Syukoの星読みブログ


占星術の世界から様々なメッセージをお届け♪満月&新月の星読み、サビアン、ホロスコープのお話しなど色々綴っていきます。
by Syuko
カテゴリ
外部リンク
ライフログ
以前の記事
検索

タグ:新月 ( 9 ) タグの人気記事

2017年5月26日☆双子座5度の新月リーデイング。


夜間~朝にかけては涼しく、日中は猛烈に熱い。

湿度が低いからまだ過ごしやすいですが、
太陽の紫外線はだんだん強くなってきましたね。

私は目の色素が弱いらしく、太陽反射で目がやられ夏は辛いのです。もともとドライアイ傾向もあります。で、目を夏の日差しから守るべく、先日の双子座1度「静かな水に浮くガラス底ボート」の日に、ちょっと奮発してしっかめのサングラスを購入しました。(今までは雑貨屋にあるような千円ぐらいのを使ってましたが、どうもそれではまかなえない…。)双子座開幕の日に、ガラス底ボートならぬサングラスという形でこじんまりと星の現象化をしました。これで日差しを気にせず、色々な景色や街並みを沢山楽しめると?思う今日この頃です。

f0377740_00264113.png
さて、今回の新月は双子座の04.46度で起こります。数えで5度のサビアンシンボルは「過激な雑誌~A radical magazine.~」。

5度では双子座の知性で冒険をします。情報は刺激的に目を引くような内容、ハッとするようなドキドキ感があるものでなければ面白くない。そんな双子座の創造性がここでは「過激な雑誌」と表現されています。

例えば何気ない話題やメッセージを、皆が関心を持ちワクワクするようなものに変えていく知性の工夫能力です。これはマスコミ関係や報道のそれに似ています。実際にこの度数に天体がある人はそういった言葉や文章の演出に長けている場合が多いです。言葉遊び、言葉の創造力ですね。

言葉はただの共通言語であり、羅列でしかないなので、普通に伝えるだけでは退屈です。「こんな出来事がありました!」、「○○の謎に迫ります!」と周囲を煽ることで、人々の情感や好奇心が刺激されます。双子座5度では少し過激な形で言葉を扱い、世界に衝撃を与えていこうと試みるのです。

将来的に意味があるのか?自分にメリットがあるのか?はここでは考えません。面白いか?ドキドキする内容であるか?好奇心だけで物事を選び取ります。新鮮な好奇心は人を老けさせません。

この二週間はいつもなら手にしないような本や、見ないような映画などを日常に取り入れてみましょう。お出掛けや街歩きなど何でもいいです。自分が刺激を受けると思えるものなら何でも…。また、自分がそういった作品を発信するのも良いですね。


同じく双子座にある火星は土星と180度になっています。(火星-土星)は目的のある行動性です。目標目がけて邁進するイメージ。目的地が決まっているので無駄なエネルギーを使わない、よそ見しない、集中して取り組みます。

(火星-土星)は集中力や無駄な動きをしないアスペクト。
目的地に向かって真っすぐに走るイメージです。

一方金星の方は木星180度と、冥王星90度とでT字スクエアになっています。火星の絞り込みとは対照的に、金星は本来よりも拡大していく形、活動宮なので余計に大袈裟に煽っていくようなアスペクトになっています。

感受性や楽しみなど受容的な感覚においては拡大、増長傾向。実際の行為や働きかけは目的を絞って規則的に動く傾向ということで、金星と火星のコントラストが面白い今回の新月図です。

いつもよりすごーく派手なお洒落をして、
決めていた所へ出かけていくようなイメージかな?

または何かの予定を遂行する中で、予想だにしかなった世界を見る事になるのかもしれません。もちろん金星なので楽しいことです。冥王星90度は金星を深刻にはさせますが(オカルト趣味とか行き過ぎた芸術性とか)、それが今時期の金星感覚には楽しいものだということですね。



お化け屋敷などに出掛けると本物に会えちゃったりするのかも?笑
(いや、あくまでも一例ですよ)



Syuko☆

☜ランキングに参加中、時々ポチ願います。

■ホロスコープの仕組みや占星術の基礎知識を順番に解説。
星のブログ講座http://miracle9.exblog.jp/27556664/
■岡山市内で対面鑑定、遠方の方は電話&メール鑑定。
鑑定のご案内http://miracle9.exblog.jp/27606116/
■お問合せはメールでお願い致します。
astroeyes46@gmail.com





by syuko-astrology | 2017-05-23 13:25 | ├新月・満月 | Comments(2)

このままじゃダメだと感じるなら…。@牡牛座7度の新月


明日、26日(水)21:18に月は牡牛座06,27°で新月を迎えます。

新月図を眺めてみると下側に天体が多いです、木星以外が地下に…。(ASC-DSCという横軸を基準に地下&地上と表現することがありますが何も実際に地下に潜るという訳ではなく(笑)意識や関心が自分側にあるということです。)

ちなみに出生図でこのような偏りを持つ場合は、自分自身の充実感を重視する人生を歩む傾向となります。個人的な領域において何かの作業をしたり、身近な所に没頭している形を表すので、社会的なことより個人的な所での活動が活発になりやすい配置です。よって作家や創作活動などに向く偏り方と言われています。

と言うことで、この二週間もそんな雰囲気を持っているようです。5ハウスの創造の部屋で新月になりますから、何か新しい趣味や関心事に向かっていくのも良いでしょう。牡牛座なのでアロマや料理、音楽、色彩感覚豊かなものなどを日常の中に少し取り入れるのもGOOD♪かもしれませんよ。
f0377740_21255560.png
さて、牡牛座の数え7度のサビアンシンボルは「サマリアの女~The woman of Samaria.~」です。牡牛座は自分自身に予め備わっている生まれ持った資産や才能を発掘しながら生きていくサインですが、1度~5度までの過程で恵まれた資産は全て使い切ってしまいました。そこで6度ではこれまでの方針を変えて、自分以外の価値観や体系に渡りを付けることをしました、もっと大きな資源に繋がる為に…。(牡牛座6度:渓谷に架けられる建設中の橋)。

しかし、広い所に自分を持って出るとそこで明らかになることがあります。今までは割と自分は恵まれた生まれで、才能も十分にあると思っていたけれど、上には上がいる。もっとすごい人は沢山いる。或いは人が持っているのに自分には欠けているものがあったことに気付くとかで、ある種の衝撃というかストレスを感じるんです。7という数字は物事の端と端を行き来する数で落差とか違いを意欲として奮闘するものです。

「サマリアの女」は聖書に出てくるお話しのようです。実は私自身聖書には詳しくないのでよく知りません。調べた所では、サマリア人とは移民との混血の人達のことで、それを嫌うユダヤ人との間に身分や生活の落差が生じていたらしいのですが、ある日ユダヤ人であるイエスがサマリア人の村を通りがかり、水を汲みに来たサマリア人の女性に「水を飲ませて下さい」と話しかけた…というもの。そこで彼女についての色々な事を言い当てたり啓示したりして、その後女性はイエスに心を開き、キリスト教に改宗したとかなんとか、と言うストーリーのようでございます。

この聖書の話しがこのシンボルにどう照らし合うのか、正直よく分からないのですが、自分なりに解釈たことで書くと、牡牛座が表す生まれ持った資産や才能は肉体的な資質や地盤に関わり、それは自分ではどうしようもない現実なんですね。例えば先祖代々地主の家などに生まれた場合、他から見ると恵まれていていいな~と思われるのでしょうが、逆に見ればそこを離れられない訳ですし、使い切ったら使いきったでぼんくら息子と非難される訳だし、また時代や法律が変われば資産を維持するために色々努力も必要になるしで結構大変だと思うんです。

また、こんなこともありますよね。自分にはもともと絵画の資質があり地元では有名な画家と言われていた。けれど世界に出てみたらもっとすごい人沢山いたとか。つまりここでは自分の中にある恵まれている部分と、欠けている部分を目の当たりにするんです、これまで関わった事のない人と接触することで何らかの落差やプレッシャー、ストレスを感じることになる。

しかし聖書「サマリアの女」がキリストという新しい価値観や思想に出会い感激したように、その落差を埋めていく方法は実はいくらでもあるということ。自分の身体や血筋のようなものは変更できませんが、自分の価値観はいくらでも成長させることができる。欠けているのであれば外側から吸収することもできるし、誰かに教えてもらって新しい世界を感じることだって可能な訳ですよね。

なんでこれがストレスや差別になるかというと、牡牛座は基本的に自分を変えようとはしないサインで、外側の何かに関わっていくとか、方針を変えること自体にあまり慣れていないからなのです。自分の手元にあるものだけでコツコツやっていきたいのだけれど、それではいけないことが分かって来た。ということで牡牛座にとってはちょっと冒険が必要というか、踏ん張らないといけない感じになるのです。今までの所に安住するのではなく、もっと広い資源を手に入れる為に外へ出て行かなければならないことが牡牛座にはストレスなのです。

しかしこのストレスや落差を目の当たりにするショックは、原動力にもなります。自分も手に入れたい、欠けを埋めていきたいという生きる原動力。人間は安定しきって恵まれすぎて不安も怒りも感じない状態だと生きている実感を得る事はありません。

お腹すくからランチも楽しめるわけだし、足が太いの気にするからパンツ選びもうまくなるわけだし(笑)、とにかくないと分かったら外へ向かって探しに行きましょう。ってことかな。(すごい平面的な解釈)

この二週間はじっとしているだけじゃダメ。

プライドとかこれまでの実績が…とかいう屁理屈は捨て去って、欲しいものや望む方向がどうしたら手に入るのかを考えてみましょう。きっとそこには今まで渡りをつけたことのない世界や人との関わり合いが必要になってくるはずで、それが私達を底上げしてくれることになるのだと思います。


Syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ


173.pngホロスコープ、それは世界にたった一つだけの星の地図173.png
【占星術の基礎目次】⇒ホロスコープのしくみ
【個人鑑定のご案内&メニュー】⇒詳細はこちらから
【お問合せ】⇒astroeyes46@gmail.com

by syuko-astrology | 2017-04-25 12:04 | ├新月・満月 | Comments(2)

新月一斉ヒーリングのお知らせ


明日、26日の新月となる24:00をまたいで、
24:10までの20分間の時間帯で、宇宙と繋がる遠隔healingを開催します。
f0377740_14225110.jpg
前の記事でお伝えしたように、今回の新月は日食で、長期に渡って影響を及ぼす特別な新月であり、普段なら目を向けないような深い部分からの変容を促すことや内面浄化、意識のリセットなどに最適な宇宙配置。


去年2016年9月の日食からの、この日食までの約半年間の間に、知らず知らず溜まっていた不要となった力(力み)を解放し、残すべき力(あなたにとっての真実)、そして今後育てていくべき力(新しい未来創造)を強化するという事をテーマにしたエネルギーを送りたいと思います。


今後、新しい次元へと自分を進めていく上で、
何が大事なのか?自分が信じて邁進すべきものはどこなのか?
というビジョンに早く気づいて繋がることのできるような、
また、気づきを加速するような事な性質のエネルギーとなります。

無料ですので希望されるかたはご自由に参加して下さい。
※詳細は記事の最後に。

わたし自身、この一か月、日食新月にむけて瞑想やエネルギーワークに取り組んできましたが、この二週間は特にその性質が変わってきたような気がしています。といっても言葉ではうまく言えないのですが、今までよりも大きな存在との繋がる確信を得ることができ、また自由に意識を飛ばして探索できるような領域の規模が広がってきたように体感しています。

2016年、自分自身の現実的な出来事と甲斐性のなさににより、余裕が持てずしばらく封印していたエネルギーワークですが、今年は枠に囚われることなく、一から学びなおし、自分自身のオリジナリティーを大切に育てて行こうと思っているところです。その初めのきっかけとしてこのブログ空間を通して皆様と一緒にエネルギーを体感し、増長し合えるようなことが出来ればという思いに至りました。

意識やエネルギーは場所や壁を越えていきます。
私は岡山ですが、皆さんはどこからでも参加できます。

この記事を見て面白そうだな~と思った方、
私が日食新月の瞬間に得ているであろうエネルギーにアクセスしてみて下さい。

今まで占星術のことしか書いてなかったので、急にエネルギーワークって何?遠隔ってどういうこと?と思われる方もいらっしゃるかと思いますので、簡単にここで自己紹介的なものをしておきます。


★私のエネルギーワークへの取り組み★

子供の頃から感受性が高く、という話は良くある事ですが、私の場合その影響がかわいらしいものではなく、いつも生身の自分と意識の自分が別に存在している感覚がありました、そしていつもこの世ではないものの視線を感じていたような幼少期です。子供の頃に、皆に視えていないものや感じられていない物を自分だけが感じているという状態は非常に孤独感を感じるモノであり、打ち出される疎外感は周囲からはただのひねくれものと認知され、現実世界では私は見えない所へ押しやられました。

そうは言っても人並に学び、就職し、色々な分野の仕事に関わってきたのですが、どうしても自分の魂の意図を知りたく、またどういった影響で私が混乱してきたのかを知りたくて、占星術などの占いの世界を模索し始めます。

自分のホロスコープを分析出来始めたとき、なるほどねとある程度納得したのですが、それではこれからはどう活かしていけばいいのかということを考え始めました。ホロスコープに書かれているのは象徴のみであって例えば○○町で占い師をしなさいとか、あの会社で働くといいなんてことは書いてありません。まだ見えていないけれど私だけの舞台がどこかにあるはずだ、ということを感じた私はそれが何なのかを行動して探していく事にするのです。

次に自己探求はエネルギーの世界で繰り広げられることとなりました。東京で何件かの気功教室に通った事を皮切りに、スピリチュアル要素の高い気功の世界を求め始めます。たまたま専門的な能力を持つ先生方と縁ができ、沢山の知識や考え方を吸収することができました。その後呼吸法や周天法を軸にしたエネルギーワークや、チャクラの解放、経絡を改造して大気と繋がるようなトレーニングも行って来ました。当時は家族に病人がいたこともあって、医学では説明のつかないような奇跡に憧れる時期もありましたが、当然人には寿命があり、人間の力では操作できないものもあるという事も学びました。また操作するものではないということも。

しかしながらこの宇宙に無限に広がるエネルギーを癒しとして使うならば自由なはずです。私達は日々の生活の中で色々な箇所を緊張させています。その緊張を解くことが癒しの意図であり、硬直した思考や体が芯からほぐれればあとはその人の生命力しだいで如何様にもまた新しいステップへと向かっていけるのです。その人自身がその人の魂の意図にの取った所へ進もうとするはずです。それを確信していますが私はそれには関与しません。そこは宇宙との約束です。

なので私が行うhealing、一般的に気功と呼ばれるものは、見えないマッサージのようなものと考えて下さい。手でもんだりツボを押したりすることを、見えないエネルギーでやるだけです。マッサージを受けてリラックスして元気になった人は、その後遊びに行く人もいるでしょうし、逆に眠たくなって横になりたいと思う人もいます。ですから深いレベルから解放を促すことによって、その後どうなるかは私にも見当はつきません。しかし、一番自分らしい状態に戻れることは確かなので、その後の歩みはそれぞれのハイアーセルフや魂の意図を知っている存在によって自然に導かれると思っています。私は芯のリラックスを提供するだけです。


ということで長く色々書いてしまいましたが、
まあ、今回は一斉シェアのようなスタイルですからお気軽に。

ただ、波長が合った場合はしばらくだるくなったり、お腹壊したりといういわゆる反転作用みたいな現象もあるにはあるようですので(過去のご報告によれば)その辺りは自己判断にお任せします。まあ、いずれにしても一時的なものではあるのですが。


~では今回の新月healingの参加方法です~

・この記事のコメント欄に参加する旨を書き込んでください。
「参加します~。」というように簡単な文章で結構です。

・その際にハンドルネームと年代、性別、都道府県(国)を明記。
(本名でもよいですがブログ上なのでHNの方がよいかと)

これだけでOKです。

注意点としては
感じる幅には個人差があること。
特定の疾患や症状への改善を目指すものではないこと。
(結果として改善されることはあってもそれがメインではありません)
なので過剰な期待を持たれると逆にご自分のリラックスや解放作業を妨げてしまいます。


あくまでも私の思いつきイベントですので
そのあたりご了承くださいませ。



さて、遠隔でエネルギーを流すのは
26日の23:50~翌24:10までの約20分間です。

ゆったりした格好でできれば横になって感じて下さい。
前後で寝てしまっても構いません。

また参加表明だけして、忘れていたとか、
22時ぐらいから寝る予定という場合でもご参加OKです。

忘れていてもエネルギーは間違いなく届きますが、
意識するしないはやはり重要なポイントですので、
早めに寝る方は「今日、寝ている間にsyukoが行う遠隔エネルギーに参加します」
と心の中で思ったのち、そのままいつものように寝ちゃってください。

そして私と同じように深夜族で(笑)リアルタイムで起きていますよ、
という場合にはできればこの記事をパソコン上に出して、一緒に瞑想しましょう。


繰り返しになりますが、今回私が触れようとしているソースは、この新月と日食に関連する、「自分を変容させ刷新するエネルギー」です。不要なものを手放し、新しい自己を受け入れる。中にはみたくなかった自分のクセや暗い記憶などが蘇ってくることもあります。今回の浄化は心の一番深い部分から起こりますので、綺麗なものだけを感じるということでもありません。その辺りご理解の上、お気軽に参加してみて下さいね。(真剣なのか気軽なのかどっちだよって感じですが、笑。基本的には気軽な感じで大丈夫です)

なお、このhealingが終わって何か感じ得たことが合った方はコメント欄にご感想を書いて頂けるとありがたいです。また、参加者様全員にタロット一枚引きによる”あなただけに起こった今回の新月変容”に関するプチメッセージをお付けしてお返事させて頂きますのでお楽しみに。
f0377740_15330745.jpgそれでは明日の深夜、宇宙空間でお会いしましょう072.gif

--------------------------------
※追記
無料遠隔healingの受付は明日26日(日)の23時までとします。
23時以降は一旦コメント欄を閉じさせていただきますので、
よろしくお願い致します☆
--------------------------------

syuko☆



by syuko-astrology | 2017-02-25 15:36 | ■エネルギーワーク | Comments(12)

真実に向かって駆け抜けろ@魚座9度の新月


2月26日(日)24:00、月は魚座の08,12度で新月を迎えます。

今回の新月は金環日食だそうです、日本では見る事が出来ないようですがアフリカなどの南太平洋地域ではその様子が観察できるとのこと。占星術での日食は特別な新月として扱われます。毎月起こる新月は約一か月事の新しいサイクルのスタートを意味しますが、この新月の親玉である日食は一年に二回あるかないかの長期的なサイクルで起こるもの(定期的ではない)ですから、いつもより非常に影響力の大きい特別な新月、特別なリセット&スタートの時と捉えることが出来ます。
f0377740_01385158.jpg
※図引用:国立天文台情報センター

日食は太陽と地球の間に月が入る事で太陽の光が地上に届かなくなる現象です。太陽は全ての生命の源であり、また国家にあっては皇帝や王・社会的な権力者を象徴しますから、その太陽が隠れてしまう日食は特に昔の時代では凶事と考えられていました。その一方でここ最近では金環日食ツアーなんてのがあるのも事実…。不吉なものと捉えのるかそれともイベントとして扱うのか…、考え方の違いや風習でその扱い方って全然違うものですよね。

さて、占星術において個人的な範囲でこの日食を考える時には「今までの自分が終焉し、新たな始まりを迎える流れ」と読むことも出来ます。未来への推進力である太陽の光が、自分の本能本質である月に遮られるという現象から、これまでの自分が一度滅び、そして新しい自分が始まるようなことを象徴するのです。この時、これまでの自分を滅ぼすのは他でもない自分自身の奥底から出てくるものであるということ。今まで気が付かずにいた情動、または前面に出すことを恐れ裏側にしまい込んでいた自分の本音が、この日食では太陽に変わって前面に現れてくると考えることができるのです。

月が太陽を覆ういう意味と、日食新月での協力な始まりという意味、また食は特別縁や魂のつながりを意味するノード軸の上で起こるものなので、これらを総合して考えてみると、今回の日食新月では、それぞれの環境において今後数年に影響するような大きな変容が起こることが予想されます。またはこの時期に変化したことが重要な意味を持ち今後数年に渡って人生に影響する。特にこの度数(魚座の数え9度)にASCやアングルなどの重要な感受点や天体がある場合はなおさらその意味が強調されるでしょう。今まで自分の中で重要ではあると感じていながら(魂レベルで)、目を背けて後回しにしていたような事に意識が向かい、何らかの変化を促されるはずです。それは多くは少し勇気が足りないと思っていたか、不安や自信のなさから感じないようにしていたこと。しかし深層では実は願っていたのだ、というような心の底にある深い事柄なのではないでしょうか。

f0377740_00283674.png今回の新月チャートを見てみると、新月は海王星のすぐ近くで起こります(太陽-月-海王星の合)。海王星は非物質な事柄を扱う天体で、ビジョンやイメージ能力が時空間を超えて広がっていくをエネルギーをもっています。

また、今回の新月は海王星の集合的領域のエネルギーを受け取りやすいと言えます。4Hの入り口(IC)という自分の心理的な基盤となるポイントで起こるからです。自分という個人的な規模を超えたようなもっと大きな所からの集合的無意識がなだれ込んできます。それは個人的な所では未来からのイメージをキャッチすること、また自分のルーツに立ち返る、原点回帰するような意味もく含まれます。自分の底の底にあるものを想い出すのですね。それは非常に不確かで今は幻想や錯覚としか思えないけれども、それに賭けてみたいという気持ちが強くなる。いつもなら無視する自分の中の霊的な直感を素直に信じることで、本来ありたい自分像を今後広げていく事ができるようになります。。

さて新月が起こる場所、
魚座数え9度のサビアンは「騎手~A Jockey~」です。

魚座は現実的な輪郭のない非物質的なエネルギー。
意識が肉体を超えて境界線なく、どこまでも広がって同調していく性質を持つサインです。

9度は魚座の哲学性や精神性を意味しています。ここでは高められた心によって馬を走らせていく事が描かれています。馬はサビアンシンボルにおいては自分のリビドー(情動や本能的欲求)の象徴で、魚座の9度では自分が同化したい目標に向かって躊躇なく一気にダイブしていくのです。自分自身の中で高まった心が馬を操り馬を走らす。まだ見えていない結果については気にしません、ここでは自分の心に忠実に動くという事がポイントです。
f0377740_01504268.jpg
騎手は馬と心を一つにして、自分が信じる方向に駆け抜けていきます。馬は疾走する競走馬、中途半端な気持ちで乗るならば危険を齎します。乗ってしまったら馬と一体になって、自らを捧げるような意気込みで、丸ごとで飛び込んで行くことが前提となります。また、景色を見渡すような暇もありません、一気に目標に向かって駆け抜けていくのが良いのです。
馬を駆り立てる騎手
心の高ぶりを共に馬を煽って弾丸となります。見えないけれど信じるものに向かって走っていく。個人の目的と神の意図が合致する時、そこに奇跡が起こるでしょう。駆け引きや計算は通用しません、余計な心配は躊躇は失敗を引き寄せます。理屈や打算を抜きにして純粋に心の中から湧き上がってくるものに目を向けて下さい…、今後、あなたはどこに向かっていきたいのでしょうか?何を信じて自分(の馬)を走らせていきますか?


今回の新月は次の日食まで影響が続くと言われる特別な新月です。
これまでの表面的に進めて来た自分を卒業して、新しい自分を創造していくサイクルに入ります。消滅していくものは感謝して静かに見送り、そして受け入れるべきものを遠慮しないできちんと受け入れましょう。大きくリセットし、心身ともに身軽になって新しい未来へと疾走しましょう、風を切って、誰よりも早く。


★まとめとポイント
・自己を創造する太陽の光が遮られ、これまでの生き方が終わりを迎えるとともに、新しい未来の幕開けともなる時期。特に出生図の中の重要な天体(太陽や月)やASCの近くで起こった時には特に、大きな自己変容が促され人生での新しい局面を迎える事を意味します。

・ハウスのどのあたりでこの新月が起こるのかをチェックしてみましょう。どんな分野で変容が起こり、新しい出発が促されるのかを予想することが出来ます。1ハウスなら自分自身においての変容、3ハウスなら勉強テーマや関心事が変わるのかもしれません。8ハウスなら、深い絆の中へと飛び込む決意をするのかもしれませんね。



syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)
・第十二回…支配星について
・第十三回…メジャーアスペクト
・第十四回…マイナーアスペクト

by syuko-astrology | 2017-02-25 02:59 | ├新月・満月 | Comments(0)

上空からリサーチし射貫く力@水瓶座9度で新月

1月28日09:08、月は水瓶座の9度で新月を迎えます。

大寒を境にギュッと冷え込みましたね…。地中海バリの温暖さを売りにしているここ岡山も「でぇ~れぇ寒ぃがぁ」が挨拶替わりになっております。雪もチラつきました。夜に山間部の峠を通って帰るので毎日ヒヤヒヤしてます。あ、車は無事に復活しました。やっぱりパッキンが古くなってオイルが漏れしてたみたい。

f0377740_23523085.pngさて、地上世界と宇宙との繋ぎ目でもある月がまた新しいサイクルに突入します。占星術で10天体が語られる時、月もその中の1つとして同じように位置づけられることが多いのですが、実は性質や働きが他の天体と違うというポイントがある。他の天体とは立ち位置が違うということです。しばらく経ってから知って、気づき学んだんですが((+_+))。

月は地球の衛星で、他の惑星と違って地球の周りだけを回っているものです。他の天体とは違って独立性がないということ。多方面から他の惑星のエネルギーを受信しつつも、いつも地球の様子をいつも伺って近くでグルグル回っている。月は私達と宇宙との仲介者でもあり、地球のストーカーでもあるんです。月は地球が大好きなんだと思いますね、感情があるかどうかは別として。

さて、占星術の月が象徴するのは周囲(他天体)からの影響を受けを受け止めたり、目に見えない雰囲気や気を感知して変化していく受信的な性質です。そういう意味で月のある自分のハウス分野に私達は強い関心を持つし、同時に依存し、また影響されやすくもあるのです。そこが安定していないと全部が不安になるような…。心理的に依存しやすい場所と考えることもできるんですね。なので私達は日常的に月を満たすことは大事なんです。新月の時には自分を癒しましょう♪そして新しいパワーを受け止めましょう。


水瓶座9度のサビアンシンボルは
「鷹に変化する旗~A flag tuened into an eagle~」です。

鷹は能動的に飛び出していく行動の意志を象徴し、旗は無機質な、それでいて法則的に記された記号を表しています。何かの記号や印でしかなかったものが、意志を持って実際に動き出すことが表現されています。

f0377740_01212475.jpg水瓶座は自らの感情で動くことの少ないサインです。広い範囲を見渡し様々な情報を集めてそれに基づいて行動していきます。自分の好みだからとか、あの人が言ってたから、というその場しのぎの発想や流行、興奮では動かない性質。それはある意味とても機械的で、人工的な色合いがあります。人工知能的な発想ですよね。

そんな水瓶座の9度には、個人的な感情や感覚では物事を決めない、実行しなという水瓶座の哲学が書かれています。数あるデータや統計からまず綿密なシナリオを作りあげ、それに沿って現実を進めて行こうとするのです。

例えばアンドロイドロボット(でしたっけ?)の作成のような事かもしれません。言葉や表情やしぐさなど、考えられる全てのパターンをただの模型である人形に入力していくと、まるで現実での生き物のように活動を始め、組み込まれた予定に沿って動くものが出来上がります。自分の計算によってロボットが筋書きどうりに動いた時の達成感はプログラマーにはたまらないものらしいです。

私は一時期、アメブロカスタマイズやHPデザインで使うHTMLとかCSSなどの法則的な文字列の面白さにハマっていたことがあります(もれなく途中頓挫(-"-))。しかし一定の法則のある羅列を打ち込むことでデザインが意図したものになっていくのはとても楽しくて気持ち良かったです。大人のゲームって感じがしました。

このようにゴールを決めて設定どうりに展開させていく事を目指すのも水瓶座9度の世界だと思います。

鷲へと変身する旗が見える

この新月からの二週間、私達は自分の主観からではなく、上空から見渡すような視点で行動していく術を手に入れます。私達が新しい未来を創造しようとしつつ、それでも時々躊躇してしまうのは先のことは分からないし、それを乗り越える勇気を持ち合わせてないと思うからです。しかし先の事を見越して何通りもある可能性をキャッチし、全体像が把握出来ていれば、ピンポイントにそこで予測したことを実行していくだけ。特に勇気を出したり気合いを入れたりする必要はなく、ただただ法則に従って動いていくだけで良い。それが水瓶座的の哲学です。

例えば営業マンが新しい取引先に出向くとき、その相手先の事を色々調べておくはずです。今までどんな製品を買ってくれているか?または何がタブーか。その過程から推測される有効なプレゼンは?とか。また社長の趣味はどんなこと?どんな話が盛り上がりそう?など、情報を集めて戦略を練っているはず。

もちろん実際に現場に行ってみたら予測と違ったってこともあるでしょうし、思わぬ展開が出て来て即座に対応しなければいけないことも出てくるでしょう。しかし何の下調べもデータもなく行くよりはずっと安定感があるはずです。事前に色々な場面を想定して可能限りにシュミレーションを重ねておくのです。もちろんその数が多い方が万能となります。あとは目標に目がけて鷹を飛ばすだけ。鷹は自分の実行力の象徴です。

この二週間はそういった自分の中のコンピュータ機能を発達させるべく、シュミレーションして実行に移すということを意識してやってみましょう。物を売る場面であれば、自分が良いとおもうから売るのではなく、世の中を見渡して実際に売れているものをリサーチし、それに合わせたものを開発していくようなやり方です。

世の中を見渡せばもう答えは転がっている。そういった視点が水瓶座の飛ばす鷹の視点です。失敗したとしてもそのデータをまた組み込んで新しい統計を出して行けばいい、失敗も成功も自分のデータとしては同じように価値のあるもの。場数を踏む事で私達の中にいる鷹はますます万能に育っていきます。


syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧はこちらから】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について(自己十大意識)
・第十一回…12ハウス(活動分野)


by syuko-astrology | 2017-01-26 14:00 | ├新月・満月 | Comments(0)

自分だけの楽園をみつける@山羊座8度の新月

12月29日(木)15:53に月は山羊座の8度で新月を迎えます。

f0377740_01295911.png今年最後の新月リーディングとなります。

ブログを始めたときに、基本的にはその時々で思いついたことを書くのだけれども、定期的に書く記事もやっていこうと思いました。で、新月&満月のリーディングなら月に二回だから私にも出来るかも!と始めたコーナーです。最近はサビアンの研究にもハマっているので自身の勉強や復習も兼ねて書いています。

この新月&満月リーディングは個人のホロスコープをリーディングするのとは手法が違うので、どうしても漠然とした、抽象的なものになります。もともとサビアンシンボルはその名の通り象徴でしかないのであって、言葉どおり読んだただけでは( ゚д゚)ポカーン…?なサビアンがほとんどですね(笑)。なので私たちが日常に落とし込むには、その言葉の背景にある意図を追求したり、その度数にどんな意味があるのか?何を表現しているのかを理解していく必要があります。その辺りを私なりに説明していければと思っています。

さて、山羊座8度のサビアンシンボルは
「幸せそうに歌う家の中の鳥~Birds in the house singing happily~」です。

山羊座の出戻り度数と言われる所です。自分の環境や居場所を嫌って離反していた鳥が、再び元の居場所に戻りそこで声高らかに歌うというもの。一度離れた共同体に再度戻って、そこで満足しながら過ごす様子が描かれています。

f0377740_01454449.jpg自分の決めた環境で頑張っても、思い描いていた成果が得られないと落胆し、一度はそこを離れたのですが、違う環境に身を置いたことで自分の居た場所の良さに気付き、今度はそこで充実した生活を送る事が出来るようになるという意味です。

山羊座は決まった場所、限定した場所に立つことを意味します。8度は力を溜め込んで集中していく度数。ここでは山羊座の表すどこか決まった場所において自分の経験や力を安定させて表現していくことになります。

かごの中の鳥、家で飼われている鳥というとどこか縛られたようなイメージもあるかもしれませんが、自ら戻って来て歌っているのですから否定的な要素はありません。鳥は外の世界も見たうえでこの家の中に立脚することを自分で選んでいるのです。

他の世界や環境を知ったからこそ、決められた狭い場所に戻れるということがあります。例えば日本の習慣などに嫌気がさして海外に行ってみたけれど、そこで改めて日本の良さに気付くようなことです。

始めから安全な家の中でしか生活していない鳥は、何かあるとすぐに見た事もない外の生活を夢見て不満を抱いたりもするのでしょうが、色々な世界を見て帰って来た鳥は違います。その家の良さも悪さもすべて知っているのです。そして自分がそこで何をすればいいか分かっているので安定感もあります。自分が決めればそこは楽園になるということです。

今回の新月では、上の象意のように、どこかに再び戻って活動するような事象が現れるかもしれません。または誰かとの関係性においてかもしれません。恒常的でつまらないと感じ刺激を求めて離れてみたけれど、少し距離を置いてみるとその人良さが身に染みて分かったとか…。

元サヤ的な意味が出てくるかもしれませんね。

人間関係の元サヤ?なら7か8ハウス。
仕事がらみの事であれば2、6、10ハウス。
自分自身の気づきだと1ハウス、
友人なら11ハウス、などかな。

自分のホロスコープのどこで新月が起こるのかチェックしてみて下さいね。

私自身はちょーどASC辺りでの新月です。
よーし、本格的にヨガの場所決めるぞー!^^





by syuko-astrology | 2016-12-27 02:26 | ├新月・満月 | Comments(0)

考え方の変化と新しい力の誕生@射手座8度の新月


11月29日(火)21:18に月は射手座の8度で新月を迎えます。

f0377740_00151697.png月は私達にとって一番身近なもの。宇宙との繋ぎの役目をしていて、エーテル体=身近なスピリチュアル情報を受信する機能でもあります。何となく心地よい、または嫌悪を感じるとか、雰囲気が好き、または気に入らないなどの、言葉にならない感覚が起こるのは見えない情報やエネルギーを察知して自分にとって安全なものかどうか?ということをいつも取捨選択しているからです、無意識にではありますが…。

そんな神秘性を持つ月のサイクルを意識して日常に取り入れていくことは自分のインスピレーションを高めるレッスンになると思います。また願望実現のためにもこの宇宙サイクルは役立つのではと。

今日の世界に存在する色々なもの、現代で当たり前になっているものも、元は見えない誰かの願望やイメージが形になったものです。そんな産物はこの世には沢山あって、いつも私たちの周囲を取り巻いています。

現代人にとって目の前の現実に集中し生きることはもちろん大事なのですが、形になる前のアイデアや可能性、宇宙の意志が広がっている空間、そんな所にもたまには想いを馳せてみましょう。きっと世界が広がるはずです。 ^^


さて、この29日、月は浄化や内省のサイクルを経てまた新しいスタートに立ちます。次に受け取るテーマはどのようなものか見てみましょう。


射手座8度のサビアンシンボルは
「岩やその内部で形成されているもの~Rocks and things forming therein~」

f0377740_00073201.jpg















射手座は(火×柔軟)で、摩擦を繰返しながら向上していくサインです。色々な人と意見を交わしながら、時に反発し合いながらより良い思想を求め、人生の意義を探究していきます。

8度には自己や状況をコントロールすること、力を蓄積していく意味がありますから、ここでは色々な考えや意見を自分に取り込み、深い所で混ぜ合わることにより、新たな自立したエネルギーを生み出していくことを表します。そしてその試みは自分の価値観を大きく変容させるということを言っています。

大地の奥深くで新しい元素が形成されつつある

自分の考えや価値観とは異質なもの、時に反発したくなるような要素などが、実は知らない内に自分の奥底に入り込んでいて変化が起こっています。もちろん取り込んできたのは自分自身。それらを血肉にし、新しいエネルギーに変えていこうとしているのですが、無意識の部分なので外見の変化は分からないのです。自分でもそれには気づいていません。

果たしてどんな道が、いったいどんな考え方が正しいものなか?それを探るために今まで色々な知識に触れたり、意見を交差させたりして私たちは戦って来ました。しかしここではどれが正しいとか間違っているという極端な思考からは解き放たれていきます。今までのように渦中に入って騒ぎてたるでもなく、じっと見守ることができます。なぜならば今までの葛藤はもう自分の養分、血肉になってしまっているからです。今までの色々な要素を練り合わせて自分の中に新しい力が形成されるのを知った時、今までの自分の行動や葛藤はけして無意味なものではなかったことを確信します。

人が何かについて真意を探究するとき、人生上で自分のスタンスを明確にしていくためには、あらゆる既存の可能性に対して疑問を投げかけたり、その一つ一つと戦ったり、吟味して行く真剣なプロセスが必要だと思います。しかしそれゆえに私たちは常日頃、善悪ということや正しい&間違ってるという考え方などについて議論しがちで、それに振り回されて不安を感じたり、状況の不安定さを生み出したりもしてきました。

ここではそんな今までの自分の価値観や考え方に内側から強い変容が起こると捉えても良いかもしれません。物事にはそもそも正邪や善悪もなく、優劣もない。それらをどう捉えるか?という自分の視点や応用力こそが世界を創りだしているのだという原点にもう一度立ち返るようなことです。つまり自分という個人は、正しくても間違っていても結局は他者の色々な要素を混ぜ合わせて形成されているのです。そしてその中に異質なもの、反発する要素も取り入れているからこそ、そこから自分らしい価値観が生み出されるのであって、それは人生を自立させるもの。この世を生き抜いていく強い活力となるものなのです。


この”新しい力の誕生”がどこのハウスで起こるかをホロスコープ上で確認してみましょう。


ちなみに私のホロスコープでは射手座8度は11ハウスにあります。
ここは未来ビジョン、サークル、友人などを表す部屋。

端的に見ると新しい友人との出会いの機会があるのかもしれません。しかしそれは共感で始まるような、なれ合いな関係ではなくて違うことから始まるようなもの。異質な意見を持ち寄ってお互いに刺激し合い、成長をもたらすような関係であるとも考えることが出来ます。そしてそれらの出会いを通じて自分に深い部分から変化が起き、その後の視野が広がっていくのだと見る事も出来るでしょう。


是非、そんなことを意識しながらこの新月期を過ごしてみて下さい。
今後のあなたを大きく成長させるための新しいきっかけがあることでしょう。




  ↑
どちらかぽちっと464939☆
  ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

by syuko-astrology | 2016-11-25 13:45 | ├新月・満月 | Comments(0)

真実を映し出す心のスクリーン@蠍座8度の新月


10月31日(月)02:38に月は蠍座の8度で新月を迎えます。

f0377740_12051715.png占星術で使う天体10つの中で一番身近な天体が月です。月はネイタルチャート(自分のホロスコープ)では感情や印象の記録機能・個人的アカシックレコードに該当します。幼い頃から感じてきたもの、入力してきたものが膨大に蓄積されている月の器。それはいつしかその人の性格や価値観、生き方のベースとなりその人を支えることになります。

一方でこのような天体観測は後天的に月を浄化させたり活性させたりに使えます。月は柔らかく受容的な天体なので書き換えていくことが可能なのです。現在の宇宙の流れを感じながら自分の月もしなやかに豊かにしていく事が出来る。それは日々のインスピレーションを活性することにも繋がります。

月は約29.5日で12サイン360度を一周しますから、私達は約一か月を通して360度世界を体験していることになります。自分が持っているサインに関わらず月を通してすべてのサインやそのエネルギーを受信しているのです。

なお、新月は月が太陽と重なる時のことで占星術では(月-太陽0度)です。月の無意識と太陽の意識が重なるポイント「新月」では心の中にある願望や意識に光を当て、新しいスタートを切るのに適していると言われています。



さて今回の新月、蠍座8度のサビアンシンボルは
「湖面を横切って輝く月 The moon shining across a lake
f0377740_14013530.jpg
8度は状況に振り回されることなく力をため込んでいく度数です。行き当たりばったりに進むのではなく知恵を使って対処していく、状況をじっと観察するような性質を持ちます。もちろんそれは最終的に有意義な選択をするために、です。

ということは不安定な状況が目前に広がりやすいということでもあります。特に今回の新月では可能性と混乱を意味する海王星のエネルギーが同調するので、物事の展開が不明瞭だったり想像が及ばなかったりすることが多くなるかもしれません。またそれによって心理的な不安などが生じることも出てくるのでしょう。

サビアンでは、そんな時は心を静かに磨ぎ澄まし、そこに映し出されるものを観察せよということが書いてあります。月が変化しながら見せていく色々な表情を静観することでその中から真実を知ることが出来る、というような意味です。

状況が二転三転し混乱を感じる時って、そもそも自分の心が整理出来ていないことが多いと思います。そんな時こそ中心から一歩離れて成り行きを観察し、その動きを見守るという事が大切なのだと。

月の光を浴びて輝く静かな湖

湖面に月が映るのを見るためには波が落ち着くまで待つ必要があります。関係しているもの(人、出来事、執着心)から距離を取って心を落ちつかせ、じっと月が映るのを待つのです。そしてその表情を観察して物事の本質を見抜く。待つことで真相を引き寄せていくような、そんな吸引力を鍛える時でもあります。

この時期は出しゃばらず、焦らず、騒がずに物事の成り行きをじっと見守る姿勢が功を成すかもしれません。今後、自分にとって有益なものを引き寄せるための器作りがスタートします。

もっと具体的にどんな分野でそれが行われるか?はホロスコープで蠍座08度が何ハウスにあるかを見ると参考になります。

私自身は10ハウスで新月になるので主に仕事関係や社会的な方面においてということになります。

心当たりがあるのは会社の事業所移転に伴う身の成り行きかな。経営者陣の動きがあって今後はどうなるんだろう?って感じなのです。やっぱり自分たちの身の処し方(処され方)は早く知っておきたいじゃないですか。早く次を探して手を打っておいた方がいいのか?それとも何かお達しが出るまで動かないのがいいのか、とかね。

でもこんな今だからこそ静観しておこうと思います。
動きを見守っておく方が良さそうですもの…。(*´з`)


真実は静かな心のスクリーンにこそ映し出される。

この新月前後、皆さんのスクリーンには何が映し出されるのでしょう?
じっくりと観察してみて下さいね。




  ↑
どちらかぽちっと464939☆
  ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

by syuko-astrology | 2016-10-29 20:08 | ├新月・満月 | Comments(0)

はじめまして@天秤座の新月に


占星術の世界からこんにちわ☆

はじめまして、syukoと申します。
今日からブログを始めました。

ホロスコープの読み方や天体の動き速報、
月のバイオリズムなどその時々でテーマを取り上げながら、
宇宙の流れを綴っていきたいと思います。

また、同時に岡山の魅力を発信すべく、
あまり知られていない観光地やミステリスポット、
神社仏閣、遺跡などの情報も発信していきますので
どうぞよろしくお願いいたします~☆


================

さて、先日の10月1日午前9時11分のことですが、
月は天秤座の09度で新月を迎えました。

天秤座09度のサビアンは
『アートギャラリーに掛けられた三人の巨匠』
美意識の高い天秤座らしいシンボルです。

巨匠の画が3つもある見どころ満載のギャラリー。
どれか一番を決めるのではなく、
それぞれの素晴らしさを楽しむ
ことが描かれています。

天秤座は風のサイン、色々な物を見聞きして
情報を集めたり動かしたりする
性質を持っていますが、
特に09度では哲学的な要素、思想的な要素が混じり
『心で美しいものを見る』ことが象徴されているように思います。


肯定&否定でもなく、一番を決めるのでもなく、
ただただ色々な個性や価値を見比べて楽しむ、

そんな2週を過ごす事がお勧めです。

もともと活動サインは1つだけに集中するのが苦手です。

その中でも天秤座は風のサインなので
色々な方向に向かってアンテナを伸ばし、
その時々で良いと思った方向性で活動していくのです。

そして何かと比べることも天秤座の理解の仕方。
目の前の価値を知る為には何かとの対比が必ず必要だからです。


比較検討しながらより良いものを見つけていくのが天秤座の世界でもあるのですが、
今回の新月の09度では敢えてどれかを決めることなく
『三人の巨匠の画を飾る』ように複数を同時に楽しむ様子が描かれていますから、
1つに絞ることなく色々な関心事に興味を向けていくと良さそうですね。

それぞれの違いを楽しんだり、
複数を同時進行で始めてみたり。

また色々な人の考えや
意見を聞く事も良い時期だと思います。

約2週間後の牡羊座の満月の頃には
色々集めた情報や始めた事柄の中から
『自分に一番合うのはこれ!』
とピンとくるものがあるはずです。


============

私自身はこのブログを始めた事、
占星術の事だけでなく岡山の地元情報も
同時に発信していきたいと思い始めたのが
丁度今回の新月とシンクロしたように思います。

この春、10年ぶりに岡山に帰郷したのですが、
あまり知られていない観光地やおススメスポットが
まだまだ岡山には沢山眠っていることが分かりまして、
もっと色々な人に知って貰いたいな~と感じているのです。

この秋は私なりに色々な方面にアンテナを伸ばしていこう♪

みなさんの関心はどんなことでしょう?
この2週間、色々集めて調べて、
聞いて知って楽しみましょう。




by syuko-astrology | 2016-10-03 13:45 | ├新月・満月 | Comments(0)


最新の記事
タグ
最新のコメント
> ameさん そ..
by syuko-astrology at 22:22
> リサさん ある..
by syuko-astrology at 22:18
shukoさん、はじめま..
by ame at 01:04
syukoさん、こんにち..
by リサ at 17:57
> miyu-ka_dr..
by syuko-astrology at 14:40
記事ランキング