Syukoの星読みブログ


占星術の世界から様々なメッセージをお届け♪満月&新月の星読み、サビアン、ホロスコープのお話しなど色々発信しています。
by Syuko
カテゴリ
外部リンク
ライフログ
以前の記事
検索

タグ:12サイン ( 16 ) タグの人気記事

牡羊座祭り!


現在牡羊座には4天体があります。
昨日29日時点ではなんと5天体が牡羊座にありました。
f0377740_01301339.png















牡羊座ステリウム、
…いや、牡羊座祭りといった印象です。

占星術で使う惑星は10つなので、
このうちの5つが牡羊座にあるなんて凄い偏りですよね。

しかも木星が正面から風で煽る!
土星は同じ火のサインなので継続して燃やす。
牡羊座炎上~っという印象な今日この頃。

きっと昨日あたりでうまれた赤ちゃんは
牡羊座の効いた、前に!前にのみ進むのだ!
という勇敢なお子さんになることでしょう。

私自身牡羊座の太陽&水星、天秤座には天王星冥王星を持っていますので、毎年この牡羊座辺りに天体が集まる時には、どこからともなくゴー!っというパワーが(ただバタバタするだけなんですが)生じてきたりしてそれなりに充実感を感じる事が出来るのですが、

サインアスペクトでは牡羊座の太陽水星と月が90度なので
(つまりざっくりとT字スクエア)
牡羊座のパワーが高まれば高まるほどに、
山羊座の月がヘロヘロになっていくのであります。

月はもともと冥王星と90度なので、
打たれ強く鍛えられてはおりますが、

はやり月は自分の基本的な体力や気力、
コンディションにとても関係しますので、

ガー!っと動いてバタン!
グルグル走り回ってバッタん!

という現象がこの時期は多くなってしまいます。


このあたりは同じ牡羊座ステリウムの時期にあっても
月の位置で個人差がありますよね。

例えば今の時期、調子が良いとしたら、
月が火のサインや風のサインの場合ですかね。

太陽としてももちろん火と風のサインですと
めらめらと上昇気流を感じられるかもれません。

そこまでいかなくても何かしらの高揚感ですとか、
ちょっとしたワクワクが見受けられるかも。


月はすぐに牡羊座を抜けましたので
現在は牡羊座には4天体。

それでもまだ祭りだと思います。

牡羊座のないかたもある方も
この時期は勢いに乗ろうと思えば乗れるはず。

その勢いにのってどうなるか?は
ホロスコープ次第ということですが
(私のように月が縮みあがる場合も・笑)

しかし、季節を楽しむことに制限はないはずです。
春の予感を、何かがうごめいてくる予感を楽しみましょう。



今日は雑感でした。

Syuko☆

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
ホロスコープ、それはたった世界にひとつだけの星の地図
占星術の基礎知識&参考記事一覧
【個人鑑定はこちらを】⇒詳細&各メニュー
【お問合せ】⇒ astroeyes46@gmail.com


by syuko-astrology | 2017-03-30 01:51 | ├トランシットから | Comments(0)

水星が牡羊座へ


今日の早朝に水星が牡羊座へ移動しました。
f0377740_13483324.jpg









水星は知性と情報、頭脳活動を司る天体。
喋る、伝える、受信する、発信する…。

牡羊座はまだこの世にないような新しいモノや
生れてたての素朴さ、勢い、押し出し力を持っていますから、

牡羊座の水星にはスピード感があります。
閃いたことはすぐ口にする、伝えていく。

勢い良くしゃべる、
人の話しはあまり聞かない(笑)

水星なのでいちおう受信もする(聞く)んですが、
返しが早いんですよね(*´ω`)

人の話を最後まで聞かずにすぐ返事してきたり、
または1言ったら10ぐらい返してきたり、
そういった人は良く見かけますよね。
(あ、私も水星牡羊座でした)

活動サインで元気のよい火の元素ですし、
2区分ではエネルギーは常に外向きですから、
受け身の知性ではないのです。

なので内側に抱え込んだり、
言いたいのに言えないってことは
基本的にない世界。


なので牡羊座に水星がはいったこの時期は
日頃からきっぱりと言い切れないと感じているのならば、
この牡羊座の水星のエネルギーを吸収し、
はっきり意見したり、積極的に自分の考えを発表したり
の力を付けることや訓練して慣れるのにはちょうどよいです。

牡羊座が苦手と感じるのは単純に考えると
90度になる蟹座や山羊座の水星を持っている場合ですよね。

蟹座や山羊座の水星は感情的(蟹座)か現実的(山羊座)に、
ある程度決まった範囲、現実的な物事を扱いたい知性です。

ところが牡羊座の水星はまったく根拠のない所から
新規な話題や共通性のないものを持って入ってくるので、

蟹座や山羊座の水星が計画立ててやってる話を
横からぶった切るような意味にもなるのです。

ただ、それは否定的に捉えてしまった場合であって、
山羊座や蟹座の水星には安定感はあるけれどその分、
どうしても閉塞的で同じテーマに執着しやすいこともあるので、

牡羊座の全く新しい話題を取り入れて、それに乗じてみることは
蟹座や山羊座の水星の情報の範囲を広げる事にもなるのではと思います。


是非、この時期、建設的な方向で、
春分点のパワーを持つ牡羊座の情報源を
生活に取り入れてみて下さい。


なお、水星が牡羊座にいるのは今月末まで。
来月はじっくり考えてから口にだす慎重な牡牛座に移ります。



syuko☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

072.gifホロスコープ Horoscope
~それはたった世界にひとつだけの、魂の地図~

●占星術ってなぁに?星の用語解説など ⇒占星術の基礎知識&参考記事一覧
●個人鑑定ホロスコープ読み ⇒詳細&各メニューはこちら
●お問合せ055.gif astroeyes46@gmail.com

by syuko-astrology | 2017-03-14 14:20 | ├今日のチャート | Comments(0)

「さぁ、革命の始まりだ」@太陽が水瓶座へ

昨日の事になりますが20日(金)の06:25、
太陽が山羊座から水瓶座へ移行しました。

以降、約一か月間、太陽は地上にいる私達に
水瓶座のエネルギーを注ぐこととなります。

山羊座と水瓶座にはどんな違いがあるのかを考えてみると、山羊座は地の活動宮で、決められた場所で役割を持ち、成果を出す為に積極的に活動していく性質を持ったサインです。地上のピラミッド、縦社会的な構造を意味しており、特定の場所に立つ事や、現場のルールで活動すること、また自分の環境や地域の中で役割を持ち、目の前の社会活動に集中していく実質的なエネルギーを持っています。

それに対して水瓶座は風の不動宮で、縦社会ではなく横社会の世界となります。元素で言うと、風は地をバラバラにし拡散させていく作用があります。よって水瓶座には既存の社会通念や常識などを壊し改革していく意味と、価値ある山羊座的なものを広範囲に伝達していく意味などを持つことになります。

社会のルールになんて従わない!常識をぶっ壊せ!個性が一番大事!と言うようなキャッチコピーは水瓶座的な発想です。水瓶座は山羊座を否定してそこを超えて行こうとするサインなので、(どのサインも前のサインを否定して成り立っています)基本的には山羊座をディスりながら(笑)発展していくのです。

しかし山羊座をリスペクトして成り立つ水瓶座的発想も沢山ありあます。例えば、その場にいなくてもどこからでも情報を手に入れられる構造の普及です。例えばご当地グルメ(山羊座的)を全国からネットで注文できてしまうシステム(水瓶座的)や、ネットにログインさえできればで社会で行われている有益な情報を知ることが出来る便利さなどは山羊座と水瓶座の組み合わせによる働きと言えます。

ネットで勉強が出来る、とか資格まで習得できてしまうなんて事は、その時その場にいなければ分からない山羊座的な性質、つまり昔の常識では考えられないものです。今では当たり前になってますけど…。

空間上に情報や価値をストックしておけばいつでもどこでも見ることが出来る。この「いつでも・どこにいても」というのが時間や空間を超越した水瓶座的な意識なのです。それから、通貨というシステムも山羊座と水瓶座のコラボです。お金という価値のついた物質を(山羊座的)運んだり循環させたりして世界に生き渡らせている(水瓶座的)。本をネットで売り買いできるAmazonなどもそうかもしれません。物としての本を至るところに流通させる事ができるのは地と風の元素の成せる技です。

さて、山羊座は特定の場所や環境を盛り上げ、そこに貢献することを意味していましたが、水瓶座はそこから離れてもっと広い所に普及していくことを目指します。上に書いたようにどこにいても誰もが共有できるようなシステムやアイデアをあらゆるところに生き渡らせるということ。水瓶座は国も空間も超えたところで活用できるものを追求していくのです。

私達が水瓶座のエネルギーを発揮するとき、性質として出るとその場その場で態度を変えない感じであったり、目上だからとか、偉い人だからといってお愛想しないようなキャラクターとなるでしょう。

水瓶座は狭い範囲でしか通用しない地位や名誉、思想や常識、習慣などには反応しないのです。既存の当たり前になった社会ルールに反発してくのが水瓶座イズム。世間体や性別、経歴などの枠組みより、その人の考え方を視て判断すると言った感じです。逆に言えば考え方が合って同じ思想を共有できる相手ならば、どんな人とでも繋がっていくことが出来るのが水瓶座の特徴なのです。


今日から約一か月、この水瓶座のエネルギーが太陽から降り注いできますので、ホロスコープに水瓶座の天体がある、ないに関わらず、私達はそれぞれの思想や理念について意識を向けてみると良いのでしょう。思想と言うと大袈裟で壮大な事のようですが、個人的なレベルではいわゆる”自分の考え方や将来の計画について”ということですね。

こうあるべきだ、またはこうでありたい、という理想や善とする生き方ってのはいつでも皆の中にあると思うのです。自分の中の未来ビジョンや理想郷みたいなことです。もっとこうした方がいいんじゃないかな?こんなやり方はどうかな?など、そんなことについて考えてみるのもよい一ヶ月かもしれません。新しい発見や自立性の高いスタイルが見つかりそうです。
f0377740_00563561.jpg

そしてこの太陽が水瓶座に入ったタイミングで、
トランプ氏の就任イベントとなりました。

山羊座の象徴してきた今までの政治スタイルを変えていく、まったく違った切り口で超えていこうとするトランプ氏政権を象徴しているような気がします。(彼自身の太陽は双子座なのですが)

水瓶座の改革力や普及力は凄いのですが、デメリットとして目の前の実情を視ず、お構いなしに自分の考えで突っ走るということがあります。細かいそれぞれの事情などにいちいち対応していたらキリがない、というのが風サインの性質で、水瓶座は不動宮で社会領域のサインですから特にその要素が強いのです。

大きなことを目指す為には目の前の細かい事には反応しきれない…、という発想。それは至極もっともなのですが、何事もバランスというかほどほどさというのも時には大事なのかもしれません。

なんてことを、
政治とかグローバル…、
などに全く無知な私が言ってみた訳ですが、


「さぁ革命の始まりだ」



私達も水瓶座を通してそれぞれの日常の中で
新時代の幕開けを楽しもうではありませんか。
(*'ω'*)


syuko☆

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

【星の基礎知識☆記事一覧はこちらから】
・第一回…ホロスコープ作成法
・第二回…2区分(サインの性別)
・第三回…3区分(活動形態別)
・第四回…4区分(元素による価値観)
・第五回…領域(育成されるテーマ)
・第六回…火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)
・第七回…風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)
・第八回…水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)
・第九回…地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)
・第十回…10天体について

by syuko-astrology | 2017-01-21 00:59 | ├天体の動き | Comments(0)

地のサイン(牡牛座/乙女座/山羊座)


地の元素を持つ3つのサインについての説明。

地のサインの2区分は女性性(-)です。
受動的で内向的な性質をベースとし、
自分の内側にあるもの(過去&既存)を安定させ
維持していく事にエネルギーが向かいます。

また、4区分で地の元素が意味するのは、
物質的なものを扱うこと、現実的で具体的なこと、
形にしていくこと、などです。

地のサインは明確な実感を得られることが大切で、
結果を出すことや成果を獲得することに価値を置きます。

ここでは地のサインのそれぞれを
3区分(行動形態)で比べながら、
それぞれの特性を見ていきたいと思います。


★牡牛座(地×不動宮)個人領域
牡牛座は不動の地で、自分が持っている感覚的な資質を使って人生を発展させていくサインです。牡牛座は身体を表します。五感に優れており、この世界を自分の身体感覚で確かめながら歩んでいきます。モノを所有しその良さを味わう、おいしい物を食べる、美しい物を見るなど。個人の領域である牡牛座の価値観とは、あくまでも自分が確信できる感覚によって決められるもので、世間の流行や誰かの意見などに左右されるものではありません。どこまでも自己感覚を基準にします。目の前の現実、実際的な感覚を一つずつ確かめながら判断していくのです。牡牛座は生まれつき自分に備わっている資産や能力を掘り起こしながら人生を拓いていきます。自分だけの身体特性や感覚、技能や才能によって生きていこうとするサインです。五感が発達していることから色彩やデザイン、音楽や料理などにも縁があります。牡牛座は個人領域の地であり自分の感覚に拘ることを大事にしています。牡牛座にある天体は人の意見や判断に振り回されることなく、じっくりと自分のペースで発展していきます。

★乙女座(地×柔軟宮)他者領域
乙女座は柔軟の地で、臨機応変に対応しながら結果を出していく事を意味しています。また柔軟宮ということで色々な実務を複数こなせることも表します。地が表す実際的なもの、目に見える役立つ事、細かいことに柔軟に対応し調整することに長けているのです。他者領域の地である乙女座は、自分の個人的な意思よりも目の前の相手に対応することを大事にします。牡羊座から6番目(150度)になる乙女座には訓練するとか管理するという意味があって、自然体でリラックスした素の自分のまま(牡羊座的)ではなく、きちんと管理された自分、スキルを身につけ社会に適応できる自分でありたいという本能を持っているのです。相手から要求された色々な事をこなせることが、乙女座の充実感を得るポイントです。勤勉なサラリーマンとか、どんな依頼もこなせる実務能力のある人、仕事の出来る人のイメージが乙女座ですね。このサインにある天体は主張自体は控え目ですが、細かく良く動く実際的な技能を持つようになります。

★山羊座(地×活動宮)社会領域
山羊座は活動の地で、休みなく活動しながら積極的に成果や結果を求めていく事を意味しています。山羊座も実際的で役に立つものを扱いますが社会領域を意識したサインなので、個人において良さを実感できること(牡牛座的価値観)はもちろん、具体的に目の前の相手の役に立つこと(乙女座的能力)、そして最終的に社会に認められることを目指します。社会のリーダー的存在として皆を率いるのが山羊座の完成された姿であり、野望でもあり、役目でもあります。また地域活性も山羊座の役目です。特性の土地や組織、場所を活性させること。その土地でしか食べる事が出来ないもの(地域限定)や、その地域にしかない良さを提示していったり(地域活性)、自分の属している環境(会社や企業)の業績を上げていくことなど、自分がいる環境に貢献し何らかの結果を出していこうとするのが山羊座の本能的な性質です。地上世界の頂点である山羊座は完璧主義でもあります。冬至からスタートする山羊座は完成されて長く安定するものを象徴していて、それは日常では役職や実績などに拘るという意味にもなります。山羊座にある天体は、結果重視で無駄のない動き方をします。

-----------------------


同じ地のサインでも
3区分や領域の違いで性質が違います。

シンプルに地をメリットや実際的な価値と考えるとそれぞれの活動は、

牡牛座は自分が本物だと感じられる価値を、
乙女座は相手の価値になるであろうと思うことを、
山羊座は社会(大勢の人)に向けて役に立つことを展開していくイメージ。

地は四元素の中で、唯一目で見て分かるもの。
数値化できるもの、確認できるものです。

飛躍した夢に没頭したり熱中するのではなく(火)、
人の意見に振り回されたり、噂に影響されてしまうワケでもなく(風)、
その場の雰囲気に流されたり、人との関係に左右されるのでもなく(水)、

実際にこうである、
と提示できるものを扱います。

どの元素も欠かせない大事なものなんですが、
まず、「地」の身体を持ちどこかに立脚していないと
私達生命は存在できないってことは事実です。

どんなぶっ飛んだ未来的な発想で生きてる人も(火)、
情報を駆使してサイバーな世界で生きている人も(風)、
親身になって人の悩みに同情する優しい人にとっても(水)、

地が表す肉体は自分だけのもの。
肉体を持っている時点で私達は
限られた枠組みに収納されています。


今日はそんな「地」のサインのお話しでした。

syuko☆



by syuko-astrology | 2017-01-08 20:39 | ■西洋占星術 | Comments(0)

太陽がやぎ座へ…、一年のオチをつける。


三日前の事になりますが冬至を迎え、
太陽は射手座から山羊座へと移行しました。

高く上昇する火の性質を持つ射手座から
実際的な場所で高みを目指す実務的な山羊座の世界へ…。

射手座は寛容な性質を持っていて物事を広げ膨らませて
かなり上の視点から全体像を抽象的に理解するのが得意でしたが、

山羊座は現実面での物事を確実にして成果を出していく、
明確にしていく、とドライな性質を持っていて射手座の価値観とは
ずいぶんギャップがあります。

元素的な所では「火」から「地」なので、
高く昇っていた火が地に落ちるイメージ。

これは否定的には文字通り地に落とされること。
しかし肯定的な面としては物事のオチがつくことです。

精神性の高い、漠然とした理論や思想なども
着地点がなければ堂々巡りで現実味がなく、
理想主義だけで終わってしまうこともあります。

夢語るのはいいけど、実際どうなの?という感じで。

しかし射手座の後にはちゃんと山羊座が待っておりまして、
射手座で高く掲げた思想や夢をきちんと現実に落とし込む流れとなるのです。

火の元素が強い人が地に合うと、
どうしても地上に突き落とされる感覚があります。

火はもともと現実的な地上を離れていく性質なので、
目の前の現実や細かい事を処理するのには慣れていません。

それで実際的な事に突き付けられるようなシーンがあると、
自分の希望を否定されるような気がして意気消沈しまいます。

しかし、元素の流れは火地風水と
違う価値観の組み合わせで流れているように、
この違和感のある元素とのギャップを経験するからこそ、
それぞれの元素のオチがつくといいますか、
活用されやすい高度なものになっていくと考えます。

山羊座は地上世界での頂上です。
完成形であって物質的には最高の形を意味します。

コントなどでも必ずと言っていいほど
ボケと突っ込みがあります。

オチのないお笑いって面白くないですよね。
バカなことやって笑ったら、誰かが突っ込む。
そして最後に意味が分かってドカーンと笑える訳で、
こういうものも火と地の関係に似ています。

この時期、射手座で出来た高尚な思想や大きな夢は、
山羊座という現実的なサインにぎゅっと落とし込まれて、
その精神性を活用する場所をしっかり得ていきます。

場所や枠組みを限定されるということは息苦しくもあるのですが、
その分、明確に成果を出していく事に意欲的になれる時でもあるのです。

火と地の元素は性質的には相反するものでありますが、
お互いに肉体と精神のバランスを保つためには必要な組み合わせです。

緩める→絞めるのバランスがこの時期の肝。

年末ということもありますし、この一年を振り返りつつ、
オチを探すのも面白いかもしれません。

今年も色々あったけれど、
こういう事だったのかー!
って確証を得るようなことですね。


f0377740_22040885.jpg














syuko☆



by syuko-astrology | 2016-12-24 22:10 | ├12サイン | Comments(0)

水のサイン(蟹座/蠍座/魚座)


今日は水の元素を持つサインについて綴ります。

水のサインの2区分は女性性(-)で
基本的な性質としては受動的、内向的、
内側を安定させ維持していく事に向かうエネルギーです。

また、4区分で水の元素が表すのは、
浸透力、結合力、気持ち的な繋がりや共感力など。

ここではその水のサインを3区分(行動形態)で比べながら
それぞれの特性を見ていきたいと思います。


----------


★蟹座(水×活動宮)自己領域
蟹座は活動宮なので受け身にならず、自分から積極的に感情を表現していくサインです。蟹座の表す活発な水は生活に潤いを与える生活水、日々の暮らしを豊かにする新鮮で活き活きとした水です。蟹座のベースとなる活動は安心して感情を行き来させることの出来る集団づくりです。安全な環境や分かり合える家族のような人間関係の中で、母性や養育力、親しみやすさ、理解力などを発揮します。人や文化、考え方などに対して同じ気持ちを感じられるかどうか、共感できるかどうか?がとても重要です。蟹座の世界では誰も孤立してはならず常に同じ想いで、同じ姿勢で事に当たらなければ意味がありません。心がバラバラだったり一人だけ違うことを考えたりすることはタブー。言い方を変えると蟹座の積極的な結合力は、相手に孤立や勝手な行動を許さない作用でもあります。それゆえに時に身内贔屓的で排他的にもなるのですが、蟹座の良さは集団的な、つまり個人を超えた大きなものに守られる安心感があることです。幼い子供が家族に見守られながらすくすくと成長する様子をイメージしてみて下さい。お母さんはいつも口うるさくてお節介は鬱陶しいけれど、それは大事な子供を安全な環境で育てる為の愛情です。共感し結合し保護して育てること、そういった性質を持つが蟹座の特徴です。蟹座にある天体は自分の親しんでいる環境や愛着のあるもの、信頼できる人間関係をベースにして自分のエリアを守りながら発展していきます。


★蠍座(水×不動宮)他者領域
蠍座は不動宮なので何かとの関係性が変わらないことを意味します。一度心に決めた相手や対象と深く繋がりその関係性を維持し続けようとする、感情的な持続力のあるサインです。気持ちが変わらないという事は的を絞って集中し取り組めるということです。自分が目指すテーマに向かって一心に、全身全霊をかけてのめり込み、その深い繋がりによって自分も相手も変えてしまうぐらいのエネルギーをやり取りします。それが感情面において現れるので何があっても一度決めた関係性を諦めないような性質となります。掴んだら放さないとか、結合したら離れないとか。何があっても関係性を維持することが水の不動宮が人生において価値を置くポイントです。この蠍座の関係性にしがみついて継続していく性質は非常に強い忍耐力や我慢力を作り上げます。色々な事を乗り越え、自分の経験してきた様々な想いを深い部分に内蔵しているため、蠍座には説得力や洞察力があってその歩みには深みがあります。人の心をつかみ、支配していくような力も発揮します。蠍座のテーマは深い集中と忍耐、この2つがあれば人生はどんなことがあっても乗り越えられるという強い信念のもと、関わる物との究極の関係性を維持していきます。誰かと、何かと深く関わることはある意味命がけです。関わる相手や思想によって自分の人生が大きく変わることはよくあるからです。蠍座はそういった自分を変えてしまうような深い部分での心理や集団意識に関係しているサインで、時に極端で危険な事にも成りうる外部とのやり取りをテーマにしています。非常に影響力のある多きな力です、なので蠍座の世界で行われることはいつでも真剣です。


★魚座(水×柔軟宮)社会領域
魚座は柔軟宮なので受け身的な共感力を意味します。同じ感情を扱う蟹座や蠍座と違うのは気持ちが向かう焦点を定めておらず、その範囲が広いということです。柔軟サインなので特定の誰かや決まった何かに向かうのではなく、どこに対しても誰に対しても同化できる性質となっていきます。魚座は12サインの一番最後にいて、この世の全ての物をまとめる役目でもあります。よって魚座の水の結合力は総合的で広いものとなり、あらゆる全ての物をまとめていくような意味も出てきます。魚座の果てしなく広がる共感力はその対象も無限で、人を始め自然界のあらゆる出来事や霊的な世界、宇宙全体をに浸透するような事柄まで多種多様です。水の柔軟サインということで柔らかく感情的な受容性を持っていて、何にでも共感できる魚座の感性は空間に漂っている色々な要素をキャッチすることが出来ます。芸術的な才能に奏でているのもこういった魚座の無限に開かれた性質がもとになっています。魚座は個体ではありません。個という存在を超えた遥かなエネルギーを意味しているのでそれは自分以外に向けられる博愛精神や癒しの要素、言葉にならない気持ちを通してやり取りすることなどを表します。社会では同情心やボランティア精神となって公共の為に発揮されることが多く、これが魚座が優しいと言われる所以です。焦点を定めるということは対象を限定することになりますが魚座にはこれがありませんからその意志は薄く、どこかふわふわして見えるかもしれません。しかし対象を決めつけない姿勢でいることで魚座は他人には感じられないものをキャッチしたり引き寄せたりします。芸術的な活動や神秘的な分野、癒しや自然などに関係しやすいサインです。


---------------------------------

水のサインのベースにあるのは感情的な繋がりなのですが、
同じ水のサインでも3区分によってその作用が違ってきます。

活動宮である蟹座と、不動宮である蠍座は
ある程度対象を意識したうえでそこに関わって行きますが、
柔軟宮である魚座ははじめから何かを意識している訳ではなく、
広い空間に漂っていて、そこでたまたま関わったものと同化していきます。


どの元素でもそうですが、
活動宮と不動宮は焦点や自我を持った生き方、
柔軟宮は方針を決めず焦点を絞らない生き方となります。


水のサインもそんな感じでイメージしてみると
それぞれの違いが分かりやすいのではと思います。


Syuko☆

by syuko-astrology | 2016-12-17 22:27 | ■西洋占星術 | Comments(0)

風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)


今日は風のサイン(双子座/天秤座/水瓶座)について
書いていこうと思います。

風のサインの2区分は男性性(+)
基本的な性質として能動的、外交的、
積極的に外に働きかけていくエネルギー。

そして4区分で風の元素が表すのは、
横への広がり、拡散性、情報、交流、流通などでした。

ここではその風のサインを3区分(行動形態)で比べながら
それぞれのの特性を見て行くことにします。


★双子座(風×柔軟宮)自己形成の領域
双子座は柔軟なので姿を変え、変化しながら広がっていく風です。個人的なサインなので基本的には日常的な、身の回りにある情報を扱っていく性質を持っています。日々の暮らしや何気ない会話の中で見つける関心事やニュース、些細な情報などに関係します。双子座の柔軟さは自分に直接関係ないような事柄にも興味を持つこと、たまたま見たものや聞いたものにもアンテナを向けることが特徴です。これは好奇心が旺盛な知性を表し、例えば小学校に上がったばかりの子供が色々な事柄に興味を示して、キョロキョロしながら世の中の仕組みを知り学んでいこうとするのに似ています。可能な限り周囲にある色々なことを知りたいという知的欲求を双子座は持っています。また言葉の使い方や道具の扱い方、知性を使って物事の仕組みを理解していくという実用的な発達の仕方をしていくサインでもあります。知性を柔軟に活用するので、情報収集に長けていったり、複数の視点を同時に持ちながら動いていくことになります。双子座にある天体はあれをやったりこれをやったりしながら、多角的な発展をしていきます。

★天秤座(風×活動宮)自己と他者との領域
天秤座は活動なので自分から積極的に吹いていく風です。自分と他者の領域にある天秤座は、相手や対象があることを意識して広がっていくので、自ら能動的に情報を提供していったり交流を仕掛けていくような性質を持ちます。人に話しかけてみたり、面白いと感じた情報を伝えて行ったりと知性の部分を使って外側との交流を図り、それによって自分を理解していくのです。色々な話題や人の話を聞いて新鮮さを得るのが好きですが、活動宮なので受け身になってしまうことはありません。自分の主張したい事と相手が主張してくる事との間で公平さを計りながら活動していきます。12サインではこの天秤座が社会の入り口となります(DSC)ので、他者や世間の眼を意識しながら美しさや洗練されたものに関わっていく事が出来ます。つまり人に不快感を与えないようなスマートな対応が出来るのも天秤座で、自分の言動や立ち振る舞いが人にどんな印象を与えるか?を常に理解できているサインでもあります。天秤座にある天体はバランス感覚を上手く活用しながら主に人との関係を通して積極的に発展して行きます。

★水瓶座
(風×不動宮)自己と社会の領域

水瓶座は不動の風、広いネットワークを維持しながら大きく構えている風です。不動の風とは時代が変わっても通じる知性、どこにいても変わらない情報を扱うことを意味していて、風の広がる力は最も強いです。物質的な枠組みを超越して生き渡る情報ということを意味しますから、地球全体を覆っている大気圏そのもののイメージです。風のサインは総じてクールで、個人的な情感に踏み込んでいかない性質がありますが、水瓶座は特に独立心が旺盛で一つの事柄に感情移入したり、誰かを贔屓したりすることを嫌います。不動の風は偏らない広さを維持していくことを表すので、何かに没入することは知性の偏りを生み出してしまうからです。地域性に捉われない広がり方、繋がりを重視する水瓶座は物質的なものから離れた自由な立場にあって、地面ではなく空間を認識して活動しているので、意思や考えが共鳴すればどんな人とも広く繋がっていける。地上的な価値観で出来ている立場や性別、国籍などは水瓶座にとっては意味がありません。水瓶座にある天体はどこにいても通じるネットワークや共時性を活用し、自由なスタイルで発展していきます。




風のサインがさっぱりしている、クールだと言われるのは
やはり公平に広がる性質を持っているからだと思います。

例えば報道やマスコミ、新聞ニュースなどは
風の元素でよく例えられる分野なのですが、

楽しい情報から悲惨な事件までを
公平にバランスよく扱う世界においては
自分がいちいち笑ったり泣いたりしていては
コンスタントに情報発信をしていけません。

情報というのは少し離れた視点から
客観的に観察することが必要で、
そこにはなるべく喜怒哀楽は入れず、
ただただ、偏りなく生き渡らせることが必要です。

その情報を聞いて、どう感じるか?は
あくまでも聞き手の問題であって、
発信者の個人的な着色は無い方が良いのです。

また風の広がっていく性質は
個に留まらないということでもあります。

公平に行きわたらせる為には
何か一つに拘ったり、没入することなく
身軽でいることも重要になってくるのです。

それが自分自身の中で起こるのか(双子座)
それとも何かとの関係性の中で起こるのか(天秤座)
または社会的な面で、時代を超えて行われるのか(水瓶座)

…と考えてみてもいいかもしれません。



それでは今日はこの辺で。


Syuko☆

by syuko-astrology | 2016-11-29 00:20 | ■西洋占星術 | Comments(0)

火のサイン(牡羊座/獅子座/射手座)


今日は火の元素を持つサインについて取り上げてみたいと思います。

火のグループは2区分では男性的サインで、能動的、外交的な方向性を持っています。さらにこれを3区分で分けると牡羊座(活動)、獅子座(不動)、射手座(柔軟)という、3つのサインができます。

火の元素は総じて情熱的でエネルギッシュ、興奮して熱くなったり
高みを求めてさらに上へと上昇していく性質を持っています。
これらを踏まえてそれぞれのサインの特性を見てみましょう…。



★牡羊座(火×活動宮)自己を形成する領域
一年の始まりを司る春分から始まる牡羊座は、物事のスタートや新しい取り組みを意味します。初めての事や前代未聞の事に挑戦し、色々な体験をしていくサインです。牡羊座は混沌とした宇宙の海から飛び出してくる勢いを持ったエネルギー、純粋でパワフルな魂そのものです。「自己形成領域の火」ですからとにかく自分が燃える事、行動していくことが大事です。自家発電する牡羊座の火は常に新しいものを探し果敢に取り組んでいきます。熱くて勢いの良いもの、先頭を切っていくものなどが牡羊座のイメージです。ロケットダッシュ、電光石火。一回一回の勝負は得意で、勢いの良さでは周囲に負けませんが、同じ状態を維持させるのは苦手です。短期集中型、一発勝負型と言えます。牡羊座の特性は何といっても「始める力」です。とても原始的で本能に従ったピュアな飛び出し力。停滞に火をつけ物事に動きを出していきます。

★獅子座(火×不動宮)自己と他人との領域
獅子座は不動の火、固定された火です。姿勢の変わらない継続的な燃え方をするので、自分が好きなもの、夢中になれる事をずっと同じスタイルで続けていくことになります。気に入ったもの、テンション上げて熱中できるもの、多くは創造的な事柄(趣味性・創造性・芸術性)に向かいます。獅子座は領域分けでは「相手がいることを意識した領域」の火ですから、自分で単独に動ければ気が済む牡羊座と違って、自分の世界に周囲を巻き込まなくてはなりません。自分の持っている情熱や興奮を人にも注ぎ、影響を与えていくのが獅子座の役割なのです。「あそこに行けばいつも楽しい」という場所がある事や、「あんな人になりたい」と言う憧れの人物の存在があることは人に夢や元気を与えます。燃え続ける火のように堂々とした生き方で周囲を魅了していくのが獅子座。なお、何かに継続して取り組むのは得意ですが新しい要素を取り入れたり変化していくことには抵抗します。

★射手座(火×柔軟宮)自己と社会の領域
射手座は柔軟の火、変化しながら上昇していく火です。また射手座は「社会を意識する火」ですから相手や社会の反応を考慮してその質を上げて行く性質を持ちます。色々な試みを繰返しながら上昇していく火は、その熱量を拡大させる事(意欲を引き出す)や高い場所に引き上げる(向上心)事を意味していて、相手のやる気を引き出す先生のようなイメージを持ちます。自分の情熱や意欲を使って社会に貢献できることを目指します。また柔軟の火は相手の反応をみながらその熱量を加減することができる特徴もあります。ちょっと火をつけて欲しい人には少しだけ、大きく上昇したい人には高度な火を提供するというように変化が自在です。射手座は「洗練された火」で、色々な考えや意見に耳を傾けながらより良い姿を模索しています。変化しながら揉まれながら火の質を高めていくのです。


-----------------------

私が占星術を始めた頃に参加した講座の先生は、
これらの火のサインを色々な先生のタイプになぞらえて教えてくれました。

牡羊座は人がついてくるとか来ないを気にせずに自分が飛び出していくタイプの先生。豪快で荒々しい面もあるがその勇敢さや行動力を見て生徒は勝手に育つ、学んでいく。探検が好きな先生はいつもどこかに行っていて教室にはあまり来ない。で、急に現れたりするので驚くことがある。

獅子座はいつも生徒に囲まれている、人気のある先生。自信に溢れこだわりを持った生き様がカッコ良くて、その先生に近づきたい一心で、いつも教室は一杯。冒険家として数々の勲章を手に入れて来た先生はみんなの憧れの存在。

射手座はやる気スイッチに火を付けてくれる包容力のある先生。冒険の仕方や探検のノウハウを教えてくれる。生徒は地図の作り方や海外の知識を通して人生の意義や思想を学習していく。他にも教室を持っている先生はあっちに行ったりこっちに来たりと忙しそう…。


他にも色々なイメージは出来ると思われますが、
それぞれの性質の違いを比べるのに
参考にして頂ければと思います。(*´ω`)



by syuko-astrology | 2016-11-20 02:02 | ■西洋占星術 | Comments(0)

12サインの領域


今日は「サインの領域」についてお話ししてみます。

これはそれぞれのサインがどんな段階を意識して発展していくのかを知るのに、
12サインを色々な数の法則で分割し考えて行く方法です。


f0377740_23453280.jpg■二分割
12サインを前半と後半の2つに分けて考えます。前半の6つのサイン(牡羊座から乙女座)は個人の能力を育成することを目指します。牡羊座という魂が地上での肉体を持ち、言葉を使うようになり、喜怒哀楽を発達させ、自己表現力を身につける、そして社会デビューに備えて自分を訓練するところまで。

後半の6つのサイン(天秤座から魚座)は社会的な能力や資質を育成することを目指します。天秤座からは知らない人との交流や関係性が始まります。考えの違う分野や構造の中でどう自分を活かしていくかについての可能性を探索します。

■三分割

f0377740_23445837.jpg12サインを(火地風水×3)で考えます。

最初の火地風水、牡羊座~蟹座は「私の火地風水」自分自身の資質を開発することにフォーカスしています。まず自分自身にある資質や能力を開花させることが大事。可能性を探究し才能を引き出す、色々な技能を身につける、また家族的な愛情に触れながら自己を形成していく段階です。

2番目の火地風水は獅子座~蠍座。「私とあなたの火地風水」です。自分以外の存在を意識し、自分と他者の個性や事情を考えながら、より良い関係性を形成していくことに焦点があります。自分とは違う存在と触れることで新しい考えや価値観を見出したり、相互するエネルギーによって変容したりして自己の器を大きくしていきます。

最後の火地風水は射手座~魚座まで。ここは「私と社会の火地風水」。自分と他者と、それから社会、大きくは宇宙、人生自体について総合的な理解をし、自分が公の中でどんな貢献をしてどんな在り方でいるか?という俯瞰的な価値観を身につけます。


f0377740_23465969.jpg■四分割
12サインを(活動・不動・柔軟×4)で考えます。

1番目の3サインは個人の能力や資質の育成、二番目の3サインは感情や人間性の育成、3番目の3サインは社会性の育成、4番目の3サインは人間としての総合性を手に入れることをテーマにしています。

数字の1は始まりなので最初の3つのサインは個人としての始まりや基礎を意味します。数字の2は相対性で自分に対して反応する相手があることを表します。

同じく3は生産性で社会において何らかの結果を出していくような協力関係がテーマ、4は安定・定着を意味する数字なので4つ目の3サインはこれまでのサインの資質が総合的に完成し、定着することをテーマにしています。




占星術は自然界の数の法則を使う哲学体系です。
この領域分けでもホロスコープを色んな法則で区切ったり分けたりして考えます。

それによって12サインの意味や性質への理解が深まっていくのですね。


以上、サインの領域についてのお話しでした。


by syuko-astrology | 2016-11-17 03:03 | ■西洋占星術 | Comments(0)

自分の価値を明らめて証明する@牡牛座23度の満月


11月14日(月)22:53に月は牡牛座の23度で満月を迎えます。

f0377740_08033413.png新月は種まき・新しい挑戦、満月は結果出し・収穫の時。新月から始まった月の歩みは太陽の真向かい180度に来る時、視える形になって何らかの結果をもたらすことを意味します。

前回の新月(蠍座08度)で放ったエネルギーが2週間経った今、1つの形となって現象化されるのです、個人個人の領域や環境の中で…。

こういった現行の天体のサイクルについてはその人のフォーカスの仕方で影響も違います。気に留める留めないはもちろん自由。

自分のフィールドの中に意識として置いていればその流れを追う事が出来ますし、まったく気にせずに素通りすることも出来るのです。新月&満月のお願い事などは、このサイクルを意識して取り込みましょうという積極的なアプローチ法のひとつだと思います。


さて、今回の満月、牡牛座23度のサビアンシンボルは、
「宝石店 ~A jewelry shop~」です。
f0377740_09200154.jpg















高級な街通りにあるジュエリーショップ。なぜ人は宝石に惹かれるのでしょう?美しい、綺麗だから。もちろんそうです。しかしその底に心理的な信頼感や期待感があります。長い歴史が詰まった結晶は揺るぎない価値を感じさせてくれるもの。目に視える形でその価値を表現してくれるものです。そしてそんな価値ある宝石を持つにふさわしい自分でいたい、そんな憧れや欲望に人は心奪われていくのです。

牡牛座は23度になると、今まで自分がコツコツ集めてきた宝物を加工して宝石にし、お店に並べることができます。これは自分の持っている才能や技術を形に変えて人前に出していくことの比喩です。人は誰でも何らかの才能を持っていますが荒っぽい原石のまま、ずっと自分の中にしまい込んだままでは活用するチャンスはなかなか訪れないというもの。ここでは自信を持って楽しみながら堂々と個人の価値を証明していくことが描かれています。

この宝石店はあなたのお店ですから、自分の好きなもの、良いと思う物を好きな形で並べる事が可能です。流行の物というよりは自分好みの拘りが光るようなディスプレイやラインナップがまずは牡牛座らしいでしょうか。しかし23度の牡牛座は人前に出すことと同時にそれを現実的な収入へ繋げることができる度数でもあります。どんな物なら高く売れるのか?価値がつくのか?マネーゲームのような遊び心で色々な並べ方を試してみるのも良いかもしれません。

取りあえずは自分自身の好きなスタイルでお店に商品を並べてみて、あまりぱっとしないと思えばまた変えてみたらいいのではないでしょうか?意外なものが高く評価されるかもしれませんし、人気がないと思っていたものに大きな価値がつくかもしれません。

こんな象徴のあるこの満月では、あなたが持っている技術や才能を価値ある物として世間に意思表示していく事を意味します。自分の中のどんな才能が人に評価されやすいのか、感じられるチャンスが多々あることでしょう。訪れる人によって引き出すあなたの価値は様々でしょうが、その元になっている才能は同じ、あなた自身が持っている資産なのです。

例えばアクサセリーショップに来店する人は新しいデザインが欲しいから来たという人もいれば、なんとなく目に留まったからという人もいるでしょう。または修理を頼みたいのだという人もいると思います。オリジナルデザインの相談に乗ってくれという場合もあるかもしれません。これはどれもあなたの才能が形を変えて世に出た結果ということです。

満月の時期は自分にその準備が出来ているいないに関わらず、何らかの見える形が現れることを意味します。スケールの大きさはどうであれ何らかの結果が出る、またそうならざるを得ない段階にいるということ。今の段階であなたが誇れるものを展示していくことに意義があるのです。

自分自身では「まだまだ熟練が必要で~」とか「いやいや人に見せるなんて」と思う物でも、既にそれは誰かにとって欲しかったものになっている可能性が高いのです。

もちろん今後、改良の必要性が出てくることもあるでしょう。宝石店のディスプレイやデザインを少し変えるように…。それでもそんな中で「今後、自分の売りになるのはこれなんだ」と思える物をそれぞれの環境で感じ取れるのではないかと思います。また、そういった自己肯定のワークにも最適な満月です。

自分の中の宝物に磨きをかけて周囲にアピールしましょう。

みなさんの宝石はどんな形で輝くのでしょう?
そしてどんな人に喜ばれるでしょうか?

アンテナを張り巡らせてキャッチして下さいね。




  ↑
どちらかぽちっと464939☆
  ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

by syuko-astrology | 2016-11-11 11:19 | ├新月・満月 | Comments(0)


最新の記事
タグ
最新のコメント
> リサさん 確か..
by syuko-astrology at 12:01
shukoさん、こんにち..
by リサ at 09:10
> リサさん 天体..
by syuko-astrology at 10:51
shukoさん、こんにち..
by リサ at 09:17
> シャタビシャさん ..
by syuko-astrology at 21:47
記事ランキング