」というように社会の中で自分の所在地を明確にして生きていくような意味合いとなります。自分が社会の中でどこにいるのか?またどんな経歴や資格を持ってどんな活動をしているかを世間に提示しながら活動していくということです。10ハウスに太陽が入ると必然的に対社会を意識するようになりますから、自分の経歴づくりには熱心になります。また高い評価を得るための努力も行われますから非常に積極的で現実的な生き方を目指すことになるでしょう。社会からの確かな手ごたえによって自己を確認し、また満足感を得ることができるので、太陽のサインが意味する分野で貪欲に成功を目指していく事が人生を輝かせるポイントとなります。

11ハウスの太陽…皆に未来を提供する生き方
11ハウスは水瓶座を具現化する場所なので、ここに太陽が入ると社会でまだ認知されていない革新的な事柄を扱いながら、物質的な壁を超えて広い活動を目指すことになります。同じ意志や思想を持つ人々と材料を共有し、未来について考えます。何か便利なものをシェアするようなことや改革的な活動、現状に満足せず常に改善の意志を持って進む姿勢が人生を有意義なものにしていきます。特定の地域や地位、個人的な事情を度外視して、意志や思想が共通するということが大事になります。日常の仕事から離れて、同じ趣味で集まったり何かの研究をしたり、愛好家同士で集うようなこと。11ハウスにある太陽は人との横の繋がりの中で人生を発展させていくことを意味しており、非個人的な理念によって活動するので、公共という意味もあります。またそのような空間を公に提供する立場になるという解釈にもなってきます。仕事面では常に刷新が行われ、改革的な意見を打ち出せるような環境に身を置くのが好ましく、自分の新しいアイデアが反映されやすい職業ならば会社員でも組織人でも成り立ちますが、一定の場所に閉じ込められることや既存のルール・風習などに縛り付けられると動きにくくなるので、自由が利く環境に向いているでしょう。フリーランス、契約社員、臨時講師、ネットでの事業、改革運動、自営業、公共事業、サークル活動、など。

12ハウスの太陽…自己を捧げ公に貢献する人生
魚座の性質を地上で再現する12ハウスは、基本的には目で見えない事柄や水面下での活動を意味するのですが、最後のハウスということもあってその解釈は無限にあります。社会生活の中では表面的には見えてこないような課題に取り組む事や、集合無意識、心の世界やスピリチュアルな舞台をメインにするような意味にもなります。自分は直接表に出ずに見えない場所で活動するような生き方、メッセージで働きかけるような事も表します。また影から人を支えるという意味で心のケアしたり癒しを与えるような活動も。12ハウスは物理的なリアル感はなくなるので、メッセージだけを拡散する神格化された存在とか、有名で知っているけれど実際にはあったことのないような存在になること。皆の父、皆の母のようなイメージも。精神的な部分で同調し広がっていくような意味合いがあり、また隠れた場所というのは隔離された神聖なものも意味するので、個人を捧げて他者や社会全体に貢献すると考える事も出来ます。ボランティア活動全般、天皇や大臣などの公職、神主や宗教家、リハビリ関係やスピリチュアル、刑務所、施設、自然保護活動、メディアや匿名芸名での活動など、色々です。また人が扱わないもの、見向きもしないもの、捨て去った物の中に価値を見出す作業が行われる場所でもあるので、リサイクル事業や修理産業などにも関係します。太陽の持つサインにおいて宇宙全体を支えていくような感じで考えると良いでしょう。困った人を見捨てずに寄り添って再生を促すようなこと、忘れ去られようとしているものに光を当てるような生き方が人生を充実させ、また自身の霊的な成長に繋がります。

-------------

ということで2回に渡って太陽とハウスの関係を考えてみました。当然、サインの性質やアスペクトなども考慮しなくてはなりませんが、太陽が入るハウスについてみていくことで、活動のメインとなるのがどんな場所なのか?ということが分かります。



syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

ホロスコープは世界にひとつだけの魂の地図。
f0377740_13270546.gif
emoticon-0171-star.gif自分のホロスコープを知る。
  ⇒占星術の基礎知識&参考記事一覧

emoticon-0171-star.gif個別鑑定&占い始めました。
   ⇒詳細&各メニューはこちら

by syuko-astrology | 2017-03-03 13:04 | ├天体とハウス | Comments(0)

太陽が入るハウス(1H~6Hまで)


太陽は後天的に意識して開発していく天体です。積極的に未来を切り開いていく時、自分らしく活き活きと輝いている時、人は太陽のエネルギーを十二分に発揮しています。なのでもっと自分らしく生きたいとか、人生で充実感を得ていきたいと考える時にはホロスコープの中の太陽に注目してみると良いでしょう。

太陽が表しているのは、
①どんなエネルギー源(サイン)を使い、
②どんな場所(ハウス)を舞台にして、
③どういったアクションで社会を関わっていくか(アスペクト)
というその人の生き方、総合的な人生傾向です。

今日はこの中の②、太陽が輝く場所について取り上げてみようと思います。

なお、①の太陽のサインは人生を発展させていく時に使われるエネルギーの性質を表しています。牡羊座なら新しく始めていく、自己主張していくエネルギー、牡牛座なら価値あるものを所有していく継続力のあるエネルギー、双子座なら色々な情報を多様化させていくマルチなエネルギーを持って人生を進めていくということなのですが、今日はどこで?を意味するハウスに焦点を当てて書いてみますので、サインの性質については下記の記事を参考にしてみて下さい。
火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)

私も今まで色んな本を読んで学ばせて頂きましたが、サインの意味とハウスの意味って割とごっちゃになっている物も多いような気がします。ハウスの場所に「~な性質」って書いてあったりする本も多いんですよね。ハウスは性質じゃないので、例えば牡羊座の太陽ということと、1ハウスに太陽があるということは本来違う意味を持っているはず、だと思うのです。なのであくまでも性質はサイン、場所はハウスとして読んで行った方が解釈の幅が広がるのではないかと考えています。まあ、文章にするとごっちゃみたいにはなるのですが。

…と言うことでなるべく基本に戻りながら、今現在での私の思う太陽が入るハウスの意味を纏めてみることにしましたので、宜しければご自分のホロスコープと照らし合わせて考えてみて下さいね。



1ハウスの太陽
…自主的に飛び出す、唯我独尊の人生。
1ハウスは自分自身を表す部屋です。また自主的に新しく物事を始めていく牡羊座を地上で体現する場所ですから、1ハウスに太陽が入ると、自分自身で切り拓いていく人生が向いている事となります。自分で決断して自分で始めて動いていくことが重要であり、誰かに指示されたり他人に従うことには向いていません。何かを創始しそこで主導権を握っていくような事をやっていくのに向いています。勤め人であれば自分で采配を取れる環境に身を置くことが大事になります。思った事をすぐ実行できる場所が1ハウスです。こういった意味から独立創業や自営、最先端の分野で第一人者となること、個人で勝負できるような仕事をしていくなどの意味が出てきます。携わる業種や内容はサインによりますが、共通して言えることは、自分自身の手によって人生を進めていくことです。

2ハウスの太陽…マイペースに楽しむ、実り多き人生。
2ハウスは物質を所有しその価値を維持していく場所。2ハウスに太陽がある場合は持って生まれた自分自身の才能や資産を活かして人生を歩んでいきます。また物質面、心理面ともに豊かで満たされた生活を目指し、良い物を鑑賞すること、美味しい物を味わうこと五感に働きかける分野に向いています。人の意見や状況に惑わされずコツコツと自分のペースで展開していけるような世界に身を置く事で充実感を得ることが出来ます。身体感覚(音楽、絵画、匂い、芸術など)に訴える分野、技能職、ビジネス全般、売り買い、資産を運用するような分野などにも縁。社会情勢や流行に捉われることなく自分自身の世界観を維持しながら生きる事がテーマとなります。他人に振り回されない分、人生の展開はのんびりになる傾向がありますが、何事も焦らずに時間をかけて確実に展開させていくことで、自身の中の才能を揺るぎなく価値あるものにしていくことが出来ます。

3ハウスの太陽…知的に変化する、機敏な人生。
双子座のエネルギーを具現化する3ハウスに太陽が入ると、人生は知的な世界で展開されることとなります。情報を広めるような活動や習ったり教えたりの教育的な事柄も3ハウスで行われること。多種多様な情報を扱うこと、また自分が知り得た情報や面白いニュースを分かりやすく面白く外に伝えていったりすることも3Hの管轄です。情報を扱うこと全般に生き甲斐を感じ、人生では常に何かを学び、知る事によって自己を拡大成長させていこうとします。状況がその都度変わったり、扱う題材がいつも細かく変わるような世界に身を置く事でその能力を発揮できます。マルチな部屋なので適性は多岐に渡りますが、多くは情報がいつも飛び交うような分野、通信、分析、旅行、マスコミ、文学、教育、著述関係などに縁があるようです。考えること、知識を満たす事、そして伝える事、学び続ける行為が人生を有意義なものにしていきます。

4ハウスの太陽…心の繋がりを重視する、温かい生き方。
蟹座の性質を地上で行う4ハウスに太陽が入ると、自分を取り巻く集団や人間関係を育てていくことが人生のテーマとなります。大事な人達や自分の所属する集団を安全に守ること、またはそれらに守られ愛情を感じる中で次第に自己の役割を見出し家長的な存在に成長していきます。家族や故郷に縁が深くなるので、家族経営などにも関心が向くでしょう。家で仕事をするという意味合いもあります。ともかく自分が気を許せる慣れたフィールドにおいて人生を展開させていくとうまくいく配置です。住まいや暮らしに関わる分野、カフェ、飲食、養育的な事業、心理のケアなど…、人が安心して集まり、憩えるような場所に関係することが多いようです。皆がリラックスしてアットホームに過ごせるような環境を作り、その中で和気あいあいと活動し、いずれ自分が長となるような事を目指すと未来が拓いていきます。

5ハウスの太陽…感動が蘇る、ドラマティックな人生。
自分の熱中できるもの、大好きなことをそのまま広げていくのが5ハウスです。多くはクリエイティブな活動や冒険的な活動に関わることが多くなります。自分の感動を熱い情熱で広げて行く、人生上で起こる全ての出来事をネタにしてエネルギーに変えていくような、そんな生き方が向いています。見たもの感じたものをドラマにしていくことの出来る創造的な部屋です。娯楽、エンタメ、芸能、クリエイター、起業、人気稼業、投機、演出関係などに縁があります。5ハウスは物事を盛り上げて上手に演出していくことが出来る場所です。また人の冒険心や遊び心に火を付けて楽しませ、他者の生命力を強めるような意味もあります、祭典や儀式、イベント、パフォーマンス、コーチングや自己啓発的な事業なども5ハウスの管轄かと思われます。

6ハウスの太陽…鍛えられる自己、役割を意識した人生。
乙女座が地上に降りた6ハウスは外からの要求に応えるために技能を身につけ訓練し、自己を整えていく場所です。同様に職場の環境や実務的な事、雇用関係なども意味します。この6ハウスに太陽が入ると社会や周囲から要求された仕事をきっちりとこなす事で達成感を得ることが出来ます。人の役に立つ事、与えられた職務を全うすること、何事にも慎重な態度で丁寧に関わっていく事が大事になります。6ハウスは健康管理の意味もあるので、医療や保健などの、衛生面、健康面に関わる世界にも縁があります。太陽は6ハウスに入ると自分のわがままや個人的な主張を控えるようになり、模範的な働き者を目指す傾向が多くなります。キチンとした雇用関係の中で着実に実務能力を発揮し、活躍することが出来ます。健康医療、トリマー、防衛、公務、実務作業全般に適性があります。


積極的に自分で行動していく牡羊座の太陽が1ハウスにあれば、まんま、自主的な人生、なのですが、ホロスコープで面白いのはこのサインとハウスがズレていることですね。(中には同じ場合もありますが、多くの人はズレています)

自分の思ったことを勝手にどんどん始めていく自主的な牡羊座が、もしも集団とのつながりを大事にする4ハウスにいたら…?。同じく自己主張が強くて活動的な牡羊座が、社会の依頼によく応える勤勉な6ハウスにいたら?と考えて行くと、バリエーションが広がります。

そうやってサインとハウスを組み合せてホロスコープを眺めてみて下さいね。

12ハウス全部書くのは長文になってしまいそうなので、
後半は次回にします。今日はこの辺で~★



有難うございました。

syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)
・第十二回…支配星について
・第十三回…メジャーアスペクト
・第十四回…マイナーアスペクト

by syuko-astrology | 2017-02-22 21:39 | ├天体とハウスの関係 | Comments(0)

太陽が魚座に


今日から太陽が魚座に入りました。

f0377740_13133142.png魚座の元素は水、活動形態は柔軟サインで、特定の何かに集中することなくあらゆるものに同化して広がっていく性質を持っています。

場所や環境に限定されずに広がっていくという自由な性質という意味では昨日までの水瓶座にも少し似た部分はあるのですが、魚座の方は柔軟宮なので水瓶座の思想の拘りさえも超えてありとあらゆる方向性へと意識が拡散されていきます。

自由というよりはカオス。全てを内包する、ある意味なんでもありというような総合的なスタンス。それは人間の性質としては曖昧でどこを見ているのか、何を考えているのか分からなくて、一見当てにならないような要素もあるのですが、魚座は目の前の物だけに拘っていては視野には入ってこないような、宇宙的な法則や自然のエッセンスを要素を取り込んだりするのが得意で、そういう意味ではとてもスピリチュアルなサインでもあります。

また魚座の特徴として、全ての出来事に寛容であることも挙げられます。良いと感じるモノも、残念に思うことも、好きも嫌いも、成功も失敗も全ての要素がこの世を形成している大事な要素であって、その全部が素晴らしいのだということを無意識に知っているからでしょう。

これから約一か月間、太陽は魚座にあり、時間も空間も超越していくような広いエネルギーを私達に注いできます。つかみどころのないような、それでいて必要なエッセンスはすべて含まれているような、そんな魚座のエネルギーに触れると、私達は今まで見過ごしていた要素にふと思いをはせるようになったり、物事の裏に隠れていた事柄によって重要なきづきを得たりすることが多くなると思います。

私達は今後約一か月間、この魚座のエッセンスを日々放射される太陽の光を通して受け取りながら、今まで見えていたモノだけが現実を形成していたのではなく、他にもっと大事なことがあったということに気付き、この一年間の集大成、心のまとめをしていくこととなるでしょう。特に今の時期は魚座の支配星である海王星もこの魚座に滞在していますから、なおさらそれらの影響は強くなると考えることができます。

私達はいま、無意識レベルで総合的に自分自身についてまとめをしています、また可能な限り得ることの出来る神秘的な要素を取り入れようとしています。自分の中で新旧の色々な物事を混ぜてMIXさせて純粋なエネルギーを生み出そうとしているのです。そしてその純粋なエネルギーをもって来月から、牡羊座という新しいサイクルに向かっていきます。

この期間、しっかりと心の整理をしてみましょう。
そして何気ない鳥のさえずりや風の音に耳を澄ませてみましょう。
雲の形、誰かの話し声、星の輝き方、TV、
山の形、空の色、新聞、街並み、葉っぱの形など目に映るものはなんでも…。


自然界のメッセージに気付きやすい時期です。

syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)
・第十二回…支配星について
・第十三回…メジャーアスペクト
・第十四回…マイナーアスペクト

by syuko-astrology | 2017-02-19 13:19 | Comments(0)

マイナーアスペクト【占星術の基礎知識その⑭】

~ホロスコープで見えない秘密を探る~
チラ裏!占星術入門emoticon-0134-bear.gif第十四回

前回に引き続きアスペクトについての記事となりますが、
今日、取りあげるのはマイナーアスペクトです。

マイナーアスペクトはメジャーアスペクトに比べるとその作用が弱いと思われがちですが、けしてそういう事でもありません。元々メジャーアスペクトもマイナーアスペクトもホロスコープの中では同じように働いていると思われます。ただ、マイナーアスペクトは円を複雑に分割することになるので、その作用はどちらかと言うと内面的なものを表す傾向が強いようです。つまり実際の行動などで表に現れにくく、外から一見分からないような、その人の内面にある潜在能力や心理を表すことが考えられます。しかしこの内面的な動機や心理作用にを元に私達は行動していく訳ですから無視は出来ないものだと思っています。

個人的には、メジャーアスペクトがない天体について考えたい時に、マイナーアスペクトが出来ていないかをチェックしています。また非常にタイトな(誤差の少ないもの)マイナーアスペクトがあれば、ワイドの(誤差の幅があるもの)メジャーアスペクトよりも重要視することもあります。

f0377740_23155057.jpg

(※図引用:新版Stargazerで体験するパソコン占星学)

45度(セミスクエア)
円を8分割して出来る45度のアスペクトには力を溜め込んでいく意味を持ちます。90度のミッドポイント(中間点)にあたる45度ではエネルギーはひたすら蓄積されていき、時間の経過とともに揺るぎない力となっていきます。8分割の⑧の数字は蠍座や8ハウスなどがヒント。段々と深く濃い密度で力が凝縮されていく意味があり、ここで溜め込まれた実力はいずれ嫌でも社会で権力として発揮されることになります。極端な集中力と芯のあるぶれない才能、怖いぐらいの力を内蔵しています。継続は力なり、ですね。

・135度(セスキコードレイト)
これはスクエアの背後に存在するアスペクトと考えられています。360度円から90度のスクエアを引いた270度の外側の部分、これを2で割ったものがこの135度となります(360-90=270→270÷2=135)内面的なストレスや葛藤がもたらされる配置ですがそのパワーは頂点に高まるまで表には出てきません。内側では非常に強い意志や願望が常に生じているのですが、実際の行動としては表現されにくく、外からはわかりづらい性質を持ちます。このアスペクトの解釈には諸説あり90度+45度=135度として考えられることもあります。蓋を開けたら中から沢山の物が出て来てビックリする玉手箱のようなアスペクトですね。火山の下に眠る激しいマグマとも言えますが…。

・150度(インコンジャクト(クインカンクス))
サインでは牡羊座と乙女座の関係、また牡羊座と蠍座の関係から考えて行くことの出来るアスペクトです。性質が違い距離も遠く、通常では接点がないであろうと思われる2点について、意識的に工夫して調整し、訓練していくことを意味します。本来はミックス出来ないと思われる要素を持ち寄って全く新しい価値観を見つけていくアスペクトです。本来なら接点のない2つを扱うので苦労や努力は必須ですが、試行錯誤の中で上手に妥協点や共通点を見出し結びつけることができれば広い適応力や改造能力を手にすることが出来ます。コラボという発想はこのアスペクトによる賜物かもしれません。異業種交流やジャンル違いのステージみたいなものです。

・30度(セミセクスタイル)
円を12分割して出来るこのアスペクトは基本的に隣同士の関係を表すもので、受け継ぐ、バトンを渡す、そこから脱出する、などの意味を持っています。また12分割の意味として閉じ込める、捕らわれるということもあり、なかなか複雑な意味を持つアスペクトです。牡羊座を起点にして過去を表す隣のサイン魚座では、過去の想いに捕らわれる事を意味しなかなか自立に向かえません。同じく未来を表す牡牛座では、牡羊座の新しい意志が即、地上で形にされることを意味し、牡羊座本来の探索の楽しみを奪うこととなります。どちらにしても心に捕らわれるか形に捕らわれるかになることが多く、両隣りということで近しいだけに巻き込まれる要素が多くなります。近しいだけに目的も明確になりにくく、心理的にはそこから脱出するべきなのか、そしてどう発展させていくべきなかのか?について葛藤を起こすことが多くなります。とはいえ、両隣りのサインは自分の経験の流れでもあるので、時間をかけて丁寧に向き合うことで理解することが可能であると思われます。協力的な60度アスペクトの中間点なので根底にはお互いを理解し協力する姿勢もあります。自分だけが抜け駆けしたり目立ったりするようなことではなく、お互いに巻き込み、巻き込まれながらも、みんなが意義を持てるような方法を見出す事ができれば、度量は果てしなく広がり、いつしか社会的には懐の広い人として認識されるでしょう。誰かをほおって置くのではなく二人三脚で、ムカデ競争のように展開しましょう。

・51.43度(セプタイル)
360度円を7分割して出来るアスペクト。数字の⑦は特殊な素数と言われておりこのセプタイルは宿命的、運命的な要素を表すと言われています。51.43度はピラミッドの角度に近く、また7色の虹は神との契約のサイン。神がかっているだけに私達の意識では定義づけることが難しいのですが、大体にして「抗うことの出来ない運命的な要素」として扱われます。表面的には忘れてしまっているけれど、生まれてくる前に神と交わした契約事がこのアスペクトには表れています。それは日常的な場面で何かの形を見て予兆を感じ取ることや、誰かの何気ない会話の中から聖なる存在のサインを認識するようなこと、知らず知らずの間に人と人との間を仲介し、神の世界につなぐような役目として出てきます。数字の⑦は天秤座や7ハウスを連想させます。何かを形にすること、認識し伝達すること、自分以外の人(対象)との間の取り持ちや橋渡し的な任務。それはその人自身がどうしても達成させたい目的であると同時に、神が叶えたい事柄でもあるのです。同じく⑦という数字はスピリチュアルな見方では自然界に働く神秘的な力を持つ数字と言われるそうです。このアスペクトの事柄は神に後押しされるかの如く、予定調和的にスムーズに事が運びやすいです。天体同士の組み合わせによっては時に葛藤や試練としか感じられないような物を背負うこともあるでしょうが、それでも自分の奥底から湧き上がるような感覚や予兆をに耳を傾け、素直な気持ちで対応していくことが出来れば、自身の人間的成長と自己実現に繋がります。

・165度(クインデチレ)
ノエルティル氏が提唱して全国に広まったマイナーアスペクトの一つで潜在的な動機付けを表すと解釈されます。他の意味ではあくなき欲求、過度の執着、強迫観念、激変と別離など。150度や30度のアスペクトと同じHN⑫の仲間で、165度はその倍数のHN㉔に該当します。そのままでは反応が期待できない、接点のない2つの要素を扱うのは150度と似ていますが、意識の集中が150度よりも強くなるようです。なお165度は180度から15度ズレています。180度では何らかの手ごたえや反応が得られるのですが、この165度では正面からズレている場所に焦点が出来るために、自分の期待する反応や手ごたえが得られないというジレンマが生じ、それが過度の執着、強迫観念やに繋がります。180度のように打てば響くような反応を期待しつつも、その期待する反応が得られないので、何度も繰り返し確認するようなことが起こるのではと思います。⑫の30度や150度には閉じ込める、とらわれるという意味がありますが、165度は㉔と二倍になることでその思いが対象化されるのです。二倍になると天秤座の意味合も入り、つまり自分の内側だけでは収まらない衝動、外側の対象に向けて自分の拘りを投げかけるような作用となります。しかしそれは180度のように分かりやすい投げかけではなく、また150度よりももっと遠くに期待していくような、ハードルの高い、そして焦点の狭い問いかけなので、なかなか思うような反応が得られずに神経をすり減らすということなのでしょう。しかしメリットとして、意図しない所で思いもよらぬ効果が反応として返ってくることがあります。自分が意図したものとは誤差があるかもしれませんが、狭くとも必要な場所にはちゃんと届くということです。このアスペクトを使う場合には、大衆受けではなくマニア受け、ディープでコアな世界を目指すと良いのかもしれませんね。



マイナーアスペクトのオーブは2度以内、
タイトなものほど強力なことは言うまでもなく…。



これらのアスペクトはもちろん、
アナログ的に手で計算することが出来ますが、
慣れてないとやりづらいかもしれません。
かくいう私も電卓片手ににらめっこです。

SGではマイナーアスペクトを設定すると
ホロスコープに表示されるので大体はこれです。
クインデチレはたぶん出ません。

他にも無料サイトなどでマイナーアスペクトを
算出してくれるものもあるそうですので、探してみて下さい。
紹介はしないのかよ!という突っ込みは無しで。笑

まあ、計算は機械に任せましょう。
餅は餅屋って言いますしね(*'ω'*)



そして今回でこのパターンの記事
「チラ裏!占星術入門」シリーズは終了です。

毎回楽しみにして下さった方々のおかげで、
なんとかアスペクトまでたどり着きました、
ありがとうございました。


今後はその都度、題材を取りあげながら更新していきます、
拙いブログではありますが、引き続きお付き合い下さると嬉しい限りです。


それでは、この辺で。

syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)
・第十二回…支配星について
・第十三回…メジャーアスペクト
・第十四回…マイナーアスペクト

by syuko-astrology | 2017-02-04 03:22 | ■チラ裏!占星術入門 | Comments(0)

メジャーアスペクト【占星術の基礎知識その⑬】

~天体角度でみる運命法則~
チラ裏!占星術入門emoticon-0134-bear.gif第十三回

今回のテーマはアスペクトです。

アスペクトとは2つの天体の間に出来る特定の角度のことで、違う作用を持つ天体同士が関わることによって生まれる相互作用や反応などを見ていく技法です。これはそのまま人間関係のスタイルを表すものでもあります。私達は常に何らかの対象や相手と接触し、反応し合いながら生活しています。人間相手、自然相手、まったく一人で誰とも何とも関わらないということはありません。アスペクトでは関わる相手とどんな関係を作りやすいか?またどんなアクションで関わっていくのか?などを考えていくことが出来ます。

今日は一般的にメジャーアスペクトと呼ばれる0度、60度、90度、120度、180度を取り上げてみたいと思います。

f0377740_00524019.jpg
0度(コンジャンクション=合)

2つの天体が同じ位置で重なるアスペクトです。2つの天体の性質が合体するので強いパワーが生じますが、本人は無自覚的です。対象が自分と重なるので区別がつかず、客観的に外からその様子を眺めることが不可能だからです。自覚のないまま衝動的に突き動かされていくことが多くなります。作用は天体の組み合わせによりますが、同じサインの同じ度数のエネルギーが協調されることにより、一つの天体では表現できないような新しい活動が生まれます。


f0377740_00555226.jpg60度(セクスタイル)

ホロスコープの360度を6分割したアスペクトは、呼応関係を表します。基本的には同じ2区分同士のサインでで元素は火と風か、水と地という組み合わせとなります。6の数字には環境に応える、環境に呼びかけると言う意味があるので、お互いに協力し合う意味となりスムーズなエネルギーのやり取りとなります。応用力や工夫能力が生まれる生産的なアスペクト。120度(以下参照)に比べると客観性があるので実際的な仕事などには使いやすいと思われます。


f0377740_01165849.jpg90度(スクエア)

360度を4分割して出来る90度は物事を具体化し実現に向かわせるアスペクトです。この異質のサイン同士の結びつきは、そこに矛盾や葛藤を生み出すことを意味します。元素が違うので同じことをそこで続けていられない、切り替えや中断が必要となるからです。しかし異元素の介入は常に新鮮さがもたらされる事にもなるので常に刺激があり怠けることがありません。1つに拘らずに違う要素を取り入れながら展開することができれば刷新、良い選択や変化、グレードアップに結び付きます。


f0377740_01264112.jpg120度(トライン)
円を3分割して出来る120度は同じ元素同士の盛り上がり作用です。違う要素を取り入れずに内輪でグルグル回していくような生産性や高揚を表します。異元素の介入がないのでスムーズに加速、発展していきますが、それは同じことを単調に繰り返すことにもなり、変化や刺激はありません。全てを予定調和的、平和的に動かそうとするアスペクト。120度になった天体同士は関わることで自然に加速していくのが当たり前になるので、努力が為されずルーズになる事が多々出てきます。


f0377740_01343330.jpg180度(オポジション)
360度円を半分に切った2分割の180度は、相手を正面から見据えバランスを取っていくアスペクトです。ここではアピール力や何かを打ち出していくような作用が現れます。対象をしっかり認識し意識してそこに向かっていくので、(天体によりますが)客観性があり振り回されることが少ないと言えます。この180度はよく演者と観客に例えられます。対外的に自分の意志を表現していく力や相手のリアクションを見ながら上手く盛り上げていくとこの出来るアスペクトです。



以上、私の拙い図と一緒に見て頂きましたが(笑)、
ホロスコープにこのようなアスペクトはありましたか?
それはどんな天体とどんな天体の組み合わせによるものでしたか?


どのアスペクトにもそれぞれに役割があってどれが良いとか悪いとか、ホントにないんですよ。但し、受け取る個人の印象や感覚は同じ天体の組み合わせによってずいぶん違ってきます、またハウスなどでも働きやすい場所が変わってくるでしょうから上記はほんとに基本的な作用のまとめとして参考にして頂ければと思います。

ですがホロスコープのクセを占い的に少し書いてみると、例えばですが、ホロスコープ内に0度(コンジャンクション)のアスペクトが無い人は無意識の衝動によって動くことが少ない、理性的な人、と言えます。

90度(スクエア)のアスペクトの無い人は、急な変化や横やりに対応するのが苦手で、反対意見や批判的な状況が生じた時にはダメージを受けやすいと言うことができます。

また、180度(オポジション)のアスペクトの無い場合は、外に向かって自分を強く表現するのが苦手で押しが弱かったり。

さらに120度(トライン)60度(セクスタイル)の無い場合は、周囲からの応援や協力を素直に受け取ることが苦手で、自ら厳しい選択をして無理を重ねることが多くなるような傾向が考えられます。

とはいえ、90度しかない、120度しかない、というホロスコープもそんなになくて、多くの人は色んな種類のアスペクトが混じって出来ていると思います。

月(日常的な感情や生活のパターン)はどんなアスペクトになっているのか、太陽(公での姿勢や人生の発展力)はどんなアスペクトになっているのかという具合に、10天体ごとのアスペクトを一つずつ見ていくと、どの場面でどんなアクションが働いているのかが分かって来ると思います。同時にそれは自分だけのパターン、社会との関わり方でもあるということ。人と違って当たり前、そのホロスコープだけの展開方法があるのです。さあ、パズルを組み立てていくように自分について理解を深めていきましょう。


次回はマイナーアスペクトに触れたいと思います。
それではこの辺で、有難うございました。

syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧はこちらから】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)
・第十二回…支配星について

by syuko-astrology | 2017-02-02 02:10 | ■チラ裏!占星術入門 | Comments(0)


最新の記事
春風に乗って♪@牡羊座8度の新月
at 2017-03-26 22:12
4ハウスの月
at 2017-03-22 22:47
春分点☆一斉遠隔healin..
at 2017-03-20 22:16
春分点☆牡羊座のパワー☆一斉..
at 2017-03-20 11:55
太陽が牡羊座へ…、春分図。
at 2017-03-18 21:20
3ハウスの月
at 2017-03-16 23:36
水星が牡羊座へ
at 2017-03-14 14:20
朴槿恵氏のチャートとか世の中..
at 2017-03-13 13:13
2ハウスの月
at 2017-03-11 18:43
火星が牡牛座へ…。
at 2017-03-10 13:46
タグ
記事ランキング
以前の記事